クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

クレジットカード分割払い初心者の方へ!絶対に覚えたい手数料の特徴とは?

更新日:

クレジットカード分割払い初心者の方へ!絶対に覚えたい手数料の特徴とは?

絶対に覚えたい!分割払い手数料の特徴をチェックしましょう♪

1.クレジットカードの分割払いとは?
2.絶対に覚えたい!分割払い手数料の知識
3.分割払い手数料は2回までが無料です!
4.まとめ

クレジットカードの支払い方法で「分割払い」を選ぶことってありませんか?

分割払い」は「一括払い」とは違って、商品代金を分割して支払いますが、支払い回数が多くなるにつれて多額の手数料が発生します。

消費者保護を目的として「分割払い」 には様々なルールが存在しています。

分割払いを選んで後悔しないように、分割払いの基礎知識は覚えておきましょう!

クレジットカードの分割払い手数料についてご紹介します!




1.クレジットカードの分割払いとは?

クレジットカードの分割払いについて基礎知識を持っておきましょう!

クレジットカードの分割払いを利用したことがある方は多いのではないでしょうか?

クレジットカードの「分割払い」は「一括払い」と違って、一回の取引で利用した金額を何回かに分けて、分割して支払う方法のことです。

自動車ローンや住宅ローンと同じように、お会計の際に分割払いを選ぶ事によって、決められた金額を毎月少しずつ返済をすることを「分割払い」と言います。

クレジットカードの分割払いについては、クレジットカードを発行している会社によって、指定可能な回数が決められていて、その中から自分が希望する支払い回数を選んで支払うことが出来ます。

つまり、一般的なクレジットカードでは、たとえ分割払いが可能だからといって、100回払いや1000回払いといった感じで選択することは出来ません。

分割払いで指定できる支払い回数は、大体9~12種類ほどの回数に分かれていて、このあらかじめ決められている支払い回数に関しては、自分で設定することが出来るというわけではありません。

例えば、一般的に7回払いや19回払いといった支払い回数は設定されておらず、自分が希望する支払い回数に近い回数を選ぶということになります。

分割払いとして、7回払いや19回払いを希望したい場合、一般的には6回払い(半年払い)や18回払い(一年半払い)24回払い(2年払い)といった支払い回数を選ぶことになります。




2.絶対に覚えたい!分割払い手数料の知識

クレジットカードの分割払い手数料について|絶対に覚えておきたい知識をご紹介します!

とても便利なクレジットカードの分割払いなのですが、分割で支払う事が出来る代わりに手数料が発生します。

この手数料ですが、カード会社によって異っているので、一概に手数料の金額はこれです。という金額は決まっていません。

どのカード会社も金利はほぼ同じ程度になっているので、手数料の高い、安いの違いはそれほどないものと考えておいて大丈夫です。

クレジットカードの分割払いに関する利息は「出資法」「利息制限法」「消費者保護法」といった法律で、消費者保護を目的として厳しく制限されています。

少し前に話題になりましたが、「過払金返還請求」という言葉・CM(コマーシャル)をご覧になったことはないでしょうか?

「過払金返還請求」とは、クレジットカードの分割払い、キャッシングなどで現金を貸している側が法律で定められた以上の利息を受け取っていた場合。借りていた側が違法とされる差額分を貸していた側に請求できるという制度です。

クレジットカードの利息設定については、貸主側(クレジットカード発行会社側)による解釈次第だとしても、厳格に決められた規制によって、現在は年間最大利率15%程度という利率を超えることはできないと定められています。

こういった理由があるので、分割払いの支払い手数料にそれほどこだわる必要はないと言えます。

また、分割払いを選択した場合でも3~6回程度までの支払い回数であれば、手数料はそれほど高くありません。




3.分割払い手数料は2回までが無料です!

分割払い手数料は2回までが無料の場合がほとんどです!上手に活用しましょう!

クレジットカードの分割払いについて、一般的に「一括払い」「2回払い」を選択した場合は無料となっています。

このため、分割払いを選んだ。といっても全ての分割払いで手数料がかかってしまうというわけではありません!

一括払いが厳しいというのであれば、2回払いにしておくだけで手数料の負担は発生せずに済みます。

他にも買い物内容の条件によって、分割手数料無料!といった広告もよく目にしますよね?この場合は「全ての分割手数料が無料」になるという場合もあります

また、クレジットカードの分割払いを選んだ場合でも、もしも後から臨時の給料やボーナスなどが入ってきて、返済をすることが出来るというのであれば、繰り上げ返済をすることが出来ます。

分割払いにも「均等払い」「リボルビング払い」といった選択肢がありますが、特に「リボルビング払い」を選択している場合は注意が必要です。

リボルビング払いとして支払っている金額を繰り上げ返済をすることによって、手数料などの金利負担が減りますので、なるべく早く返済をした方がお得になります。

4.まとめ

クレジットカード分割払い初心者の方は「分割払い手数料の特徴」を必ず覚えておきましょう!

クレジットカードの分割払い手数料は、カード発行会社によって若干異なっています。

しかし、最近では消費者保護を目的とした貸付利息に関する規制の強化によって、どの会社であっても同じような金利に統一されていますので、それほど気にする必要はありませんので安心できます。

また、一般的には分割払いを利用した場合でも「2回払い」を選んだ場合は、手数料が無料となっています。

クレジットカードを利用して、一括払い以外の支払い方法として分割払いを選ぶのであれば、2回払いで支払うことが利息も必要ないのでおすすめです♪

参照元:分割払い|クレジットカードの三井住友VISAカード|公式サイト
参照元:消費者契約法|消費者庁|公式サイト