クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

クレジットカードの選び方と手続き|どこで作るかを決めたら簡単?

クレジットカードの選び方と手続き|どこで作るかを決めたら簡単?

クレジットカードはどこで作るか決めたら簡単!選び方から手続きまで解説します!

1.簡単選択!初クレカはこうやって決める!
2.クレジットカード作成の手続きは簡単?
3.まとめ

初めてクレジットカードを作るという方は、どこのクレカを選ぶべきか悩むのではないでしょうか?

選択基準もよく分からず、勧められるがままにとりあえず作ってしまうという方もいらっしゃいます・・・。

初めてのクレカ選びのコツと手続きについて簡単にまとめてみます!

1.簡単選択!初クレカはこうやって決める!

簡単選択!初クレカはこうやって決める!

どこかしらのお店に行くと、よくクレジットカードの勧誘をされるけれど・・・。

具体的にどこのカードを、どんな基準で選べばいいのか分からない。という方はいらっしゃいませんか?



ある程度、クレジットカードを自分で使ってみると、段々とカードのブランドやお店ごとの使い勝手の違い、相性が分かってくるのですが、初めてのクレジットカードとなるとそうもいきません。勧誘されて何となく「このお店でよく買い物をするからけっこう使うはず!」と考えて作ったカードが、後に財布の中で眠っている。なんてことは少なくありません。



そこで、初めてのクレジットカードを作成するコツを簡単に解説します。このコツは二枚目、三枚目を作る時にも参考になると思います。当たり前のことじゃない?と思われるような内容かもしれませんが、より良いクレカライフを送るためにはとても大切なことです。




自分がよく買い物するお店は?

クレカを作る時は、まず自分がそのお店のカードを作ることのメリットを考えてみましょう。

よく行くお店でクレカ一体型のポイントカードを作ると、大抵の場合はポイントが多く付与されるものです。特定の日に割引サービスが受けられる。よくそのお店で買い物をするという方には大きなメリットがあるかもしれません。



ただし、ポイントが多く貰える。という言葉だけで簡単に作成することはNGなんです。

なぜなら、クレカを所持するということはクレカを持つゆえのデメリットとも直結するからです。カードを紛失してしまうと大変ですし、キャッシング機能を使ってしまうと後々に何かしらのローンを利用する際、審査上で考慮される場合もあることでしょう。お財布もカード一枚分だけ膨れてしまいます。

しかし、クレジットカードは一枚あると様々な決済に利用できるので、社会人なら一枚は持っていた方がいいかな?という感じはあります。

そのお店であまり買い物をしない、そもそもポイントを溜めることに魅力を感じない、カードを持つことによる割引サービスは不要、それよりデメリットの方が気になる。という方はあえてクレジットカードの勧誘に乗る必要はありません。
ヤマダLABIカード|クレジットカードはUCカード
参照元:UCカード(2018年1月調べ)
クレジットカード|イオンカードのご案内|暮らしのマネーサイト
参照元:暮らしのマネーサイト(2018年1月調べ)





自分が使っている金融機関は?

自分がよく使うお店のカードに魅力を感じ場合は、初めてのカードとしてそのお店のクレジットカードを持つのも良いでしょう。



他の選択方法として、自分が口座を持っている銀行のクレジットカードを持つというのもお勧めです。銀行のクレカというと何かと安心感がありますし、所持していることでその銀行のATM手続き等の料金割引や無料サービスを受けることが可能なものも多いんです。



社会人であれば銀行口座を持っていない、という方はまずいないと思います。銀行のクレカはキャッシュカードと一体型でも作れることが多いので、枚数を少なくしたい方にはお勧めです。
クレジットカード|三菱東京UFJ銀行
参照元:三菱東京UFJ銀行(2018年1月調べ)
りそなVISAカード
参照元:りそな銀行(2018年1月調べ)

身近なカードを選ぶのがポイント

クレジットカードを作るなら徹底的に選んで一枚を!と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、一度実際に使ってみないと自分の好みのクレジットカードはなかなか分かりません。



特典はポイント還元を優先するのか、それとも保険や窓口サービスを優先するのか。窓口での対応の良し悪し。とにかく、使ってみないと分からないことだらけです。

実際にクレジットカードを使っている間に、初めはポイントの高還元率に惹かれて作ってはみたものの・・・。様々なクレジットカードに関わる対応の面倒さに「思ったより良くなかったかも」と感じることも少なくありません。



だからこそ、初めてのカードは「身近な(店・銀行)のもの」を作って自分の趣味嗜好、優先順位、感じ方を整理する必要があります。その上でいずれ自分にとって最高に相性の良い一枚を選べるように知識を積み重ねておきましょう。




2.クレジットカード作成の手続きは簡単?

クレジットカード作成の手続きは簡単なんですか?

クレカ初めてさんのために簡単に作成手続きについてもお話ししておきます。クレカを作る流れはどこのカードでも大体同じです。

▼【ネット申込と用紙記入の申込は何が違う?】

クレジットカードはお店や金融機関でも作ることができますが、インターネットでも申込が可能なところが多いです。中にはネットと申込書どちらで申し込んでもOKというところもあります。



どちらで申込んでも審査があることに変わりません。また、有利不利ということもありません。手続きしやすい方で申し込むと良いでしょう。

基本的な手順は同じです

紙の申込書でもネットでも申し込みの際に記載することは大体同じです。ただ、紙の場合は基本的に申し込み時に必要書類(源泉徴収書や本人確認書類など)を一緒に提出することになるのですが、ネットの場合は一端申込んでから郵送するという流れになることが多いです。



ただ、書類の申込タイミングに差はあれ手続きの流れ自体はほぼ変わらず、提出後はカード会社側で審査が行われます。




審査からカードが届くまでには個人差あり

カードを申し込むとカード会社側で審査が行われます。審査の基準は全ての会社で秘匿されているため、一切教えてくれません。もちろんカードは信頼で後払いを許してもらうものでもありますから、過去に滞納や契約トラブルがあったり現在どこかからお金を借りていると審査上マイナスになります。特に何もなければあまり怖がる必要はありません。



最終的な判断を下すのは審査する会社側です。審査にパスすると晴れてクレジットカードが発行されます。発行までの期間にはかなり個人差があり、人によっては一日から数日で終わることもありますが、またある人によっては一カ月近くかかることもあります。



クレカが発行されたら、後は初めの一枚としてクレカ使いのコツを考えながら使ってみましょう。

3.まとめ

初めて作るクレジットカードについてのまとめ。

クレジットカードが初めてという方向けに、選び方のコツと具体的なカード作成手続きを解説しました。



クレカは正しく活用すれば明細が家計簿代わりになり、自分の出費の整理にとても役立ちます。もちろん各種特典を活用すれば、保険料や交際費を減らすことも可能ですしとってもお得です。計画を立てて良いクレジットカードライフを送ってください!