クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

クレジットカードの磁気が読み取れない!意外と多いトラブルの対処法は?

更新日:

クレジットカードの磁気が読み取れない!意外と多いトラブルの対処法は?

クレジットカードの磁気が読み取れない!意外と多いトラブル対処法について。

1.クレジットカードの磁気について
2.クレジットカードが使えなくなる原因
3.再発行の依頼をする前に
4.磁気不良になったら再発行するしかない?
5.まとめ

クレジットカードを使おうとしたら、理由がわからずに使えなくなっている場合もあるようです。

思い当たる部分はあるけれどなぜだろう?

利用できなくなる理由、そういったトラブルが起きた場合の対処法をまとめてみました。

1.クレジットカードの磁気について

クレジットカードの磁気についての疑問

買い物をして、いざ店頭でクレジットカードを利用しようとしたけど、昨日まで利用できていたカードが突然使えなくなったという人も多いようです。

延滞もしていないし、利用限度額にも余裕があるはずなんだけど、なぜ使えないのか?

理由が分からずに困ってしまうこともあるでしょう。



そんな時は磁気の不良、ICチップの不良、店頭のカードリーダーが故障、通信障害が発生していることなどが考えられます。




店頭のカードリーダーが故障している場合は、別のキャッシュカードも利用できませんので、普段利用しないカードを試しに使ってみるという対策もあります。



それでも使えない場合は、財布などに保管しているカードのほとんどが使えなくなっているかもしれませんよ。

また、ICチップが付いているものが使えなくなった場合は、暗証番号の取引ではなくサインでの取引に切り替えて利用させてもらえると利用することが可能です。


また、逆にICチップを使えないところでクレジットカードを利用した場合は、ICチップが使えるお店でクレジットカードを利用してみましょう。

その時に、利用できれば磁気が故障していることになります。

なお、自分で磁気を確認するには専用の機械が必要なので簡単にはチェックできず、お勧めはできません。




2.クレジットカードが使えなくなる原因

クレジットカードが使えなくなる原因とは?

金融機関のキャッシュカードを作成する部署で勤めている方の話によると、カードの利用ができなくなる原因は、そのほとんどがスマホなどの携帯電話が理由による故障だそうです。

その次に多いのが、カードにキズがついているという理由なのですが、カードに多少の傷が付いてたとしても、表面は強度の高いコーティングがされています。

かなり深いキズ以外ではクレジットカードの故障はなかなかしないというのが実状です。



細かなキズは目に見えるだけで、磁気テープの部分までキズが達していないことが多く、カードについた傷が原因で磁気不良になるケースは稀です。

一方でスマホが発信する電波は思っている以上に強く、カードのうえにスマホを置いて、メールを受信すると簡単にカードが壊れる場合があります。



また、カードが熱により変形して使えないという状態もあります。ただし、これは目に見えて分かると思いますので、突然使えなくなるという部類には該当しないでしょう。

最近のスマホは改良されて、財布越しなどでは壊れにくくなってきています。

それでも財布をスマホと一緒に持ち歩いてメールなどの受信をすると、キャッシュカードのデータが壊れるという危険性は今でも十分にあります。




3.再発行の依頼をする前に

再発行の依頼をする前に試してみたいこと。

磁気データが故障したかもしれないと思った時に、まず試してみることとしては、エタノールやウェットティッシュなどで磁気ストライプ部分を磨いてみると言うことです。

磁気ストライプ部分が読みにくくなっている場合は、これだけでもかなりの効果があります。



クレジットカードを掃除することはなかなか無いと思いますので、トラブル発生時には試してみることをお勧めします。

クレジットカードを磨いてみて、それでも読み込まない場合はおそらく磁気の故障が疑われます。

また、セロハンテープを磁気ストライプに貼って利用してみるといいようですが、これはあくまでもクレジットカードだけの対応ですので、キャッシングカードやキャッシュカードで、このようなことをするのはお勧めしません。



それは何故かと言いますと、セロハンテープを貼りますと、機械がカードに情報を書き込みできなくなるため、ATMで利用した時に不正カードエラーになり、次回から利用できなくなる場合があります。

ICチップにセロハンテープを貼るという方法で、ATMを利用したりと対策を取ることは、間違ってもやらないようにしましょう。




4.磁気不良になったら再発行するしかない?

磁気不良になったら再発行するしかない?

磁気不良になった場合、そのカードは使えなくなりますので、利用を再開するためにはカードを再発行するしか方法はありません。

磁気不良による再発行の場合、だいたい1,000円+消費税を発行手数料として請求されることになります。

更新による再発行が無料となるカードの場合は、有効期限の満了がもうすぐであれば、別のカードを一時的に利用して、更新を待つという方法もあります。


また、再発行手数料をどうしても払いたくないという方で、利用できなくなったクレジットカード会社のポイントが貯まっているから、別のカードは使いたくないという人は、同じクレジットカード会社のクレジットカードを新規で作成してしまうといった方法もあります。



新規カードですので、カード発行手数料は掛かりません。

カード発行後に、今まで利用していたカードのポイントを移し、公共料金などの引き落とし指定になっているカードであれば、そちらも新しいクレジットカードに変更をしてしまいましょう。



全ての変更が終わったら、磁気不良のカードを解約すれば手数料が掛からず、同じ会社のクレジットカードを利用することができます。

面倒ではありますが、手数料を節約したい場合は、この方法を考えても良いのではないでしょうか。

ただし、クレジットカード規約で禁じられている場合もありますので規約違反にならないようにしましょう。
みずほ銀行|カード再発行の手数料
参照元:みずほ銀行(2018年末調べ)





5.まとめ

クレジットカードの磁気が読み取れない時のまとめ。

スマホなどの電波は、磁気を壊すほど強いものです。

最近では、スマホケースと一緒にカードを持ち歩いている人もいるようですが、突然使えなくなるリスクがありますので一緒に持ち歩くことはお勧めできません。

できる限り、スマホとカード類は別々のところに収納して、離して持ち歩くようにしましょう。