クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

クレジットカードを持てる年齢は?おすすめの学生カードもご紹介します!

更新日:

クレジットカードを持てる年齢は?おすすめの学生カードもご紹介します!

クレジットカードを持てる年齢は?おすすめ学生カード厳選の3枚をご紹介します!

1・クレジットカードを持てる年齢は?
2・クレジットカードの年齢に関する疑問
3・初めて持つクレジットカードの選び方
4・学生限定カードの審査基準と申込み
5・おすすめ!学生カード厳選の3枚!
6・まずは家族カードなら安心!
7・クレジットカードを持つ場合の注意点
8・おすすめ学生カードのまとめ!

大学生になるとクレジットカードを1枚くらいは持ちたいと思いますよね?

これから先、海外旅行やチケットの購入など、クレジットカードが必要な場面も多くなってきます。

いったいクレジットカードは何歳から申込可能なのでしょうか?どのような条件が必要なのでしょうか?




1・クレジットカードを持てる年齢は?

クレジットカードを持てる年齢はどうなってるの?

大学や専門学校に進学する機会にクレジットカードを作ろうかと考えている人も多いのではないでしょうか。お財布にクレジットカードが入っていると、とても大人になった気分になりますよね。

大学生にもなると、様々な場面でクレジットカードが必要になってくる機会も増えてくるかと思います。大学生になり一人暮らしをはじめる方は、公共料金の支払いや、携帯電話の利用料など、クレジットカード払いにすることで、支払いを忘れてしまうことも防げるのでとても便利です。



他にもインターネットでの買い物や海外旅行にもクレジットカードはなくてはなりませんよね!



でも、いったいクレジットカードは何歳から作ることが可能なのでしょうか?クレジットカードを作るには、年齢制限や申し込み条件があるのは分かっているけれど、どのような資格があれば申し込みができるのでしょうか?成年や学生の身分でもクレジットカードは作れるのでしょうか?



ここでは、初めてのクレジットカードを作ろうと思っている方のために、必要条件や各クレジットカードのお得な情報を詳しくご紹介します!




未成年や学生でもクレジットカードは作れるの?

クレジットカードを作るための年齢制限は、一般的に満18歳以上となっている場合がほとんどです。

18歳以上であれば、未成年や学生の場合でもクレジットカードを作ることが可能です。ただし、高校生はクレジットカードを作ることは出来ません。仮に、19歳でも高校に在学している場合はクレジットカードを作ることはできません。



あくまでも高校生を除く、18歳以上からクレジットカードを作ることが可能になります。

未成年者がカードを作る場合の条件とは?

未成年や学生の方がクレジットカードを作る場合の条件はあるのでしょうか!?未成年の方がクレジットカードを作る場合は、必ず「親権者の同意」が必要となります。



カードを作る場合には、必ず親御さんの同意を得られないとカードを作ることはできません。クレジットカードを作りたい場合には、まずそこからはじめなければなりませんね!審査の段階でカード会社から親権者の方に確認が入ることがありますので、事前にしっかりと同意を得ておきましょう。
カード使用は18歳から!未成年の為のクレジットカード基本情報|クレジットカード大学
参照元:クレジットカード大学(2018年末調べ)





2・クレジットカードの年齢に関する疑問

クレジットカードの年齢に関する疑問を見てみましょう。

年齢の上限は何歳まで?

クレジットカードを作れる年齢は満18歳以上の場合がほとんどのようです。では、クレジットカードは何歳まで申込みが可能なのでしょうか?年齢の上限については、まだまだあまり知られていないかもしれませんね。



クレジットカードを申し込む場合に「申込み可能年齢の上限は何歳まで」という明確な規則や法律は設けられておりません。しかし高齢になるにつれ、新規でクレジットカード申し込む際の審査が厳しくなる場合が多いようです。



なぜなら、カード会社の立場から見た場合、「高齢=突然亡くなってしまった場合に利用金額の回収が困難になる」すなわち貸し倒れリスクが高くなってしまうため、高齢になるほど審査が厳しくなってしまう傾向があるようです。



しかしながら、高齢の場合でも現役でバリバリ働いている方や経営者の方の場合はそれほど問題なく審査が通ることが多いようです。

年齢の確認方法とは?

クレジットカードを申込みする場合に、年齢を確認する方法とはどのような手続きになっているのでしょうか。クレジット会社により申込み方法は若干の違いはあるものの「身分証明書」の提出は必ず必要となっています。



2008年3月1日に施行された「犯罪収益移転防止法」により、クレジットカード会社は「顧客等の本人特定事項の確認を行う義務」として、書類による本人確認を行わないと罰せられる「特定事業者」に指定されたからです。



このようなことから必ず本人の年齢確認できる身分証明書の提出が義務付けられています。上記の法律で定められている本人確認書類は次のようなものがあります。



■運転免許証、運転経歴証明書

■各種健康保険証

■国民年金手帳

■母子健康手帳

■在留カード、特別永住者証明書

■住民基本カード(氏名、住居、生年月日記載のもの)

■パスポート

■印鑑登録証明書

■氏名、住居、生年月日、顔写真のある官公庁発行書類

■戸籍謄本、抄本

■住民票の写し、住民票記載事項証明書



様々な種類がありますね。クレジットカードを申し込む場合の身分証明書は各カード会社により異なるので、申込みする場合は必ず事前に確認してみましょう。




年齢詐称は犯罪になる?

クレジットカードを申し込む場合に「年齢」は必ず記載しなければならない必須項目です。では、この「年齢」を詐称して申し込む事は実際できるのでしょうか!?



答えは「NO」です。クレジットカードを申込みする場合に、誤った年齢を記入し年齢を詐称する行為は犯罪です。クレジットカードを作る場合には、年齢が確認できる身分証明書の提出が必ず必要となります。最近ではインターネットで申込み出来るカード会社が増えていますが、申込み時に本人確認ができる身分証明書の提出なしでも発行できるカードがあるようです。



しかし、そのような場合は発行されたクレジットカードを受け取る場合に「本人受取限定郵便(特伝型)」という方法をとっています。郵便局に委託して本人が公的な写真付き身分証明書を提示して受け取り、その際に身分証明書のコピーを取り、カード会社に伝えるという方法をとっています。



そのようなことから、年齢を詐称するということはできませんので、くれぐれもご注意ください。

年齢制限なしのカードは存在する?

年齢制限なしのカードは現在のところ残念ながら存在しません。クレジットカードの作成はあくまでも18歳以上に限定され、上限に関しても70歳程度が目安となっているようです。



クレジットカードに年齢制限が設けられている理由のひとつとして「支払能力」があるかどうかというのが大きな点だと思われます。年齢が18歳未満の方の場合は、主に学生の割合が多く、学生の身分では本人の支払能力は殆どありません。18歳未満でも特別な事情により収入がある方もいるかもしれませんが、その位の年齢であれば親が金銭の管理をしていることでしょう。



上限の年齢としては、先にご紹介したとおり明確な規定は設けられていないものの、収入が年金受給のみの場合などは、審査の通過が難しい場合があるようです。年齢の上限がローカルルールとして設けられている理由も「支払能力」があるかどうかというポイントが大きいようですね。

家族カードの場合の年齢制限は?

では、家族カードの場合の年齢制限はどうなのでしょうか?(家族カードに関しては後ほど詳しくご紹介いたします。)



家族カードの場合、利用した分の金額は家族分まとめて請求になるので、両親から承諾を得られれば年齢制限はいらないのでは!?と思う方もいるかもしれませんね。しかしながら、この家族カードを作る場合にも年齢制限が決められています。



ほどんどのカード会社の場合、通常のクレジットカード同様、18歳以上から家族カードが作ることができます。ただし、例外的に海外留学をする場合などに期間限定で15歳以上であれば家族カードを発行しているケースもあるようです。各クレジットカードにより規定も異なるので、必要な場合はクレジットカードにお問い合わせしてみるといいでしょう。



稀なケースとして、年齢制限があることを知らずに小学生以下の子供の家族カードを申込みしたところ、あっさり通ってしまったということもあるようです。あくまでも管理責任は親にあるという所なのかもしれません。



クレジットカードを小さな頃から使うことにより、金銭感覚を狂わせてしまわせないためにも18歳以上という年齢制限が設けられているのはいいことかもしれませんね。




3・初めて持つクレジットカードの選び方

初めて持つクレジットカードの選び方はどうすれば良い?

初めて作るクレジットカードはどんなカードを選んだらいいのでしょうか!?クレジットカードは本当にたくさんの会社や種類があって、正直どんなカードを選べばいいのか迷ってしまいますよね。クレジットカードを作るには申し込み手続きや審査も受けなければならないし…など、分からない点もたくさんありますよね。



ここでは、学生でもクレジットカードの審査は通るのかなど、学生の方でも作れる「学生限定クレジットカード」について詳しくご紹介してまいります!

学生限定!学生用クレジットカードとは?

学生限定クレジットカードとは、その名の通り「学生だけが申し込みできる限定クレジットカード」です。

学生限定カードの申し込み資格は一般的に、高校生を除く満18歳以上25歳以下の大学・大学院・短期大学・専門学校に在学中の方が申し込みできるカードです。カードによっては28歳まで長い期間、契約できるカードもあります。



研究生・聴講生・科目履修生・語学学校生・予備学校生・認可校以外の専門学校生の方は「学生の方」としては申し込みになれません。

学生カードの特徴は一般のクレジットカードに比べ、様々な特典が受けられます。例えば、年会費無料であったり、ポイントの還元率が高かったり、学生にとてもうれしいサービスがたくさんあります。



他にも、海外旅行時の傷害保険やカード盗難・紛失などの補償が手厚く、学生でも安心して使えるようなプログラムが用意されています。




4・学生限定カードの審査基準と申込み方法

学生限定カードの審査基準と申込み方法の詳細を解説します。

学生限定カードの審査基準は?

学生限定カードの審査基準はどのようになっているのでしょうか。収入がない学生でも審査が通るの!?と疑問を持つ方もいるでしょう。



でも心配はいりません。学生限定カードは一般の基準に比べ審査が甘いと言われています。学生限定カードなので、もちろん年収が○○○万以上といったような基準も設けられておらず、審査基準の目安になるのは過去に事故情報がなかったかどうかという点がポイントになるようです。



では「事故情報」とはどういったものなのでしょうか!?事故情報とは、これから申込みしようとしているクレジットカードとは別にクレジットカードを所持していたとします。

すでに所有しているクレジットカードの利用代金の支払いが延滞してしまった場合に、信用情報機関(CIC)にその延滞情報が記録されます。このように事故情報があると、審査落ちしてしまうことがあるようです。



他には、携帯電話本体の代金を分割払いにしている場合に、延滞をしてしまうと信用情報機関(CIC)にその記録が残ってしまう可能性があるようです。



「審査に落ちてしまった...」という方で、なぜ落ちてしまったのか理由が分からないという方は、上記に心当たりがないかを思い出してみてください。

カード会社は学生大歓迎!

なぜ安定収入のない学生でもクレジットカードが作れるのでしょうか!?まず理由のひとつに、カード代金の支払いが滞ってしまった場合でも、親の援助が受けられる。すなわち、親が代りに支払ってくれる可能性が高いからと言われています。



ふたつめの理由として、カード会社の多くは学生の方にクレジットカードを作って欲しいと思っています。なぜなら、初めて持つクレジットカード(ファーストクレジットカード)はこの先、社会人になってからも長く持ち続けると言われているからです。



学生の皆さんの将来に期待して、今から「がっちり」囲っておきたいわけです。そんな事から学生限定カードは、様々な特典が用意されています。在学期間中は年会費無料や、ポイントが○倍といったような、一般カードに比べると羨ましくなってしまうようなお得な特典が用意されているのです。



社会人になってからクレジットカードを作る場合は年収や勤続年数などが審査に関係してきますので、学生のうちに社会人になってからも持ち続けたいブランドの学生限定クレジットカードを申込みしてみてはいかがですか!




学生カードの申込み方法

それでは学生カードの申込み方法をご紹介いたします。
!

申込み方法は主に2つの方法があります。


オンライン(インターネット)での申込み

郵送での申込み



現在ではほとんどのカード会社がオンライン入会を受け付けています。「オンラインでの申込みって色々と入力が面倒なのでは?」と思っている方もいるかもしれませんが、入力事項はシンプルで簡単です。

また、オンライン入会ならクレジットカードを作りたいと思った時に24時間いつでも、すぐに申込みできるという利点があります。その点でもオンライン入会は非常に便利ですね。



申込み手順は、氏名、住所、連絡先、生年月日や引落し口座の情報などを入力していきます。必要事項の入力が全て終われば申込み完了です。その後、カード会社で審査が行われ、審査に通過すれば約1週間程度でクレジットカードがお手元に届きます。



とっても簡単ですよね。事前に必要な情報は、引き落とし口座と確認メール用のメールアドレスがあればすぐにでも申込みが出来ます。

申込みに確認書類などは必要?

クレジットカードを申し込む場合に本人確認書類の提出は求められるのでしょうか?



クレジットカード会社によっても異なりますが、基本的には本人確認書類の提出は必要ない場合がほとんどのようです。ただし、カード会社が必要と判断した場合には学生証などの本人確認書類の提出を求められる場合もあるようです。



また、未成年の場合は申込み時に「親権者の同意」が必要になります。18歳以上(高校生を除く)であればクレジットカードの申込みをすることは可能ですが、親権者の同意が必須となりますので注意しましょう。



審査の段階でカード会社から親権者への確認の連絡が入るようなので、必ず事前に親御さんの承諾を得る様にしておきましょう。

偽った情報入力はアウト!

クレジットカードの申込みをする場合に何よりもやってはいけない事は、虚偽の情報を記載することです。学生ではないのに嘘の情報を記載して学生限定カードの申込みをする、生年月日などを偽って記載するといった事はタブーです。



嘘の情報は、いつかどこかでばれてしまう日が来るでしょう。その場合、今後クレジットカードを作れなくなってしまうというリスクもあるかもしれません。

クレジットカードの申込みに関する必要事項は、正確に記載しましょう。




5・おすすめ!学生カード厳選の3枚!

学生カードの中から厳選した3枚をご紹介します!

三井住友VISAデビュープラスカード

まずご紹介するのが三井住友VISAカードが発行する「三井住友VISAデビュープラスカード」です。コマーシャルでもよく耳にするおなじみのブランドですね。ポイント制度はもちろん、クレジットカードを安心して使える機能が充実しているので、クレジットカードを初めて持つ方におすすめです。



カードは、三井住友カードのシンボルマーク「パルテノン神殿」がデザインされ、おしゃれですっきりとした1枚です。



■主な特徴


・申込資格 満18歳~25歳までの方(高校生除く)

 ※未成年の方は親権者の同意が必要


・初年度の年会費無料。さらに翌年度以降も前年1回以上の利用があれば年会費無料。

※利用がない場合、1,250円(税抜)


・ポイントが通常カードの2倍。かつ入会後3カ月間はポイント5倍。


・世界200以上の国と地域のVisa加盟店で利用可能


・ICチップ搭載でセキュリティが高い(偽造が困難な上、不正利用も未然に防止)


・カード紛失、盗難、不正利用のお届け日から60日にさかのぼり、それ以降の不正利用について補償。


・カードで購入した商品の破損、盗難による損害を購入日およびその翌日から90日間補償。



デビュープラスカードの特徴は、なんといっても通常カードの2倍ポイントが付く点です。また、入会後3カ月間はポイントが5倍もつくのでとっても嬉しいですね。



例えば…



■1,000円=2ポイントなので、5万円の支払いで50ポイント×2倍=100ポイント



■さらに入会後3カ月は5倍になるので、50ポイント×5倍=250ポイント



となります。いつでもずっとポイントが2倍なのはとてもお得ですね。



三井住友VISAデビュープラスカードは、VISAならではの様々なサポートがたくさんありますね。クレジットカードを初めて持つ方にも安心の1枚になるのではないでしょうか。海外でも日本語のサポートが受けられるなど、海外旅行や留学にもおすすめです!
三井住友VISAデビュープラスカード(学生)|クレジットカードの三井住友VISAカード
参照元:三井住友VISAカード(2018年末調べ)





楽天カードアカデミー

次にご紹介するのが、「使うほどお得!」でおなじみの楽天カードです。この楽天カードでも学生専用カードが発行されています。学生専用楽天カードアカデミーは、ポイントが3倍になるなどの、学生限定でお得なサービスがたくさん用意されており活用度の高い1枚になりそうです。



また、学生専用楽天カードアカデミーの特徴は、28歳まで長い期間契約することが可能です。大学から大学院に進学される方にもおすすめの1枚です。



■主な特徴


・申込資格 18歳以上28歳以下の学生(高校生除く)


・必要書類 学生証のコピー、本人確認資料のコピー、カード引き落とし口座


・年会費 永年無料


・国際ブランド VISA・JCB


・利用可能電子マネー 楽天Edy



・VISA、JCB加盟店でお買い物をすると「楽天カード利用ポイント」として100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントがたまる


・カード盗難保険やネット不正あんしん制度などの安心サポートが満載


・楽天市場で買い物をするといつでもポイント2倍!100円につき2ポイント


・クレジットカードで携帯電話料金を支払うと100円で1ポイントがたまる



他にも楽天カードアカデミー会員限定サービスとして、楽天ブックスや楽天トラベル、楽天ダウンロードなどの利用時にカードの支払いでポイントが3倍になるサービスもあります。

普段からネットで楽天市場をよく利用する方はポイントが貯めやすく、またたまったポイントも楽天で幅広く使えるので、その点もおすすめです!
楽天カード|楽天カード アカデミー
参照元:楽天カード(2018年末調べ)

学生専用ライフカード

続いてご紹介するのが、学生専用ライフカードです。この学生専用ライフカードの魅力はなんと言っても海外でのショッピングにあります。在学中の海外旅行や卒業旅行など、この特典を利用するために、カードを作ることを検討してみてもいいのではないでしょうか!



■主な特徴


・申込資格 18歳以上25歳以下の学生(高校生除く)


・年会費 永久無料


・国際ブランド VISA・JCB・MasterCard


・最短3営業日発行


・海外でのショッピング時に学生専用ライフカードで支払いをすると、カード利用総額の5%にあたる現金がキャッシュバック!※事前に申し込みが必要



例えば….



海外で、レンタカー、ブランドバッグ購入、レストランで食事の合計135,000円の場合、キャッシュバック5%適用で6,750円が後日キャッシュバック!



他にも、


・海外旅行傷害保険あり

・カードの紛失、盗難、不正利用などの場合に補償制度あり


海外ショッピング時のキャッシュバックサービスは他の学生限定カードにはない、うれしい特典ですね。海外旅行では何かと高額な支払いも多いので、この5%のキャッシュバックは目玉特典ですね!
学生専用ライフカード|クレジットカードはライフカード
参照元:ライフカード(2018年末調べ)





6・まずは家族カードなら安心!

安心のために、まずは家族カードからということも。

学生限定カードは学生の特権を生かした様々な特典が充実していましたね!でも…クレジットカードの管理にまだ自信が持てない、使いすぎが心配と思っている方もいらっしゃるでしょう。そんな方におすすめするのが「家族カード」です。



家族カードとは、元となる親会員カードから枝分かれして家族が持てるカードのことです。



■家族カードの主な特徴



・親会員カードの機能やサービスが同様に与えられている


・親会員と家族会員のカード利用代金が同一口座からまとめて引き落としになる


・それぞれのカード利用金額は明細書で親会員が確認できる


・年会費が無料になるなどの特典あり


・ポイントなどのサービスも親会員と同様に受けられる



■申し込み資格



・親会員と生計を同一にする配偶者、親、子供(高校生を除く18歳以上)の方



家族カードはクレジットカードの機能は通常どおり与えられ、支払い口座が親カードと同一になっているので、クレジットカードの使い過ぎを防いだり、支払い日などをうっかり忘れてしまうことを防いだりするためにも、まずは家族カードを持ってみるのもおすすめです。



家族カードなら、親御さんも利用明細が確認できるので安心ですね。
クレジットカードの取り扱いに慣れたら、自分専用のクレジットカードを持つのもいいかもしれませんね!




7・クレジットカードを初めて持つ場合の注意点

クレジットカードを初めて持つ場合の注意点を見てみましょう!

クレジットカードは使い慣れると、とても便利でお得なことも様々ですね。しかし、クレジットカードを初めて持つ場合には心がけておいておいた方がいい注意点があります。



■ショッピング限度額は低く設定しておく


■キャッシングは利用しない ※キャッシング枠は0円に設定しておく


■分割払い、リボ払いはなるべく利用しない


■衝動買いを避ける


■クレジットカードの紛失や盗難、不正利用に注意する


■支払日などの管理を徹底する



クレジットカードはあくまでも後払いです。手持ちの現金が無くてもショッピングできる利点はありますが、学生の場合は支払い能力には限度があります。衝動買いなど、ついつい利用したくなりますが、くれぐれもクレジットカードの取り扱いには注意してください!



また、インターネットでの買い物などクレジットカードを利用する機会も多くなることでしょう。ショッピングサイトには、不正にクレジットカードの番号や暗証番号などを入力させるページも存在することがあります。



少しでもおかしいなと思った場合には、利用を控えましょう。



また、クレジットカードの締め日や支払日などは忘れないようにしましょう。支払いが遅れるなど延滞が重なるとブラックリストに記載され、後々クレジットカードが新たに作れなくなってしまうなどのリスクがあります。



クレジットカードは正しく使えばとっても便利なツールです!現金や電子マネーなど、その都度自分にあった方法で使い分けることをおすすめします。

8・おすすめ学生カードのまとめ!

おすすめの学生カードをまとめて見ました!

いかがでしたか!学生専用クレジットカードについて詳しく調べてみました。



学生の期間だけお得な特典が受けられる学生専用カードは様々な種類がありましたね。初めて作るクレジットカードはこの先社会人になってからも、利用するカードになるかもしれません。ゆくゆくは、学生カードから一般カードへ、またゴールドカードへステップアップし長い付き合いになるかもしれません!



地方から進学のために上京される方は、マイルがお得にたまるクレジットカードを作って、帰省時に特典航空券をゲットするのもいいですね。



他には、大学がクレジットカード会社と提携して発行しているクレジットカードがあります。早稲田カードや立教学生カードなどあるようです。進学する大学のカードを記念に作ってみるのもいいですね。

これから春の新生活に向けて、今から自分の生活にあった学生限定クレジットカードを検討してみてはいかがでしょうか!