クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

緊急時に!クレジットカードを使ったキャッシングの仕組みを徹底解説!

更新日:

クレジットカードを使ったキャッシングの仕組みを徹底解説します!

。クレジットカードを使ったキャッシングの仕組みを徹底解説します!

1.クレジットカードのキャッシングとは?
2.クレジットカードキャッシングの利用方法
3.クレジットカードキャッシングの返済方法
4.クレジットカードキャッシングの金利について
5.クレジットカードキャッシングの審査について
6.まとめ

クレジットカードのキャッシングを初めて利用するには、仕組みがわからず不安ですよね。

そんな方のために、クレジットカードのキャッシングについて解説します!

この内容をマスターすれば、急な出費があっても慌てずに済むと思いますよ!

1.クレジットカードのキャッシングとは?

クレジットカードのキャッシングとは?

急にまとまったお金が必要になったとき、消費者金融やキャッシングなどはちょっと不安ですね。

とはいっても、貸してもらえる人を探す時間も、銀行のローンを申し込む時間もない場合には、クレジットカードのキャッシングが使えます。クレジットカードのキャッシングであれば、申し込みや審査は必要なく、ATMを利用すればすぐに現金が用意できます。



クレジットカードのキャッシングとは、クレジットカードに付帯されているお金を借りる機能のことです。キャッシング枠として、借りられる金額がクレジットカードにより異なります。では、クレジットカードのキャッシングについて、確認していきましょう。




キャッシングとショッピングの違い

クレジットカードで買い物はしたことありますか?それはショッピング枠を利用しています。クレジットカードには、買い物をするときに使用する「ショッピング枠」と、現金を借りられる「キャッシング枠」があります。



ショッピング枠とは、クレジットカードで買い物をするときに使用できる限度額となります。例えば、ショッピング枠が50万円に設定されているカードであれば、最大で50万円買い物ができるということになります。


キャッシング枠とは、クレジットカードでお金を借りるときに利用できる限度額となります。例えば、キャッシング枠が20万円に設定されているカードであれば、最大で20万円を借り入れることができるということになります。



キャッシング枠というのは、ショッピング枠に含まれていて、たとえば50万円のショッピング枠のクレジットカードでキャッシング枠が20万円となっている場合、買い物で40万円使用するとキャッシング枠は10万円ということになります。

つまり、ショッピング枠の範囲内がそのクレジットカード自体の利用限度額になるため、ショッピング枠を超えてキャッシングは利用できないということです。もちろんキャッシング自体もキャッシング枠内での利用が限度になります。

キャッシング枠でどれくらい借りられる?

クレジットカードのキャッシング枠については、カードの申込時の審査によって異なります。その利用者の信用情報や年収、職業などによって信用度が違い、その信用度が高いほどショッピング枠についてもキャッシング枠についても限度額は大きくなります。一般的には20万円から30万円程度の設定が多いようです。



自身のクレジットカードのキャッシング枠を確認したい場合は、利用明細やHPなどの会員サイトで確認ができます。申し込みのときに、キャッシング枠をつけるかつけないかを選択していて、キャッシング枠はつけないように設定している場合は、キャッシング枠がない場合もあります。また、審査によってキャッシング枠がつかない場合もあります。



もしキャッシング枠がついていない場合や、増額したいという場合は、クレジットカード会社に申し込むこともできますが審査が必要となってきます。キャッシング枠を増額したいと思って審査をしたら、逆にキャッシング枠が減額されてしまうということもあるようですので注意しましょう。




2.クレジットカードキャッシングの利用方法

クレジットカードキャッシングの利用方法を解説します。

クレジットカードのキャッシングを利用するには、ATMやネットでの手続きなどがあります。ATMでは、クレジットカード会社が提携している銀行やコンビニのATMで利用が可能です。ただし、借入1万円以下の場合は100円(税抜)2万円以上の場合は200円(税抜)の手数料がかかります。

ATMの操作方法を知りたい

では、キャッシングの経験がない方のために、ATMでのキャッシング操作の方法をみていきます。



①ATMにクレジットカードを挿入します。画面では「クレジットカード」または「お引き出し」ボタンを押し、暗証番号を入力します。

②あれば「借入れ」ボタンを押しますが、無い場合もあります。

③返済方法を選択します。(1回払い、リボ払いなど)

④借り入れる金額をキャッシング枠内で入力します。

⑤カードと現金、利用明細書を受け取ります。



ちなみに、ネットでの手続きの場合は、クレジットカード会社の会員サイトなどで、手続きをします。この場合は、口座へ直接振り込みとなります。ATMでは手数料がかかりますが、ネットでの手続きの場合は手数料が不要となるため便利ですね。ただし、クレジットカード会社により対応していない場合もあります。

キャッシングは海外でも利用できる

海外でもクレジットカードのキャッシングは利用ができます。その方法は国内と同じで、ATMから現地の通貨で現金を引き出します。海外での利用の場合は、国内で両替をして現地の通貨を持参するよりも、現地のATMでの利用の方が安く済む場合が多いようです。



ただし、海外でのキャッシングに対しては、制限をかけているクレジットカードもありますので、利用の際には、クレジットカード会社へ確認をすると良いでしょう。




3.クレジットカードキャッシングの返済方法

クレジットカードキャッシングの返済方法を解説します。

クレジットカードでキャッシングをした場合の返済方法は、「一括払い」もしくは「リボ払い」を選択できます。



■一括払い

一括払いでは、借入れ金額と利息はカードの締切日で計算をし、その利用金額は通常のショッピング利用と同じように、口座から引き落としされます。



■
リボ払い

リボ払いでは、その借入れ残高に応じて、設定してあるリボ払い金額(元金と利息)を毎月のショッピング利用と合わせて、口座から引き落としされます。

一括払いとリボ払いはどちらがお得?

一括払いとリボ払いでは、リボ払いの手数料や利息などを考えれば、一括払いで支払った方が得になります。例えば、キャッシングの金利が18%で10万円を借り入れ、リボ払いでは毎月元金1万円ずつを10回で支払った場合の総額と一括で支払った場合では、



・リボ払い:108,130円

・一括払い:101,470円



リボ払いのほうが、6,000円以上利息が多いということになります。リボ払いは、支払い期間が長くなるため、その分の利息が多くなってしまうということですので、一括払いでの返済がおすすめです。

繰り上げ返済をしよう!

キャッシングをするときに、「一括払い」か「リボ払い」を選択しますが、一括での支払いが難しい場合は、リボ払いを選択しなければならなくなりますね。しかし、ただ淡々と毎月一定額を支払っていては、利息は多いままです。リボ払いは繰り上げ返済が可能ですので、余裕のあるときは繰り上げ返済をしましょう。



繰り上げ返済をすることで、返済金はリボ払いの元金へ充てられます。返済期間が短くなるので、利息の節約に繋がります。繰上げ返済が可能なATMは、そのカード会社によって異なります。

また、ネットでの会員サイトなどで手続きをしたり電話で申し出をしたりすることで、振込みでも可能です。これもカード会社によって異なりますので、確認をしてみましょう。



ただし、繰上げ返済にはその返済方法によって、手数料がかかります。例えばATMの場合は100円~200円(税抜)が必要となりますし、振込みの場合は振り込み手数料がかかります。




4.クレジットカードキャッシングの金利について

クレジットカードキャッシングの金利について解説します。

クレジットカードキャッシングの金利については、クレジットカード会社によっても異なりますが、その多くが18.0%程度と高い金利となっています。ではカードローンなどと比べてどうなのかみていきましょう。

カードローンの金利よりも高い

クレジットカードキャッシングの金利は18.0%の場合が多いのですが、カードローンの金利は、もちろんその会社により異なりますが、銀行のカードローンの場合は、クレジットカードキャッシングよりも低いものが多いのです。



例えば
・・・。
・三菱東京UFJ銀行カードローンの場合:年率4.6%~14.6%


・楽天銀行カードローンの場合:年率4.9%~14.5%


・みずほ銀行カードローンの場合:年率4.0%~14.0%



どうでしょうか?かなり低いことがわかりますね。銀行カードローンの場合、その金利の差は大きいのですが、初めての借り入れの場合は、多くが最高金利での借り入れとなるので、14.5%前後の金利となるでしょう。それでもクッレジットカードのキャッシングよりは金利は低いのです。



例えば、10万円の借り入れの場合、三菱東京UFJ銀行カードローンの14.6%で計算すると利息は1,217円ですが、クレジットカードキャッシングの18.0%では、1ヶ月1,480円の利息がかかることになります。金利で考えるとカードローンの方がお得なのです。



しかし、カードローンを利用するとなると、申し込みをする必要がありますし、申し込みには審査がありますので手間がかかりますね。クレジットカードのキャッシングを利用するのであれば、今あるカードで利用できるので、短期間での利用であればそれほど大きな差は無いのかもしれません。



どちらにしても、借金をするということには変わりありませんので、早めの返済が一番良いのです。
カードローン「バンクイック」|三菱東京UFJ銀行
参照元:三菱東京UFJ銀行(2018年末調べ)
おまとめ可能!楽天銀行のカードローン
参照元:楽天銀行カードローン(2018年末調べ)
みずほ銀行カードローン
参照元:みずほ銀行(2018年末調べ)





5.クレジットカードキャッシングの審査について

クレジットカードキャッシングの審査について解説します。

基本的に、クレジットカードキャッシングを今現在のキャッシング枠で利用する場合は、既にクレジットカードを作るときに審査が行われていますので、審査の必要はありません。ただし、今のクレジットカードのキャッシング枠を増額する場合は、審査が必要となってきます。



増額ということは、お金を貸し出せる限度額を上げるということになりますので、クレジットカード会社にとってはリスクがあります。そのため、増額しても大丈夫なのか?ということを審査する必要が出てくるのです。その審査によっては、増額はできないこともありますし、状況によってはキャッシング枠が減額されるということも無いとはいえません。



増額を希望する場合は、一度クレジットカード会社へ確認をしてみましょう。

▼【希望限度額を設定すると審査に時間がかかる】

クレジットカードの申込みの時には、その審査によって限度額はクレジットカード会社のほうで決めています。これはキャッシング枠に関しても同じです。しかし、申し込みのときにキャッシング枠の「希望限度額」という項目があり、ここに限度を超えるような希望額を記入した場合は、その審査に時間がかかることがあります。



これは、申込者に対して申込みの希望額は適正なのか、利用は可能なのかといったことを丁寧に審査するためです。もちろん、状況によって希望の金額では審査が通らない場合もあります。

▼【審査は信用情報機関で行われる】

キャッシング枠の増額や希望額などの審査については、申請した書類の内容・個人信用情報を使用して行われます。そしてその審査項目に点数がつけられ、その点数によってキャッシング枠についての金額や、キャッシング枠そのものがつけられるのかが決まるようです。これは、消費者金融や銀行のカードローンなども同じ要領で審査されます。



個人信用情報は、支払いに関して延滞が過去にあった場合に、記録がされています。例えば携帯やスマホ、公共料金などの延滞履歴などです。支払い状況などについても確認しますので注意が必要です。さらに、銀行カードローンや消費者金融などの、ほかの金融機関からの借り入れ状況なども確認されます。



総量規制は、賃金業法で決められており、キャッシング枠の審査にも適用がされます。総量規制とは、借り入れは年収の3分の1までしかできないという規制です。他の金融機関からの借り入れ状況をみて、もし超えるような貸付が既にされている場合は、キャッシング枠は期待できない可能性が高いでしょう。

6.まとめ

クレジットカードキャッシングについてのまとめ。

クレジットカードのキャッシングについては、その金利が高いことがデメリットですが、新たにカードローンを作るよりもり、現在持っているクレジットカードにキャッシング枠があるのであれば、お金を引き出すことが可能ですので、急に資金が必要になった場合には、とても利便性が良いものです。



支払いは一括払いもしくはリボ払いが選択できますが、リボ払いを選択した場合は、できるだけ繰上げ返済をして、利息を節約することが大切です。



クレジットカードのキャッシングとはいえこれも借金です。手軽に現金化できてしまうため、支払いが遅れるようなことがあっては信用情報に記録されてしまいます。借金だという忘れずに上手に利用してください。