クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

クレジットカードとnanacoを組み合わせると想像を超えるほどお得です!

更新日:

クレジットカードとnanacoを組み合わせると想像を超えるほどお得です!

クレジットカードとnanacoを組み合わせると想像を超えるほどお得です!

1.電子マネーnanacoとは?
2.クレジットカードからnanacoへのチャージがお得
3.nanacoで税金を支払ってみよう!
4.まとめ

電子マネーnanacoが新聞や雑誌で取り上げられているのはご存知でしたか?

クレジットカードと電子マネー【nanaco】の組み合わせが注目を集めています!今からでも遅くない、誰でも実践できるお得なnanaco活用法をまとめました!

1.電子マネーnanacoとは?

電子マネーnanacoとは?

電子マネー【nanaco】とは、セブン&iホールディングスが提供する、プリペイド型電子マネーです。セブン&iグループの利用で100円につき1ポイント付与されるほか、ボーナスポイント付きの商品購入でポイントが付与されます。



また、電子マネーでは珍しく、セブンイレブンにて公共料金などの代行収納の支払いにも利用が可能(決済時のポイント付与なし)なことが特徴です。

プリペイド型電子マネーとは利用する前に事前に現金、クレジットカードなどから入金を行うことで、決済時には電子マネーのリーダーにかざすだけで決済が終わる電子マネーのことです。



プリペイド型電子マネーはチャージと利用のタイミングでポイント付与が行われることから、非常にお得な電子マネーとして注目を集めています。

電子マネー|nanaco
参照元:nanaco(2018年末調べ)





2.クレジットカードからnanacoへのチャージがお得

クレジットカードからnanacoへのチャージがお得です!

現金でチャージしてもnanacoはお得な電子マネーではありますが、もっとポイントを増やしたいのであれば、クレジットカードからnanacoへのチャージがおすすめです。



クレジットカードからチャージをすることで、カードのポイント+nanaco利用でのポイントを二重取りすることが出来ます。nanacoへのチャージ可能クレジットカードは公式サイトに記載されていますので、そちらもご確認ください。
電子マネー nanaco 【公式サイト】 | ご登録いただけるクレジットカード
参照元:nanaco(2018年末調べ)

▼【クレジットカードからのチャージの注意点

注意点としては、チャージでポイントが付与されないカードもあること(カード会社の公式サイトに告知されていることが多いです)と、ポイントが付くカードでも、クレジットカード会社のさじ加減でいつでもnanacoチャージのポイント付与が終了になる可能性があることです。



大手のリクルートが発行していた【リクルートカードプラス】もnanacoチャージで2%ポイント付与の超還元カードでしたが、2016年9月よりポイント付与を停止する告知が発表されました。
リクルートカード|【重要なお知らせ】リクルートカードプラスにおけるポイント加算対象の改定について
参照元:リクルートカードプラス(2018年末調べ)

▼【nanacoを利用して還元率の底上げをする

それではnanacoチャージに対するポイント付与をカード会社の公式サイトで認めている【リクルートカード】を例にあげてみます。



ちなみにですが、リクルートカードとは別の、リクルートカードプラスは公式にnanacoチャージでポイント付与を終了する告知が出ていますが、別カードですのでご注意ください。



●例:リクルートカードJCBからnanacoに1万円チャージして、1万円の買い物をした場合


リクルートカードJCBからのチャージでリクルートポイントが120ポイント+nanaco利用でnanacoポイントが100ポイント=220円分のポイント獲得!(リクルートカードJCB(還元率1.2%)+nanacoの利用ポイント1%=2.2%還元)



リクルートポイントはPontaポイントに等価交換できるため、Pontaに変えてもよし、リクルート系列のお店で利用するもよし、どちらでもOKです。



知っているか知らないかで、同じ買い物でも2.2%も値段が変わってしまうともいえます。これは使わない手はありませんよね。


リクルートカード(VISA・JCB)詳細|リクルートカード(Recruit Card)
参照元:リクルートカード(2018年末調べ)





3.nanacoで税金を支払ってみよう!

nanacoで税金を支払ってみよう!

nanacoが大注目されるようになった要員に、クレジットチャージの開放と、収納代行の支払いで利用できるようになったことがあげられます。では収納代行の注意点を確認しましょう。



【注意点】


・事前にクレジットカードでチャージを行っておくこと


・コンビニで支払える払込票であること(納付期限が守られていて、バーコード付きでないとコンビニでは読み取れません!)


・払込金額が5万円以内であること(条件ありで最大25万円まで可)



この3点が守れていれば大丈夫です。普通にレジに持って行って、お会計をしてもらってください。



バーコードを店員さんが読み取ったら、音声アナウンスで「お支払いは現金かnanacoのみになります」と言ってくれます。あとはnanacoをかざすだけでおしまいです!



ちなみに、nanacoは最大5回まで一回の会計で使うことが出来ます。nanacoチャージの上限が5万円までとなっていますので、nanacoカードを5枚クレジットカードチャージ済みのものを用意するか、モバイルnanacoで都度チャージすれば最大25万円まではnanacoで支払えます。

電子マネー nanaco 【公式サイト】 | nanacoで買い物をするには?
参照元:nanaco(2018年末調べ)

▼【nanacoポイントの使い道

貯めたnanacoポイントは1ポイント1円として、nanacoにチャージして受け取ることができます。そのままnanacoの残高にチャージされる形なので、使いやすく、ポイントを失効しにくいのがポイントです。



また、レートが半分になってしまいますが、提携先のANAマイルに交換することも可能です。

電子マネー nanaco 【公式サイト】|ポイントの貯め方/使い方
参照元:nanaco(2018年末調べ)

4.まとめ

クレジットカードとnanacoを組み合わせる!

電子マネーnanacoのまとめはいかがでしたでしょうか?せっかく使うならポイントを貰ってお得に生活したいですね!



ポイントの有効期限を気にされる方もいらっしゃるかと思いますが、nanacoのポイントはnanacoにチャージすることで電子マネーとして利用できるので、失効しにくいポイントなのもうれしいですね!

毎年の納税も、nanacoで得しちゃいましょう!