クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

旅行のお金を節約するには宿が重要!安く泊まれる宿泊施設のまとめ!

旅行のお金を節約するには宿が重要!安く泊まれる宿泊施設のまとめ!

旅行のお金を節約するには宿が重要!お得に安く泊まれる宿泊施設のまとめ!

1.せっかくだからいい宿に泊まりたい!
2.安い宿に泊まれば節約できる!
3.宿泊費を上手に節約する方法
4.まとめ

夏休みや年末年始、ゴールデンウィークなど休みが取れるとどこか旅行に行きたくなりますよね。

家族が多いからあまり旅行に行けない、できるだけお金を使わずに旅行をしたい…そんな人必見です!安く泊まれる宿泊施設を選べば旅行の費用は大きく変わります!

1.せっかくだからいい宿に泊まりたい!

旅行のお金のなかで宿泊費が一番かかる?

Benesse教育情報サイトによると、旅行費(交通費と宿泊費の合計)にかけた金額は10万円以上から15万円未満の人が多いようです。



また宿泊費と交通費の内訳では、交通費は3万円未満という人が6割近くいる一方、宿泊費は10万円以上かけたと答えた人が約25%いたとのことです。



この結果から、せっかく旅行に行くなら交通費をおさえて少しでもいい宿に泊まりたいと思う人が多いのではないかと考えられます。




2.安い宿に泊まれば節約できる!

安い宿に泊まれば大きく節約できる!

旅行にかけるお金で宿泊費が一番かかるのであれば、宿泊費が安い宿に泊まれば旅行代を節約できることになります。



ただ、価格だけで選んだ宿が安かろう悪かろうだったでは困ります。学生時代であれば、安ければ雑魚寝でも構わないという人もいたと思いますが、社会人になり、家族や友人、恋人と旅行に行くのであれば立地がよくて綺麗なところがいいですよね。



そこで綺麗で安いというようなコストパフォーマンスのよい宿に宿泊する方法をいくつかご紹介します。




3.宿泊費を上手に節約する方法

宿泊費を上手に節約するにはどんな方法がある?

国民宿舎を利用する
国民宿舎は北海道から九州まで100カ所以上あり、自然公園や温泉地などに隣接していてとても立地がいい宿です。宿泊費は大人1人が1泊2食付きで1万円程度あれば泊まれるようです。

料理も地元の名産を使ったものが多く出され、源泉かけ流しの温泉付きの施設もあります。温泉がある宿では宿泊だけでなく日帰りの利用ができるところもあります。



利用にあたり会員などの登録の必要はなく、誰でも気軽に利用できることが大きなメリットです。

ユースホステルを利用する

ユースホステルは日本国内だけでなく海外にもある宿泊施設です。



バックパッカーなどがよく利用する施設ですが、家族や団体でも宿泊することができます。基本的には男女別の相部屋ですが、施設によっては個室や家族用の部屋を用意していることもあります。



比較的宿泊客が少なくこじんまりとしているのが特長です。談話室で宿泊客同士で会話やお酒を楽しむこともできます。海外の方がよく利用していますので、子供を連れて異文化交流をするということもできるかもしれません。



ユースホステルの会員になると会員料金で泊まれます。1泊素泊まりだと3,000円ほどです。料金は少し上がりますが会員にならなくても宿泊することはできます。

出身大学の宿泊施設を利用する

ゼミや研究室、サークルなどの合宿で大学の所有している宿泊施設を利用した人は多くいるのではないでしょうか。



このような施設は学校行事などと重なっていなければ、学生に限らず卒業生でも利用することはできます。施設によっては観光地に近いこともありますので、家族旅行で利用する人もいるようです。






費用は学校によってさまざまですが、1泊2食付きで6,000円程度で宿泊できるところもありとてもお得です。

会社や共済の福利厚生を利用する

会社の保養所や、福利厚生で宿泊施設が安く泊まれる制度があればぜひ活用しましょう。また公務員や教職員の共済の組合員になると提携の宿泊施設が安く利用できる制度もあります。



企業によっては保養所の代わりに会員制リゾートホテルの会員権を所有しているところもあります。全国各地に施設があり、高級感にあふれ落ち着いた雰囲気の設備にもかかわらず、1泊5,000円から宿泊ができます。



施設の利用については事前に総務など担当者へ申し出が必要です。利用希望者が複数いた場合には利用できないこともあるので確認をしておきましょう。

当日限定プランを利用する

当日の予約であれば通常の80%近く安く泊まれることもあります。当日宿泊プランはホテルのホームページや宿泊予約サイトに掲載されています。



ホテルの収入源は宿泊費です。そのためには空室をなくし、部屋の稼働率を上げる必要があります。安くてもいいから泊まってほしい、ということから格安な宿泊プランが出てくるのです。



しかしこのプランは毎日必ず出てくるとはいえませんし、希望する部屋が空いていないこともあります。

確実に宿を確保しておきたい人には向きませんが、旅行シーズンではない平日であれば宿泊できる可能性は高いように思われます。

4.まとめ

旅行のお金を節約する方法のまとめ。

旅行ではいろいろな費用がかかりますが、多くの人が宿泊費にお金をかけています。

節約のために宿泊費をおさえても、コストパフォーマンスのよい宿泊施設を利用すれば満足度の高い旅行にすることができると思います。

格安な宿泊施設を利用して家族や友人、恋人とお得で楽しい旅行をしましょう!