クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

キャッシュカードの再発行手数料は?紛失・盗難で注意したい9つのポイント!

キャッシュカードの再発行手数料は?紛失・盗難で注意したい9つのポイント!

【キャッシュカード再発行】紛失・盗難で注意したい9つのポイントを解説します!

1.キャッシュカードの再発行について
2.カードを失くした方の安心情報
3.再発行の手続きで知っておきたいこと
4.金融機関ごとの再発行手続き
5.まとめ

昨日まで使っていたキャッシュカードがいくら探しても見当たらない。

そんな時ってありませんか?再発行を希望する時、本人が手続きをできない時はどうするんだろう?と困ってしまう時などはありませんか?

困った時のキャッシュカード再発行についての情報をまとめました!

1.キャッシュカードの再発行について

キャッシュカードの再発行について。

キャッシュカードを紛失や盗難で手元からなくしてしまった場合は、キャッシュカードの紛失・盗難届を金融機関に提出すると同時に、キャッシュカードの再発行手続きをします。また、キャッシュカードが破損してしまった、磁気不良になってしまったという場合もキャッシュカードの再発行手続きをしてキャッシュカードの再発行をします。



昨日まで利用していたのに、どこに置いたのか忘れてしまって、失念してしまったということで再発行する人も意外と多いんです。





2.カードを失くした方でも安心できる情報

カードを失くした方でも安心できる情報です!

キャッシュカードの再発行について、時間が取れずに自分でできないという人や、諸事情により家族に頼みたいという人もいることでしょう。また、再発行手数料がかかるためキャッシュカードの再発行について躊躇してしまう人もいるようです。



キャッシュカードを失くしてしまった場合、万が一第三者に利用されてしまったらと考えると心配ですよね。そんな時にはひとまずの対策として、カードが不正使用されることがないように紛失・盗難届を提出することを強くお勧めします。



キャッシュカードが「財布のどこにあるのか分からない」といったことはよくあることです。しかし、どうしても手元に確認できないというとき、カード紛失時の注意点を知っておくと慌てることなくキャッシュカードを探すことができますので、いざというときのための知識を備えておくとよいでしょう。




3.再発行の手続きで知っておきたいこと

再発行の手続きで知っておきたいこと。

では、実際にキャッシュカードを再発行するときの注意事項についてまとめましたので、一緒に見ていきましょう。再発行の手続きについては金融機関によって、多少異なることもあるでしょうが、本質的には一緒ですので、基本をおさえておきましょう。

①破損した時は誰の責任?

キャッシュカードが破損したときは、再発行手続きが必要です。キャッシュカードは長年使用していると、意外と劣化してくるものです。経年劣化でキャッシュカードが使えなくなってきたとしても、保管する人の責任ということで再発行の手数料が必要になります。最近では良心的な金融機関もあり、劣化による再発行は無料というところもあるようです。



保管状況によって、劣化の具合が変わってきますので、できればキャッシュカードは専用ケースに入れておいて保管をしておくことが望ましいのですが、よく利用するキャッシュカードの場合は、サイフと一緒に保管をすることが一般的ではないでしょうか。?


サイフなどに保管をする場合は、できれば頻繁に利用するキャッシュカードのほかに、クレジットカード2枚程度ぐらいにとどめておくとカードに無理な圧力がかからずに、劣化が進みにくいようです。あまり利用しないカードは、別途大事に保管をしておくことをお勧めします。




②手数料がかかるので気をつけよう

キャッシュカードは1枚目の発行のときにだけ手数料がかからないのが一般的なようですね。金融機関に口座を作成したときに、キャッシュカードを作成していなければ、後日作成しても手数料はかかりません。しかし、紛失や、破損、盗難などでキャッシュカードの再発行をすると再発行手数料がかかるのが一般的でしょう。



破損の場合はすぐにでも再発行をしないと、利用ができませんが、紛失や、盗難のときは、紛失・盗難届を金融機関へ提出することで、すぐにキャッシュカードを発行しなくても大丈夫ではないでしょうか。金融機関によっては、キャッシュカードを作成すると、通帳を利用してATMからお金を引き出すことが可能になるところもあるようです。



特に紛失の場合は、少し家の中を探してから再発行をすることをお勧めします。ただし、通帳は他行ATMを利用することができませんので、コンビニなどのATMを利用したい人は不便になるでしょう。



どうしても、他行ATMを利用したい人は再発行をするほかないのではないでしょうか。

また、生活口座以外(給与振込口座、公共料金引き落とし口座など)の口座であれば、新たに口座を作成してキャッシュカードを作成してもらい、そのあとにキャッシュカードを紛失した口座などを解約するといった手順で行なうと再発行手数料はかからずにキャッシュカードを手にすることができます。



もちろん、手間はかかりますが、生活口座であっても口座作成後に引き落とし口座の変更手続きをすれば、手数料をかけずに再発行をすることが可能になります。なお、手数料は一般的に1,000円+消費税となっているところが多いようです。

また、余談になりますが、カードの原価になりますが、デザインにもよりますが150円~200円、ICチップがついているものだと1,000円程度の原価がかかっています。

③本人以外の再発行はできない?

キャッシュカードの再発行を家族に頼みたいという人もいるようです。こちらについては、残念ながら本人以外は再発行手続きができません。これは、金融機関側に善管注意義務というものがあるため、安易に本人以外に発行ができないのです。



キャッシュカードは印鑑と通帳の代わりに、暗証番号とカードでお金を引き出しができるものです。窓口での支払いは、家族が支払いにきたのか本人が支払いがきたのか職員が把握できるため、本人以外の人にも引き出しができることがあります。



しかし、キャッシュカードは本人の意図しないところでキャッシュカードが発行されていて、お金を引き出しされていたとなると金融機関側にキャッシュカードを発行したときに、本人の申し出なのかどうか判断かつかず、後日トラブルに巻き込まれる可能性が0ではないので、再発行の受付は本人しかできないのです。



その点、ネット銀行は自宅で再発行手続きができるので、便利ではないでしょうか。便利な反面、セキュリティに隙間がどうしても出てきてしまうということになるのでしょう。




④代理人カードを発行する

さて、ここでちょっとした裏技的なキャッシュカードの発行について話をしたいと思います。キャッシュカードには代理人カードというものがあります。ネット銀行などでは取り扱いをしていない銀行が多いのですが、一般的な金融機関では代理人カードというものが存在します。



これは、どういったものなのかというと、いわゆる家族カードと同じものになります。配偶者や親に1枚自分の口座のキャッシュカードを渡しておけるというものですが、本人との関係を証明するための、住民票や代理人の本人確認資料などが必要になる場合もあります。



通常、代理人カードを口座作成時に発行することはまれなため、紛失したときに代理人カードを発行するという手もありますので、再発行手数料の支払いをするよりはお得になるのではないでしょうか。ただし、紛失などをしたカードは利用できるままになっていますので、紛失・盗難届は金融機関に提出することは忘れずに行ないましょう。

⑤再発行の期間はどれぐらい?

キャッシュカードが再発行されるまでの期間になりますが、おおよそ1週間ぐらいが一般的ではないでしょうか。どうしても、急いでいる場合はその旨を金融機関に話をすると、地域金融機関であれば融通を利かせてくれることもあります。ただし、その場合でも手元に届くまで2~3日程度はかかるでしょう。



なお、紛失や盗難などでキャッシュカードを再発行する場合でも、通帳では普通にお金を引き落としすることができます。万が一に備えて、再発行の手続きをしたときに一緒にお金を引き出しておいて、別の金融機関の口座に入金をしておくと、不測の事態でも安心をすることが出来るのではないでしょうか。

⑥即日再発行をしてくれる金融機関も

まだまだ数は少ないものの、最近では即日キャッシュカードを再発行してくれる金融機関もあるようです。代表的な金融機関では三井住友銀行や七十七銀行などが即日発行をしてくれるようです。



ただし、全ての店舗でできるとは限らないようですので、即日発行ができる店舗を調べたうえで再発行の手続きに出かけることをお勧めします。持っていくものは通帳、届出印、本人確認資料を持っていくことをお勧めします。

⑦受付時間は24時間が基本

紛失や盗難にあった場合は、キャッシュカードの紛失・盗難届を金融機関に届け出ることが大事です。万が一、第三者に利用された場合でもキャッシュカードが利用できなくなりますので、紛失や盗難の事実が分かった時点ですぐに金融機関に連絡をしましょう。



連絡先は、ホームページに掲載されていますので、まずは金融機関のホームページをチェックしてみることをお勧めします。今は、キャッシュカードが24時間利用できるのが当たり前の世の中になってきました。したがって、金融機関側でも紛失・盗難届も24時間体制で受付をしているところがほとんどではないでしょうか。




⑧郵送されるには理由がある

キャッシュカードを再発行すると郵送で送られてくるのが基本です。日中家にいないから窓口に取りにいくということは原則できません。これはあくまでも原則です。郵送をするということは、金融機関側でそれなりの理由があるからです。



犯罪などに関係のない人は頭の片隅にもないかと思いますが、郵送をすることで住所を偽るということができないことを防止しています。

振り込め詐欺などのためにダミー口座を作成することを防ぐために郵送となっているのですが、色々な手口で口座を作成されるので金融機関と警察と犯罪者の間でいたちごっこになっているのではないでしょうか。

⑨暗証番号は定期的に変更

今では、暗証番号を変更するためにキャッシュカードを再発行するということはなくなりました。最寄りのATMコーナーで暗証番号を変更できる金融機関が大多数ですので、定期的に暗証番号は変更をすることをお勧めします。



暗証番号は推測されやすいものにして、万が一第三者に利用された場合は、盗難された側にも免責事項に引っかかることがありますので、十分に注意をすることをお勧めします。車のナンバーや電話番号、生年月日、家族の生年月日などはもちろんのこと、連番や同一数字などは免責事項にふれる可能性があります。



また、最近は暗証番号の類いがあまりにも多すぎて覚えておけないという人もいるのではないでしょうか。一昔前は、メモ用紙に記録しておくことは危険だといわれていましたが、今はメモ用紙に記録して暗証番号やパスワードを利用するものごとに違うものにしておくことが望ましいでしょう。



ただし、ここで注意点があります。暗証番号を控えておくのはいいとしても、くれぐれもキャッシュカードと一緒に保管をしないようにしておきましょう。

キャッシュカードと一緒に保管をしておいて、メモと一緒にキャッシュカードを盗難された場合は免責事項に抵触しますので、保管についてはくれぐれも気をつけてください。




4.金融機関ごとの再発行手続き

金融機関ごとの再発行手続きを解説します。

では、ここで主だった金融機関の再発行手続きについて見ていきましょう。基本的には、どこの金融機関も手続きはほとんど同じになりますので、該当するホームページのリンクを貼っておきますので、詳しくはそちらを参考にしてください。

①ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行の場合は、一般的な手続きになります。電話で紛失・盗難の届け出をしたあとに、後日窓口いって再発行の手続きをするという形態になっています。本人確認資料と、届出印鑑、通帳を持参していくと再発行手続きができます。なお、手数料は2017年5月現在1,030円となっています。
カードや通帳等の紛失・盗難|ゆうちょ銀行
参照元:ゆうちょ銀行(2018年1月調べ)

②東京三菱UFJ銀行

東京三菱UFJ銀行は次の場合は、電話で再発行ができます。
~三菱東京UFJホームページより
お電話でのキャッシュカード再発行手続き(個人のお客さま)


お電話で再発行の受付をいたします(お手続時間は、10分程度です)。


ただし、以下の(1)~(4)いずれかにあてはまる場合は、お電話での再発行はできません。


(1)受付対象外のカード種類


代理人カード/代理人カードを発行している本人カード

当座キャッシュカード/カードローンカード

社内キャッシュカード

「Suica」「TOKYU POINT PASMO」「KIPS+PiTaPa」つきのスーパーICカード など


(2)キャッシュカードが手元に準備できない場合
(キャッシュカードの紛失・盗難を含む)


(3)暗証番号相違でキャッシュカードが使えない場合

(4)お引っ越し等で住所が変わっている場合
(住所変更を先にお済ませください)

※上記以外にも、お電話での再発行ができない場合があります。
出典: www.bk.mufg.jp

また、盗難や紛失による再発行の手続きに関しては、ゆうちょ銀行と手続きについて大差はないようです。なお、盗難・紛失の場合のみ2017年5月現在、再発行手数料は1,080円かかります。
キャッシュカード紛失・盗難時のお手続き|三菱東京UFJ銀行
参照元:三菱東京UFJ銀行(2018年1月調べ)





③みずほ銀行

みずほ銀行の場合は、みずほダイレクトインターネットバンキングを利用して再発行の手続きをするか、窓口でおこなうか2通りの方法があります。窓口で再発行依頼をする場合は、ほかの金融機関と同様の手続きになります。手数料は2017年5月現在、1,080円になるようです。



また、みずほダイレクトインターネットバンキングで再発行の手続きをする場合は、後日簡易書留で書類が送付されてきますので、そちらに記入したあとに返送をすると手続きが完了します。
キャッシュカードを紛失したので再発行したい|みずほ銀行|FAQ(よくあるご質問)
参照元:みずほ銀行(2018年1月調べ)

④りそな銀行

りそな銀行は、取引支店に電話で問い合わせをすると案内状が自宅に届くようになっているようです。また、営業時間外は、クイックロビーセンターに電話をすると再発行の手続きができますので、8時40分~17時の間はフリーダイヤルに電話をかけるといいでしょう。手数料は2017年5月現在、1,080円かかるようです。
お手続きに関するご質問|困ったときは?|りそな銀行
参照元:りそな銀行(2018年1月調べ)

⑤三井住友銀行

三井住友銀行は、先にも話をしましたが、店舗によっては即日発行をしてくれる金融機関の一つです。再発行の手順などはほかの金融機関と同様なのですが、即日発行してくれるのはありがたいですね。手数料は2017年5月現在、1,080円になります。
キャッシュカード即時発行サービス|三井住友銀行
参照元:三井住友銀行(2018年1月調べ)





⑥北洋銀行

北洋銀行。北洋銀行はりそな銀行と同じような流れになるようです。紛失・盗難が判明をしたら、電話で手続きをしてそのあとに照会状が自宅に郵送されてきます。紹介状が届いたら、内容の確認をして再発行が必要な場合は窓口で手続きが必要になります。手数料は2017年5月現在、1,080円になります。

5.まとめ

キャッシュカード再発行についてのまとめ。

キャッシュカードの再発行手続きは、ほとんどの金融機関で同じ手続きが必要であることがお分かりいただけるかと思います。

再発行は依頼する内容によって、手数料がかからない金融機関もありますので、手数料については金融機関に問い合わせをすることをお勧めします。



紛失・盗難の場合は速やかに金融機関へ連絡することが原則です。


キャッシュカードの保管については決まられた免責事項もありますので、紛失したらすぐに連絡する、暗証番号の管理は定期的に確認する、暗証番号を記載したメモ用紙と一緒にキャッシュカードを保管しない、車の中にキャッシュカードを置かないなど、保証を受けるために守らなければならない注意事項がありますので、それらのことは最低限守るように心掛けましょう。