クレジットカードをつくる.jp

口座引き落としに遅れた時の対処方法を教えます♪

口座引き落としに間に合わなかった場合の対処方法!

一般的な銀行が「引き落とし処理」をする時間は、午前7~8時頃と言われています。

金融機関などによって、正確な引き落としのタイミングは若干異なります。

引き落とし出来なかった場合、再引き落としの時間はどうなっているのでしょうか?




1.引き落とし日に入金できなかった場合

クレジットカードの支払いはカード会社ごとに「支払い日」や「締め日」が異なりますが、毎月決まった日に引き落としが行われます。

そのため、前日までに引き落とし口座に入金をしておかないと、自動引き落としに間に合わなくなってしまいますね?

万が一、銀行口座の残高不足によって支払いができなかった場合、返済の遅延・滞納として、「個人信用情報機関」にネガティブな情報が登録されてしまい、以降のカード審査に
大きな影響を及ぼしてしまいます。

そのためには、何とかして支払いの延滞や遅れを回避する必要があります!

引き落とし日の当日になって、銀行口座に引き落とし分の金額を入金する人も多いかもしれませんが、銀行が引き落とし処理をする時間になっても口座に残高がなければエラーとして処理されてしまいます。

この引き落としのタイミングというのは何時何分に行われるのか?正確な時間は誰にも把握することができません

銀行の中には当日の深夜に引き落としを行う場合もありますから、朝一番で入金をしたからといって正常に引き落としがされるかはわかりません。

銀行によっては1日に数回引き落としを行う場合があります。この場合、万が一1回目の引き落としに間に合わなかった場合でも、再引き落としによって当日中の支払いが可能となります。

ただし、銀行ごとに引き落とし処理のタイミングは異なりますから、当日の入金はリスクが高いと言えます。

もし前日までに口座へ入金できなかった場合、カード会社に連絡をして指定の口座に直接振り込むことで、引き落としの不履行を防ぐことができます!

2.カード会社には連絡しましょう!

万が一前日までに入金ができない場合、カード会社に連絡することが重要です。

カード会社によっては1週間後に再引き落としを行う場合もありますし、指定の口座に直接振込を行えば延滞とならない場合がありますから、必ず連絡をするようにしましょう!

逆にカード会社に一切連絡をせずに放置してしまうと、支払いの意思がないと思われて、信用を著しく低下させてしまいます。

場合によっては個人信用情報機構にネガティブな情報(ブラックリスト)を登録されてしまい、以降のカードを利用できなかったり、新たにカードを作れなくなってしまいますから注意しましょう。




3.たった一度の遅れが命取りに・・

一度や二度、支払いが遅れても問題ないと思っている人も多いかもしれませんが、クレジットカードの支払いの遅れ、延滞は非常に怖いことなんです。

なぜなら、個人信用情報機関(ブラックリスト)に記録されてしまいます。

個人信用情報機関に記録された情報は、銀行やカード会社がいつでも閲覧することができますから、支払いの遅れがあると以降のクレジットカードやカードローンを全く利用できなくなる場合もあります。

この点は本当に注意したいポイントです。

4.口座引き落としの仕組みとメリット

「口座引き落とし」は、様々な料金の支払方法として広く利用されている決済方法です!

主に公共料金やクレジットカードの代金、住宅ローンなどの支払いで使われている方法で、振込を忘れる心配もありませんから、利用者にも事業者にもメリットが大きい支払い方法です。

口座引き落としは、利用者があらかじめ指定した銀行口座から、指定期日に自動的に料金が引き落とされる決済方法で、手数料がかからないことが一般的です。

メリットとしては、支払いのために銀行の窓口やATMに出向く必要がありませんし、正しい入金先に正しい金額が自動で引き落とされるため、入金ミスが起こりません。

事業者にとっても未払いのリスクを軽減させることができますし、自動で口座引き落としが完了することで、利用継続率の向上にもつながります。

また、振込で集金をする場合、振込用紙を印刷したり、入金確認の業務が多くなってしまいますが、一括で自動入金される口座引き落としであれば、人件費のコスト削減にもつながります。

5.公共料金の支払いについて

電気代や水道代、ガス代などの水道光熱費、公共料金は毎月必ず支払う必要がありますね!

ほとんどの場合、自動で支払いが完了する口座振替やクレジットカード払いを選択していると思いますが、支払いの方法を工夫することによって、年間で数千円の節約を行うことができます。

電気代やガス代などを口座振替にすれば、請求書を発行するコストを削減することができますから、月々割引してくれるサービスを実施している会社も少なくありません。

クレジットカード払いの場合には、毎月請求される固定費にポイントが付与されることになるので、口座振替の定額割引よりもお得な割引になることも少なくありません。

割引の金額などは契約している事業者によって異なりますから、事前に確認しておくようにしましょう!




6.まとめ

銀行の口座引き落とし時間と再引き落としの時間を確認しておきましょう!

水道光熱費や公共料金の支払い方法を見直すことで、毎月の固定支出を節約することができます!

毎月の節約は数十円かもしれませんが、年単位でみると数千円の節約にもつながりますから、よく検討してみましょう。