クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

SMART ICOCAって便利?〜メリット・デメリット〜

SMART ICOCAって便利?〜メリット・デメリット〜

1.「ICOCA」とは?
2.「SMART ICOCA」とは?
3.SMART ICOCAのメリット
4.SMART ICOCAのデメリット
5.SMART ICOCA定期券
6.まとめ

交通機関の利用、お買い物に便利なICカード「ICOCA」と、さらに便利な「SMART ICOCA」についてご紹介します!

1.「ICOCA」とは?

ICOCAとはJRに西日本が発行する、電子マネー機能が付いたプリペイド式の乗車ICカードのことです。

Suicaなどは全国的にも有名で知っている人も多いと思いますが、SuicaはJR東日本が発行している乗車ICカードで、ICOCAはJR西日本が発行しているものです。

ICOCAやSuicaの他に、JR北海道のKitakaやJR九州のSOGOKA、東京メトロなどの関東私鉄のPASMOなど、似たようなカードがありますね。

出来る機能などはSuicaと殆ど同じで、乗車券としても使えますし、コンビニをはじめとしたICOCAに対応している店舗での電子マネーとしても使えます。

またSuicaやKitaka、SOGOKAなどとも相互利用ができるようになったので、それらに対応している店舗でも使うことができるので、全国の交通期間やお店で使うことができます。

使い方は簡単で、乗車券として使う場合、駅のホームの自動販売機やチャージ機、またはコンビニなどICOCAにお金をチャージします。乗車する駅の改札や、バスのカードリーダーにかざし「ピッ」という電子音がすればOKです。

降車する時も同様にカードリーダーにかざします。自動的に運賃を計算して残高から運賃が支払われます。降車時にもカードの読み取りを忘れない様にしましょう。

買い物で使う場合は、店員にICOCAでも支払いを伝え、カードリーダーにかざすだけです。

コンビニでチャージする場合は「ICOCAのチャージをお願いします」と伝えて、金額を指定し、店員の指示のとおりカードリーダーにかざして読み取るだけです。




2.「SMART ICOCA」とは?

とても便利なICOCAですが、さらに便利な「SMART ICOCA」というのを知っているでしょうか?

SMART ICOCAはクレジットカードでのチャージが可能で、より素早く簡単にチャージができるようになったカードです。

ICOCAはプリペイド式の電子マネーですので、チャージが必要です。チャージはチャージ機でもコンビニでも現金でしかすることができません。

クレジットカードで素早いチャージができるだけでなく、ポイントを貯めたり、Webで利用明細を確認することができる機能なども付属されています。

3.SMART ICOCAのメリット

1・チャージが素早い

クレジットカードでチャージできると言っても「結局現金を出すかクレジットカードを出すかの違いだけで、そこまで変わらないじゃなか」と感じてしまいますが、そうではありません。

SMART ICOCAは予めクレジットカード情報を登録しておくので、チャージ機ではクレジットカードを読み込ませる必要がなく、ワンタッチでチャージすることができるのです。

ICOCAカードを読み込ませて、チャージを選択するだけですので、かなり時短でチャージが可能です。

2・Web利用明細を確認できる

「あれ?なんでこんなに残高が少ないんだ?」と感じた時や、「1ヶ月にどのくらい利用しているのだろう?」と感じた時など、利用明細を確認したくなる時がありますよね。

ICOCAでも利用明細は確認できます。ICOCAで利用明細を確認する場合は駅ホームの自動券売機で利用明細書を発行して行うことができます。

SMART ICOCAでは、さらにWebから利用明細を確認することができます。SMART ICOCA発行時に会員登録しますので、その会員ページにログインをすれば確認することができます。

またその会員ページではクレジットカードの変更やポイントの確認なども可能です。

3・j-westポイントが付く

j−westポイントとはJR西日本のポイントで、貯まれば1ポイント1円としてSMART ICOCAにチャージできます。またポイントを使ってJR西日本が提供する商品などと交換することもできます。

乗車料金として200円につき1ポイントが貯まります。ポイント還元率も悪くないのでたくさん利用する人には結構お得なポイントだと思います。

またイトーヨーカドーなど一部の店舗では買い物にSMART ICOCAを使ってもj−westポイントが貯まります。




4.SMART ICOCAのデメリット

1・自動券売機で購入できない

ICOCAは駅ホームにある自動券売機で簡単に購入できることも魅力です。わざわざ申込書に記入することもなく、手間もかからない気軽に発行できます。

SMART ICOCAではクレジットカードを登録しなくてはいけないので、自動券売機での発行はできません。Webから申し込むか、申込書を郵送して申し込むことになります。そして郵送などするので、発行までに時間がかかるのもデメリットです。

2・オートチャージがない

クレジットカードも登録しているのだから、残高がなくなればオートチャージがされても良さそうなものですが、SMART ICOCAにオートチャージの機能はありません。

残高がなくなれば自動券売機やコンビニなどでチャージしなくてはなりません。

使用して残高不足になった時でもオートチャージはされずチャージしなくてはなりませんので注意が必要です。チャージが簡単になった分忘れずがちになるので、より注意が必要ですね。

3・コンビニでは現金

コンビニではSMART ICOCAでも現金での支払いしかできません。登録してあるクレジットカードでも、その時所持しているクレジットカードでも使うことはできません。現金を持たない主義の人は注意が必要ですね。

4・紛失した時の危険

ICOCAのカード自体は0円で購入することができます。500円のデポジットを支払いますが、カードを返却すれば500円も返却されます。

紛失したとしてもデポジットの500円とチャージした金額がなくなるだけです。チャージした金額が大きければ痛い損失になりますが、それでもたかが知れています。

SMART ICOCAでは、簡単にチャージすることができるメリットがある反面、他人でも簡単に登録したクレジットカードでチャージすることが可能なのです。

すぐに気がついて使用を停止すれば問題ないのですが、気づくのが遅れて使われてしまう可能性があります。使用停止前の損害については保証されないことになっているので、悪用されてしまうと大きい損害が出てしまう可能性があります。

しかし逆にメリットもあり、ICOCAでは紛失したとしたら、再発行はできないので、チャージした金額が帰ってくることはありません。

しかしSMART ICOCAは再発行が可能です。

Webから利用明細を確認できるように利用情報が保存されているので、悪用されていない限りチャージした分もそのまま使うことができます。ただ再発行手数料はかかります。

なんにせよ、SMART ICOCAを紛失した時は、すぐにJR西日本に連絡して使用停止を申請するのが大切です。




5.SMART ICOCA定期券

ICOCAにも定期券はあります。通勤や通学に使う人なら主にICOCA定期券の利用になるのではないでしょうか。

ICOCAの定期券は普通のICOCAをICOCA定期券にすることができます。電子マネーの機能などもそのままで定期券での機能が付いたカードになります。

SMART ICOCA定期券もあり、これも普通のSMART ICOCAから変更することができます。自動券売機から定期券に変更することができるのですでにSMART ICOCAを使用している人は簡単にできます。

6.まとめ

電子マネーICカードICOCAの、クレジットカードチャージが可能になったSMART ICOCAを解説しました。クレジットカードを登録しておいて、ワンタッチでのチャージが可能です。

さらにチャージが素早くできるだけでなく、ポイントと貯めたり、Webで利用明細を確認できたりと、普通のICOCAにはない機能もあり便利なカードです。ただ紛失にだけは注意しましょう!