クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

電子マネーはSuicaがお得?どんな人でも貯められる技をご紹介!

電子マネーはSuicaがお得?どんな人でも貯められる技をご紹介!

電子マネーSuicaを使って得しよう!どんな人でもコツコツ貯められる技を調べてみよう!

1・交通系電子マネーの代表Suica!
2・Suicaの種類を教えます!
3・Suicaのチャージ単位と限度額は?
4・モバイルSuicaってとっても便利!
5・モバイルSuicaの申込方法教えます!
6・Suicaはどこで使えるの?
7・Suicaでポイントを貯めて得する方法!
8・Suica付ビューカードについて
9・電子マネーSuicaを賢く使いこなそう!

現金払いが好きだけど小銭を持ち歩かずスマートに支払いしたい、仕事や出張で首都圏交通機関を多く使う。

そんな方に人気のSuica!そんなSuicaをお得に、便利に使いこなす技をまとめます!

1・交通系電子マネーの代表Suica!

交通系電子マネーの代表Suica!

Suicaは鉄道、バス、買い物で利用できるJR東日本のICカードです。

Suicaで、北海道から九州までKitaca(JR北海道)、PASMO(首都圏)、TOICA(JR東海)、manaca(名古屋)、ICOCA(JR西日本)、PiTaPa(関西)、SUGOCA(JR九州)、nimoca(西日本鉄道)、はやかけん(福岡市交通局)、odeca(東日本旅客鉄道バス)の各エリアにおける鉄道・バス等を利用することが可能です。



ただし、管理会社をまたがった乗車区間ではその会社ごとのICカードが必要となるので、利用できない場合があり注意が必要です。

つまり、札幌エリア(SAPICAエリア)、仙台エリア、新潟エリア、Kitacaエリア、TOICAエリア、manacaエリア、ICOCAエリア、PiTaPaエリア、SUGOCAエリア、nimocaエリア、はやかけんエリア、およびodecaエリアをまたがった乗車区間での利用ができないということですね。(例:熱海駅からSuicaで乗車して、三島駅でSuicaで下車することはできません。)




2・Suicaの種類を教えます!

Suicaの種類を教えます!

Suicaは、3種類あります。それぞれ購入時にデポジット金額がかかります。(500円)


Suica定期券

My Suica(記名式)

Suicaカード


Suica定期券」と「My Suica(記名式)」には、こども用もあります。無記名のSuicaカードには子供用がありません。



Suicaカードは無記名のカードとなり、誰でも使えるカードです。昔でいうテレホンカードのようなイメージですね。My Suicaは記名式となり、記名人以外は使えないカードです。購入時に氏名・生年月日・性別等の情報を登録することになります。紛失した場合は登録した情報をもとに再発行が可能です。氏名・生年月日・性別等を正しく登録しておかないと、再発行や払いもどしができない場合があるようなので注意が必要ですね。



また、Suicaと携帯情報端末がひとつになった
モバイルSuica
や、Suicaとビューカードがひとつになった
、「ビュー・スイカ」カード
も利用可能です。





3・Suicaのチャージ単位と限度額は?

Suicaのチャージ単位と限度額は?

チャージ限度額は20,000円のようです。


チャージ単位は
?

500円

1,000円

2,000円

3,000円

5,000円

10,000円

この中から選択することになります。パソコンからチャージをすれば1,000円以上なら1円単位でのチャージも可能です。



チャージの方法は?

駅券売機での現金チャージ(カードタイプのみ)

クレジットカードチャージ(ビューカードでのみ可能)

オートチャージ(※)対応(ビューカードのみ)

コンビニ(店頭での現金チャージ)

銀行振込(モバイルSuicaのみ)

などがあります。
JR東日本|Suicaインターネットサービス|利用方法|SF(電子マネー)の入金(チャージ)
参照元:JR東日本(2018年1月調べ)

オートチャージとは?

オートチャージというのは、自動改札機にタッチして入場するだけでSuicaへの入金(チャージ)ができる便利なサービスのことをいいます。

Suicaの残額が設定金額以下になると、改札入場時に自動的に設定金額がチャージ(入金)されるので、残額不足の心配がなくなるといえます。オートチャージの利用可能エリアは首都圏、仙台・新潟エリアのSuicaエリア、首都圏の私鉄・地下鉄のPASMOエリアです。
JR東日本|モバイルSuica
参照元:JR東日本(2018年1月調べ)





4・モバイルSuicaってとっても便利!

モバイルSuicaってとっても便利!

モバイルSuicaってどんな仕組み?

モバイルSuicaはJR東日本の会員制サービスです。会員登録すると、携帯情報端末で電車にも乗れるし買い物ができるだけでなく、定期券やグリーン券、新幹線の切符まで買えるようになります!いつでもどこでもチャージしたり履歴確認したりできるようなのでとても便利ですよね。落とした場合も再発行が可能です。

新幹線もチケットレスでタッチ&ゴー!

電車に乗るときはカードタイプのSuicaと同じで携帯情報端末を改札機にタッチして入出場できます。ここまでは想像がつきますよね。これだけでなく、新幹線もタッチ&ゴーで乗車できるんです。



携帯情報端末で新幹線のきっぷを購入しチケット情報を携帯情報端末にダウンロードすれば、新幹線(東北・山形・秋田・上越・北陸新幹線)を改札機に携帯情報端末をタッチするだけで乗車できる「モバイルSuica特急券」となります。

新幹線の駅相互間は、指定席を紙のきっぷの自由席の値段以下で利用できるそうですよ。モバイルSuica特急券「モバトク」と、さらにおトクなお値段で新幹線が利用できる、スーパーモバイルSuica特急券「スーパーモバトク」もあるんです!



また、JR 東海「エキスプレス予約」(年会費1,080 円・税込)へも入会することで、モバイルSuicaで東海道・山陽新幹線(東京~博多間)のチケットレスサービス「EX-IC(エキスプレスIC)サービス」も利用できます。



※ サービス利用には、携帯情報端末からのモバイルSuica特急券の利用登録(無料)が必要です。
JR東日本|モバイルSuica|利用方法|モバイルSuica特急券
参照元:JR東日本(2018年1月調べ)





買い物でもモバイルSuica!

お財布を忘れて慌てる、ということがなくなるかも?

モバイルSuicaにチャージした電子マネーを使って、駅ナカや街ナカのSuicaマークのあるお店でお買いものができます。PASMOマーク、Kitacaマーク、manacaマーク、TOICAマーク、ICOCAマーク、minocaマーク、はやかけんマーク、SUGOCAマークのあるお店でも利用できるそうなので便利ですね。

並ばずに定期券が買えます!

定期券を買うために列に並ぶのって面倒なことありますよね。モバイルSuicaを使えばその場で買えるので列に並ばなくてよいです。



※ 利用可能な定期券は通勤定期券、通学定期券(大学生・専門学校生相当)、新幹線定期券(FREX・FREXパル)、グリーン定期券、二区間にわたる定期券です。 


※ 一部の定期券はモバイルSuicaコールセンターへ電話でのお申込みが必要です。

グリーン券も並ばずに買えます!

グリーン券を買うために電車が来る直前に券売機に並んでいて焦った経験はありませんか?

モバイルSuicaを使えばどこでもグリーン券が購入できます。グリーン券には事前料金と車内料金があって車内料金の方が高いですよね。モバイルSuicaでの購入では乗車前に購入するときの料金と同額の「モバイルグリーン料金」が適用されます。お得ですね!



※ Suicaグリーン券の代金は登録されたクレジットカードにより決済されます。

いつでもどこでもチャージできる!

モバイルSuicaは、いつでもどこでもチャージできるようです。クレジットカードを登録していれば電子マネーへのチャージは場所を選ばないということです。ビューカードで登録の場合、自動改札機にタッチして入場するだけで、Suicaへのチャージができる「オートチャージ」やモバイルバンキングを用いた「銀行チャージ」も利用できるそうなのです。




※ EASYモバイルSuicaを利用する場合は、クレジットカードによるチャージはできないようです。 


※ サービスにより利用時間が異なります。 


※ 通信機能を活用する際には、パケット通信料(お客さま負担)がかかるともいえます。

履歴や残高もいつでもチェック!

モバイルSuicaでは電子マネーの利用履歴や残額などの情報を携帯情報端末の画面で簡単に確認できます。

ネットショッピングの決済も可能!

ネット決済加盟店でのネットショッピングの決済手段として、モバイルSuicaの電子マネーが利用できるそうです。AmazonやYahoo!ショッピング、楽天をはじめとする多くのショップで可能だそうですからかなり便利といえますね。

モバイルSuica対応機種?

モバイルSuica対応機種一覧もサイトで簡単にチェックできるようになっています。心配な場合はいつでもチェックしてみてください。

JR東日本|モバイルSuica|モバイルSuicaとは|対応機種
参照元:JR東日本(2018年1月調べ)





5・モバイルSuicaの申込方法教えます!

モバイルSuicaの申込方法教えます!

Suica対応携帯情報端末&クレジットカードを用意すればすぐに利用することが可能です。


1.モバイルSuica対応携帯情報端末とクレジットカードを用意します


2.携帯情報端末でモバイルSuicaサイトにアクセス


3.アプリをダウンロード


4.会員登録


モバイルSuicaで新幹線を利用したいときはさらにその分の登録も済ませればOKです。
JR東日本|モバイルSuica|利用開始までの流れ
参照元:JR東日本(2018年1月調べ)





6・Suicaはどこで使えるの?

Suicaがどこで使えるのかもう少し具体的に教えます!

首都圏交通機関、ここで使えます!

Suicaを利用できる首都圏交通機関は以下のようになっています。

(2017年4月現在)
東日本旅客鉄道

伊豆急行

埼玉新都市交通

東京モノレール

東京臨海高速鉄道

ジェイアールバス関東

富士急行

▼【Suicaを使える場所はこんなにある!】

Suicaは、様々なお店で使えます。

自動販売機

KIOSK

コンビニ(大手コンビニはほとんど使えるようです)

駅ビル・駅ナカ

家電量販店(ビックカメラ、ヨドバシカメラなど)

書店(紀伊国屋書店、ブックオフ)

レストラン(ガスト、ロイヤルホスト、松屋、すき屋など)

スーパー(イオン、イトーヨーカドー、サミットなど)

タクシー(日本交通、km、第一交通産業など)
JR東日本|Suica電子マネーライフ|使えるお店|街ナカショップ一覧
(2018年1月調べ)





7・Suicaでポイントを貯めて得する方法!

Suicaポイントクラブに登録すればポイントを貯められます!

SuicaポイントクラブはSuicaでお買い物するだけで自動的にたまるポイントをSuica電子マネーにかえられるサービスのことのようです。お持ちのSuicaを登録すれば、利用可能だそうです!Suicaでポイントを貯められる店舗は50,000店舗(2017年4月現在)もあり、まだまだ増えているそうです。
JR東日本|Suicaポイントクラブ|会員登録
参照元:JR東日本(2018年1月調べ)

▼【ポイントはSuica電子マネーに交換できる!】

Suicaで支払って、ポイントを貯めるとお得だということを、わかりやすい例でご紹介しましょう。



・現金チャージしたSuicaでの支払い:1200円分貯まる(1,200ポイント)


・Suica付ビューカードでチャージしてSuicaでの支払い:3,000円分貯まる(ビューサンクスポイント(2ポイントが5円相当)720ポイント+Suicaポイント1,200ポイント)


普通に現金で買い物すればポイントはゼロですが、Suicaでポイントを貯めるとおトクといえますし、さらにビューカードでの買い物では最大2.5%の還元になるそうなのでさらにおトクだといえるでしょう。

8・Suica付ビューカードについて

Suica付ビューカードについて教えます!

Suica付ビューカードとは?

ポイントが沢山貯まって何よりおトクそうなSuica付ビューカード(「ビュー・スイカ」カード)。このビューカードとはJR東日本の子会社が運営するクレジットカードブランドのことです。Suica一体型ビューカードやビックカメラ・スイカカード、ルミネカードなどを発行しています。

これらのビューカードにはSuica機能が付帯しており、定期券としても利用できるんです!つまり、クレジットカード機能+Suica+定期券、という機能が全て一枚になった非常に利便性が高いカードといえます。

▼【Suica付ビューカードでポイント3倍!】

・オートチャージでポイント3倍

・定期券を買ってポイント3倍

・Suicaチャージや切符を買ってもポイント3倍(JR東日本のみどりの窓口等でVIEWプラス対象商品をクレジット決済した場合です。一部カードは除きます。)



年会費は

本人会員:477円(税抜)

家族会員:477円(税抜
)


定期券購入や出張などでポイントが沢山貯まる人もいるようです。該当する方は検討の余地ありといえますね!

9・電子マネーSuicaを賢く使いこなそう!

電子マネーSuicaを賢く使いこなしましょう!

いかがでしたか?今まで何となく現金払いしていたけれど、結構な金額を使っているからもしかしてSuicaでポイントを貯めた方がおトクなのでは?と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。手続きも簡単なので参考にしてみてください。