クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

ダイナースクラブは孤高のステータス!最高の存在感の理由を徹底解説!

ダイナースクラブは孤高のステータス!最高の存在感の理由を徹底解説!

【ダイナースクラブカード】の種類と特徴を解説します!

1.ダイナースクラブカードとは?
2.提携先は一流企業!主な種類!
3.豊富な特典!最高級のおもてなし
4.ダイナースクラブカードの付帯保険
5.マイル交換がお得なポイントプログラム
6.ダイナースクラブカードのまとめ

国際ブランドにはVISAやMasterCard・JCB・アメックスなどがありますが、その中でもキラリと光る特別な魅力を放つ『ダイナースグラブカード』はご存知ですか?

世界中で利用することができる『ダイナースクラブカード』の魅力を紹介していきます。

1.ダイナースクラブカードとは?

ダイナースクラブカードとは?どんなカード?

ダイナースクラブカードとは、世界で初めて誕生したクレジットカードです。富裕層がターゲットにされているため、そのステータスは世界が認めるものとなっています。ダイナースクラブカードは、他社のプレミアムカードに匹敵するものです。

魅力が満載のメリット

ダイナースクラブカードはカード会員に対しての信頼も厚いため、カード利用限度額はBMWをカードの一括払いで購入できるほどであり制限がありません。

制限がないと言っても、会員ごとに設定はされていますが、例えば5,000万円といった利用限度額になっているそうで、これはもう制限がないと言ってもおかしくないという意味なのです。



ダイナースクラブ会員というだけで、社会的信用が得られるものとなっており、非常にクオリティの高いクレジットカードで、まさに特別な1枚と言えるでしょう。




2.提携先は一流企業!主な種類を解説!

提携先は一流企業!主な種類を解説します。

ダイナースクラブカードのすごいところは、提携先が超一流の企業に限定されているところです。また、提携先の企業でカードが発行されているわけではなく、カードの発行はすべて自社で行われています。では、ダイナースクラブカードの主な種類をみてみましょう。

ダイナースクラブカードと言えば

ダイナースクラブカード

初めの1枚は、基本の『ダイナースクラブカード』です。年会費は22,000円(税抜)となっており、ダイナースクラブ会員に提供されているサービスを利用できるものとなっています。

ダイナースクラブビジネスカード

会社の役員や個人事業主などをターゲットにしている、ビジネス向けのカードです。年会費は27,000円(税抜)となっており、経費の決済に使用してもポイントが貯まります。また、ビジネス向けのサービスも充実しています。

マイルを貯める航空会社カード!

効率的にマイルを貯めたいなら、航空会社の提携カードがおすすめです。よく利用する航空会社を選べば、どんどんマイルが貯まりますし、さらに航空会社ごとのサービスが受けられます。




ANAダイナースカード

ANAやスターアライアンス加盟航空会社のフライトや、普段のカード使いでマイルを貯める方におすすめです。ANAやスターアライアンス加盟航空会社が提携しているダイナースカードで、年会費は27,000円(税抜)となっています。ANAで搭乗するたびにボーナスマイルがもらえたり、国際線のエコノミー利用であってもビジネスクラスの専用カウンターが利用できたりと、特別なサービスも備えています。

デルタスカイマイルダイナースクラブカード

デルタ航空、スカイチーム加盟航空会社、スカイマイル提携航空会社のフライトでマイルが貯まる。こちらは、年会費が28,000円(税抜)となっていますが、100円で1.5マイルと高還元であり、またボーナスマイルなどのキャンペーンも充実しているので、コストパフォーマンスが良いカードです。

JALダイナースカード

JAL便でフライトに、ビックボーナスマイルや日常のカード利用でもマイルがどんどん貯まる。JALカードの中でも最上級のカードとなっており、年会費は28,000円(税抜)です。ボーナスマイルが貯まるほかに、JALカードでの割引なども利用できます。
出典: www.diners.co.jp
JALカードの中でも最上級のカードとなっており、年会費は28,000円(税抜)です。ボーナスマイルが貯まるほかに、JALカードでの割引なども利用できます。

MileagePlusダイナースクラブカード

ユナイテッド航空のフライト、スターアライアンス加盟航空会社のフライトでマイルが貯まる。
出典: www.diners.co.jp
MileagePlusダイナースクラブカードの年会費は28,000円(税抜)ですが、MileagePlusダイナースクラブファーストというカードもあり、こちらの年会費は43,000円(税抜)となっており、ポイントも100円につき1.5マイル、海外での使用で100円につき2マイルと、マイルの還元率が高くなっています。




特別なサービスを求めるなら!

銀座ダイナースクラブカード

多くの特約店での優待やダブルポイント。新しい銀座ライフをご提案します。
出典: www.diners.co.jp
銀座ダイナースクラブカードは、サービスはそのまま利用でき、さらに銀座における特約店などで優待サービスなどが受けられます。年会費は25,000円(税抜)となっています。

BMWダイナースカード

BMWディーラーでのポイント充当や、オリジナルグッズ、空港パーキングのご優待をご用意。
出典: www.diners.co.jp
BMWのオーナー向けサービスがあるカードで、年間のカード利用金額によりBMWのオリジナルグッズのプレゼントなどがもらえるなどといったサービスがあり、年会費は25,000円(税抜)となっています。
カードラインナップ|ダイナースクラブカード 日本で最初のクレジットカード
参照元:ダイナースクラブカード(2018年末調べ)
ダイナースクラブのカードラインナップをご紹介。提携カードや追加カードの説明など、クレジットカードのダイナースクラブカードの詳細を掲載します。

ブラックカード・プレミアムカード

ダイナースのブラックカードといえば、『ダイナースプレミアムカード』です。その年会費は130,000円と高額なのですが、ポイントが200円につき1ポイントとなっていますし、さらに、豪華な特典もついており、130,000円以上のサービスを受けることができる内容となっているようです。



取得するためには招待制となっていますので、選ばれた人のみが持つことができる、ハードルの高いカードです。
ダイナースクラブ|プレミアムカード
参照元:ダイナースクラブカード(2018年末調べ)





3.豊富な特典!最高級のおもてなし

豊富な特典!最高級のおもてなしがあります。

ダイナースクラブカードの豊富な特典についてみていきましょう。

グローバルマイレージ

グローバルマイレージでは、貯まったマイルを1000ポイントにつき1000マイルで各航空会社のマイレージに交換が可能なサービスです。


世界の主要航空会社が、ダイナースグローバルマイレージプログラムに参加しています。
国内・海外へのご旅行などにご活用ください。



参加航空会社/
フリークエント・フライヤー・プログラム名の一覧


・全日本空輸/ANAマイレージクラブ

・アリタリア-イタリア航空/クラブ・ミッレミリア

・大韓航空/スカイパス

・デルタ航空/デルタスカイマイル

・ユナイテッド航空/マイレージ プラス
出典: rewards.sumitclub.jp

グローバルマイレージに参加するには、年間6,000円(税抜)の参加料が必要となります。

空港ラウンジは国内外で600カ所以上

ダイナースクラブカードでは、国内・海外に600カ所以上ある空港ラウンジを無料で利用することができます。出発前のひと時を、静かにゆったりと過ごすことができますね。また、ラウンジ利用だけでなく、その他にもさまざまなサービスが用意されています。

手荷物宅配サービス
海外からご帰国の際に、手荷物1点をご指定の場所へお届けします。



空港送迎タクシー・サービス


タクシー1台の送迎サービスを片道分優遇でご案内します。






JALエービーシーご優待


(空港宅配・レンタル携帯電話・海外レンタルWi-Fi・手荷物一時預かり)
海外旅行時にご利用いただける各種サービスを、優待料金でご案内します。



空港特急列車サービス


海外旅行の際、対象空港までのJR、または私鉄特急列車を指定区間内で2区間分までご用意します。


●
空港パーキングサービス


対象空港近隣の指定パーキングを、ご旅行期間中無料でご利用いただけます。



サンパーキング優待


サンパーキング対象店の通常駐車料金より30%OFFでご利用いただけます。


●
空港前泊ホテルサービス


海外旅行の際、ご出発の前日に指定ホテルのお部屋を1部屋ご用意いたします。
出典: www.diners.co.jp
どれも、細かなところまで行き届いたサービスですね。




厳選ホテルでの宿泊優待

ダイナースクラブ会員は、国内・海外での厳選された一流ホテルや旅館などに、優待割引で利用することができます。もちろん、優待サービスもありますし、スイートルームの優待割引などが利用できるホテルもあります。

Hotels.com

会員特別優待
世界最大級の宿泊サイトHotels.comで、合計室料から8%ご優待。



リーダーズクラブ特別入会優待


通常価格の半額で“リーダーズクラブ メンバーシップ”のメンバーに。



スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールドメンバーシップ優待


ラグジュアリーホテルのメンバーシップをダイナースクラブ会員の皆様に。



一休.comプレミアサービス特別キャンペーン


一休プレミアサービスの「プラチナ会員」のサービスをダイナースクラブ会員の皆様に。(お一人様1回限り)
出典: www.diners.co.jp
トラベル|ダイナースクラブカード 日本で最初のクレジットカード
参照元:ダイナースクラブカード(2018年末調べ)

高級レストランや料亭の利用サービス

ダイナースクラブ会員は、高級レストランや料亭などの対象店で割引特典を受けられるほかに、そのサービスも充実しています。



例えば、サインレススタイル。食事を終えた後に、カード決済をするのが普通ですが、専用デスクに予約をしておくことで、カード決済をする必要がなく、スマートに食事を終えて店を後にすることができます。会計の気遣いをさせない心配りができるサービスなのです。当日、花束などの演出もお願いできるそうです。素敵ですね。



他にも、提携先のレストランで2名以上の予約で1名分が無料になるサービスや、おもてなしプランとして、こだわりの料理が楽しめたり、また、高級料亭などの予約をダイナースクラブデスクが代行で予約をしてくれたりなどの、さまざまな特典が用意されています。

エグゼクティブ ダイニング


1名様分のコースをご優待します。

6名様以上なら2名様分の料金が無料になるグループプランもご用意しています。



おもてなしプラン


シェフやオーナーが心をこめてご用意するその店ならではの“おもてなし”が、忘れがたいダイニング体験をお約束します。

店舗ごとに様々な優待をご用意しております。






●料亭プラン


通常は予約が難しい高級料亭をダイナースクラブが会員様に代わってご予約。

心づかいが行き届いた特別な空間をお楽しみいただけます。



フレンチ界の天才と称されるアラン・デュカス氏が率いるグループ・アラン・デュカスとのパートナーシップにより、今年も様ざまなイベントや優待サービスをご用意しています。



●ナイト イン 銀座


銀座のバーやクラブにもっと気軽に親しんでいただくためのプランです。優待サービスをご用意し、皆様のご来店をお待ちしております。
出典: www.diners.co.jp
グルメ|ダイナースクラブカード 日本で最初のクレジットカード
参照元:ダイナースクラブカード(2018年末調べ)

その他の特典サービス

まだまだあります。例えば、コナミスポーツクラブの優待特典、また名門ゴルフ場の優待予約、カンフェティチケットサービスとして公演の優待予約など、ダイナースクラブ会員ならではのサービスが豊富に用意されています。
エンタテイメント|ダイナースクラブカード 日本で最初のクレジットカード
参照元:ダイナースクラブカード(2018年末調べ)
ゴルフ|ダイナースクラブカード 日本で最初のクレジットカード
参照元:ダイナースクラブカード(2018年末調べ)

新規会員向けのキャンペーン

ダイナースクラブカードを初めて持つ人を対象としたキャンペーンでは、オリジナルのマイサインキットのプレゼント、もしくは15,000ポイントのプレゼントが選べます。これは2017年1月31日までの期限となっており、また、入会後3か月以内の利用金額が30万円以上という条件も付いています。



その他にも、会員向けのキャンペーンはたくさん用意されており、利用するのが楽しくなりそうですね。キャンペーンは期間が限定されていますので、最新情報は下記リンクから確認をしてください。
キャンペーン|ダイナースクラブカード 日本で最初のクレジットカード
参照元:ダイナースクラブカード(2018年末調べ)





4.充実したダイナースクラブカードの付帯保険

充実したダイナースクラブカードの付帯保険を見てみましょう。

ダイナースクラブカードでは、付帯されている保険も充実しています。それぞれの詳細を確認していきましょう。

海外旅行保険

海外旅行保険は基本的に自動付帯となっていますが、死亡・後遺障害の補償のみ利用付帯の部分も含まれています。



・傷害死亡や後遺障害:1億円(ただし旅費などについてカード決済の利用がなかった場合には5,000万円となる)

・ケガや病気による治療補償:300万円

・損害賠償補償:1億円

・携行品の損害:50万円

・救援者費用:300万円~400万円(カードの種類による)
海外旅行保険|ダイナースクラブカード 日本で最初のクレジットカード
参照元:ダイナースクラブカード(2018年末調べ)

国内旅行保険

国内傷害旅行保険は、すべて利用付帯となっており、交通費や宿泊費などの支払いをダイナースクラブカードでした場合に補償がされます。また、傷害保険ですので、疾病などによる死亡や入院などについては補償されません。



・死亡や後遺障害:1億円

・入院補償:日額5,000円~10,000円(カードの種類により異なる)

・手術補償:5万円~40万円(カードの種類、または手術により異なる)

・通院補償:日額3,000円
国内旅行傷害保険|ダイナースクラブカード 日本で最初のクレジットカード
参照元:ダイナースクラブカード(2018年末調べ)

ショッピング保険

ダイナースクラブカードのショッピング保険では、カードを利用して購入した商品が壊れてしまった・盗難に遭ってしまったなどの偶然の事故による損害があった場合に、購入日から90日間、年間500万円を限度として補償がされます。(自己負担は10,000円)

これは、海外で購入した商品についても、またプレゼントした商品についても補償対象となっています。
ショッピング・リカバリー(動産総合保険)|ダイナースクラブカード 日本で最初のクレジットカード
参照元:ダイナースクラブカード(2018年末調べ)





5.マイル交換がお得なポイントプログラム

マイル交換がお得なポイントプログラムを見てみましょう。

ダイナースクラブカードのポイントプログラムは、リワードポイントとして、利用金額が100円につき1ポイントがもらえます。ポイント交換については、マイル交換が一番のおすすめです。

マイルのポイント還元率が高い

ダイナースクラブカードの通常のポイント還元率については、平均0.4%となっており、まずまずの還元率ですが、ANAのマイルに交換では、1000ポイントが1000マイルに交換ができ、その還元率は1.0%となります。この高還元はなかなかありませんね。ANAマイル交換が一番のおすすめになります。

付与ポイントは有効期限がない

さらに、ポイントについては有効期限がないため、安心して貯めていくことができます。たくさん貯めてマイルに交換することや、その他の商品などに交換も可能です。

その他のポイント交換

ANAマイルへの交換が一番のおすすめではありますが、その他のポイント交換ももちろんできます。例えば、iTunesカードへの交換は、12,000ポイントで5,000円分と交換ができますし、楽天スーパーポイント・Amazonギフト券・スターバックスカードへのチャージ・伊勢丹や三越・高島屋の商品券と交換、キャッシュバックなども可能です。



もちろん、ポイントはさまざまな商品との交換もできますので、いろいろな使い道があってうれしいですね。
ダイナースクラブ|リワードプログラム-ホーム
参照元:ダイナースクラブカード(2018年末調べ)





6.ダイナースクラブカードのまとめ

ダイナースクラブカードのまとめです。

いかがでしたか?ダイナースクラブカードは、富裕層をターゲットにしているクレジットカードで、持っているだけで社会的信用が得られる憧れのカードです。カード利用の限度額がないという点でも、そのステータスの高さがわかりますね。



もちろん、ダイナースクラブカードに付帯されているサービスは、圧倒的なものがあり、豪華で充実したものとなっています。一般カードでのプラチナ級のサービスは、他に引けを取らない素晴らしいものです。さらにその上をいく、ブラックカードの「プレミアムカード」は、招待制で選ばれた人が手にできるカードです。



年会費は高額となっていますが、それ以上のサービスが用意されていますので、年会費など気にすることはないのでしょう。だからこそ誰でも持つことができるわけではない「ダイナースクラブカード」、いつかは手にしてみたい憧れのクレジットカードですね。