クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

転職した時にクレジットカードはどうする?疑問に答えます!

更新日:

転職した時にクレジットカードはどうする?疑問に答えます!

転職した時にクレジットカードはどうするの?疑問に答えます!

1.転職した時は届け出が必要?
2.クレジットカードの更新と審査
3.クレジットカードは「信用第一」です!

クレジットカードを持っていて、転職経験のある方(またはこれから転職しようと考えている方)は必読です!

忙しくて忘れがちな、転職した際のクレジットカードの取り扱いについて、簡単にまとめてみました。

転職に関連してちょっと心配なカードの更新や在籍確認についても説明しています!

転職した時は届け出が必要?

転職した時は届け出が必要ですか?

結論から言えば、転職したらクレジット会社に「勤務先の変更届」を提出しましょう。カードを作った時の「会員規約」にも、勤務先が変更になった場合は遅滞なく届け出るように記載されています。




勤務先変更の方法

クレジット会社により異なると思いますが、「変更届」のような書類を書いて提出するようです。大手の会社ですと、住所変更や勤務先変更なら、インターネットや電話でもできます。各クレジット会社のホームページで確認するか、電話で問い合わせてみましょう。

カードお届け内容の照会・変更|クレジットカードの三井住友VISAカード
参照元:三井住友カード株式会社(2018年末調べ)
お届け事項のご変更|クレジットカードなら、JCBカード
参照元:株式会社ジェーシービー(2018年末調べ)

届け出なかったら、どうなるの?

ご安心ください。届け出なかったからと言って、罰則などはありませんし、届け出ることを要求する電話などもありません。ただ、一般的なクレジットカード会社の会員規約を読み解いていくと、自身が知らず知らずの内に「無職扱い」になっている場合があるそうなので注意しましょう。



「無職扱い」または、実際に無職になっても、延滞なくカードを使用していれば、余程の事がない限り、カード取り上げられたり、利用停止される事はないと言われていますが、クレジットカードの限度額が下がってしまったり、更新後のカードが届かないことはあるようです。




2.クレジットカードの更新と審査

クレジットカードの更新と審査について。

クレジットカードの更新は、基本的には申し込みは必要ありません。大抵は有効期限の1カ月前くらいから新カードが発送されます。ただし、クレジットカード会社によっては時期が異なりますので、あまりにも遅い時は問い合わせてみた方がいいでしょう。



セキュリティーの厳しい会社では、更新の申し込みが必要なところもあるようです。その場合「更新のお知らせ」のようなものが届くと思いますので、それに従ってください。



転職をしたからといってカードを更新できないことはあまりありませんが、更新時の注意点など、クレジットカードを使う際に知っておいた方がいいことを、次に説明します。

更新時に行われる審査

更新は自動で行われますが、更新時には、クレジット会社により、該当クレジットカードの利用履歴と、個人信用情報機関の情報をチェックされることが一般的です。入会時の審査ほど厳重なものではないようですので、それほど心配しなくて大丈夫なものです。

カードの更新ができない場合

それでも更新できない(更新拒否)ケースもあります。大きく4つありますので、ご紹介しましょう。



①更新しようとしているカードで「延滞(滞納)」したことがある場合
支払いの延滞(滞納)をすると、その延滞したクレジット会社の内部情報として残るだけにとどまらず、第三者機関である個人信用情報機関に、延滞の事実が掲載されることがあります。

1度の延滞程度では更新拒否にはならないケースも多いとは思いますが、審査が厳しくなる可能性があるので、気を付けましょう。



②他社のカードで「延滞」したことがある場合
クレジットカード更新時には、一般的に、個人信用情報機関の信用情報をチェックされる、つまり、更新しようとしているカード以外のカード会社の情報も見られるわけです。更新対象のカードで一切延滞していなくても、他の会社のカードで延滞している場合は注意が必要です。



③クレジットカードの申し込み履歴・新規契約が多い、または不自然な使い方をしている
いろいろなカード会社で、たくさんのカードを作っていたりすると、お金に困っているのではないかと不審に思われることがあります。また、他社のカードも含め、全カードのショッピング枠やキャッシング枠を最大まで使っていたりすると、不自然な使い方をしていると思われる可能性があります。



④カードを一度も使っていない場合
カード会社としては、カード会員1名のデータを管理したり、カード発行の手数料等でお金がかかるので、全く使っていないユーザー(休眠会員)がいると、赤字になってしまうことがあるのです。クレジットカードを複数枚持っている方は、使わないカードは早めに解約した方がいいかもしれません。




在籍確認が行われる場合

在籍確認というのは、クレジットカード申し込み後に、クレジット会社から勤務先の固定電話にかかってくる電話のことです。

その会社にその人が本当に所属しているかどうか確認するのです。これは、必ずかかってくるわけではなく、どのような場合にかかってきて、どのような場合はかかってこないかという明確な決まりはありません。クレジットカード会社次第ともいえます。



もし転職したのに勤務先変更の届け出をしていなかった(忘れていた)場合、カードの更新時などに前の会社に在籍確認の電話があったら、ちょっと困ったことになるかもしれません。それを避けるためにも、金鵜先変更の届け出はしておいた方がいいでしょう。

3.クレジットカードは「信用第一」です!

クレジットカードは「信用第一」!

昔はクレジットカードと言えば特別なイメージがありましたが、最近は誰でもわりと気軽にカードを作って持てるようになりました。

お店のポイントカードなどで、クレジット機能をプラスするとポイントがたくさん貯まるものや、ICカードや電子マネーと一体型のもの、年会費が無料のものなどお得感があるカードも多いので、つい気軽に作り過ぎてしまいがちです。



でも、ちょっと考えてみてください。「カードの更新ができない場合」のところでも書きましたが、カードをあまりたくさん持っていると不審に思われたり、使わないカードがあるとカード会社が損をしたりするのです。



クレジットカードは、カード会社と利用者との信頼の上に成り立っていることをたまには思い出して、たくさんカードを持っている方は、不要なカードを解約するなど、少し整理をした方がいいかもしれません。そして引っ越しや転職をした時には、速やかに届け出るようにしましょう!