クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

お得なプリペイドカードとクレジットカードの合わせ技を紹介します!

更新日:

お得なプリペイドカードとクレジットカードの合わせ技を紹介します!

流行中のプリペイドカード!お得で賢いクレジットカードとの合わせ技を紹介します!

1.プリペイドカードとクレジットカードの違い
2.プリペイドカードはコンビニでもスーパーでも!
3.プリカとクレカ組み合わせて賢くお得!
4.まとめ

自分で利用したり、贈り物に活用したり、プリペイドカードが流行中です!

現在では、クレジットカードからのチャージが可能なプリペイドカードが各社から多数、提供されています。

お得に活用できるプリペイドカードについてまとめました!




1.プリペイドカードとクレジットカードの違い

プリペイドカードとクレジットカードの違いとは?

プリペイドカードと聞くと、多くの方が【テレフォンカード】や【QUOカード】を思い浮かべるかと思います。

プリペイドカードとは、事前にチャージされたカードを購入して、その購入金額の範囲内でのみ利用が可能となっています。

料金に関して前払いしているという特性があるため、一般的に売り出している価格よりも、少し多い金額が利用可能となるようなサービスです。


近年クレジットカード業界で頻繁に発行されているのが【国際ブランド付きのプリペイドカード】です。

これはクレジットカードからプリペイドカードに事前にチャージを行うことで、ほとんどクレジットカードと変わらず支払いをすることが可能です。




これだけだとわざわざクレジットカードからチャージする分が手間になってしまうので、クレジットカードからチャージをするときにポイントが付与され、プリペイドカードを利用するときにさらにポイントが付与されるのが一般的です。

もちろんプリペイドカードの種類によっても異なりますが、基本的にはポイントの2重取りが可能です。



ほとんどクレジットカードと変わらずに支払いができる国際ブランド付きのプリペイドカードですが、クレジットカードと比べて違うところもあります。


 

・プリペイドカードは【事前入金】をしないと一切使えない


・電気代など、毎月の支払にカードとして登録が出来ないことが多い


・信用情報機関(CICなど)をみられないので、審査なしで作れるが、当然信用情報の履歴にも残らない


・チャージできる上限・利用できる上限が決まっている


・一般的に紛失・盗難のときの残高の保障がない など



やはりクレジットカードの利便性に比べると、利用できる店舗が少ないこと・・・

支払いの方法が一括のみでボーナス払い・分割払いなどが選べない点など、やや劣っていると感じるプリペイドカードですが

クレジットカードとプリペイドカードを組み合わせて使うことで、還元率の底上げも可能です。

 

事前にチャージした分だけしか使わないと決めて利用することもできるので、利用額の抑止にも役立ちますし、お小遣いとして子どもに持たせることも可能です。

折角クレジットカードからチャージが可能なプリペイドカードも多いので、組み合わせ・使い分けを駆使して使うのがおすすめです。
Visa プリペイドカード|世界通貨 Visa|Visaカード優待情報
参照元:VISA Japan(2018年末調べ)





2.プリペイドカードはコンビニでもスーパーでも!

プリペイドカードはコンビニでもスーパーでも!

国際ブランド付きのプリペイドカードは、クレジットカードの加盟店なら大体利用することが出来ます。

VISAプリペイドカードであれば、VISAの加盟店で利用が可能です。


 


コンビニやスーパーでももちろん使えます。「カードで」といってリーダーに通してもらいましょう。

店員さんが混乱するので「プリペイドカードで!」というのはNGです。さもクレジットカードのように淡々と処理してもらいましょう。



 

というのも、切ない歴史があるからなのです。

携帯電話大手のauが発行している【au WALLET】ですが、こちらも【Mastercardプリペイドカード】です。

事前に入金し、Mastercardの加盟店で利用することが出来ます。

しかし、サービス開始当時は様々な加盟店で「auWALLETが使えませんと言われた」という事案が発生していました。






Mastercardの加盟店なので、リーダーに通してさえくれれば残高の範囲内で買い物が可能なはずなのですが、加盟店はあくまでもMastercardの加盟店。

auWALLETの加盟店ではないので、「使えますか?」と聞かれて「対応してません」と店員さんに返答される事案が多発したそうです。

加盟店にもユーザーにもおいしくない状況ですね。



というわけで、同じ過ちを繰り返しても不便にしかなりませんので、国際ブランド付きプリペイドカードの存在を知っている方が大人の対応をするのがいいかと思われます。

「カードで」「一括で」とだけ、覚えておいてください。
au WALLET
参照元:au(2018年末調べ)

プリペイドカードは海外でも使える?

VISA・Mastercardプリペイドカードは、もちろん海外の同ブランド加盟店でも利用が可能です。

海外利用の場合はICチップ付きのプリペイドカード(券面に金色の薄い鉄のようなチップ付き)を利用しましょう。

海外で決済を行う場合、暗証番号を求められる場合も多いのでそちらもお忘れなく。


 


海外でも利用できるプリペイドカードを探している場合は、VISAトラベルプリペイドカードの【Money T Global】をおすすめします。

株式会社JTBが提供しているサービスで、海外での現地通貨の引き出しやVISA加盟店での買い物にも使えるという、VISAのネットワークを利用した世界共通で使えるキャッシュカードです。


 


発行には一か月程度時間がかかりますので、あらかじめ海外旅行やホームステイなどが決まっている場合は余裕をもって用意をしておきましょう。

世界各地のJTBトラベルデスクで日本語でのサポートを受けることもできるので、渡航先の慣れない生活には頼りになる存在です。
MoneyT Global(マネーティーグローバル)│世界共通キャッシュカードは、JTB。
参照元:JTB(2018年末調べ)





3.プリカとクレカ組み合わせて賢くお得!

プリカとクレカ組み合わせて賢くお得!

クレジットカード会社発行プリペイドカードの真骨頂は、なんといっても【クレジットカードからチャージ可能】という点です。

クレジットカードからのチャージでポイントが付与されるほか、プリペイドカード利用でもポイントが付与されます。



さらに面白いメリットとして、【クレジットカードの国際ブランドを実質変更できる】というものがあります。

オリコカードが発行する【オリコプリペイドカード】は、オリコのクレジットカードであれば、VISA・Mastercard・JCBのどのブランドからでもチャージが可能です。




プリペイドカード本体もVISA・Mastercardから選択できるので、実質オリコカードのJCBブランドを、VISAプリペイドカードにチャージをすれば、VISA加盟店で利用が可能というスグレモノです。



何故そんな手間をかけるの?と思われるかもしれません。しかし特定の需要の方には非常に効果があります。

作ってあったクレジットカードがJCBで、海外や国内の旅行にいくとなったときに、改めてクレジットカードを作りたくない人には有効な手段です。

その他にはJCBブランドのカードで電子マネーのnaacoにチャージをしながら、加盟店の多いVISAとしてもプリペイドカードを持ちたい…

など、クレジットカードを必要以上に増やしたくない・支払いはまとめて管理したい方におすすめの手法です。
オリコプリペイドカード
参照元:オリコ(2018年末調べ)

ソフトバンクのプリペイドカード

携帯電話大手のSoftbankが提供する【ソフトバンクカード】もVISA加盟店で利用できるプリペイドカードです。

TポイントカードとしてTポイントを貯めることができるほか、プリペイドカードとして利用するとTポイントが200円利用ごとに1ポイント付与されます。




Tポイントは1ポイント1円として利用できるため、実質0.5%の還元となります。



ソフトバンクカードは単純なプリペイドカードとして利用できるほか、おまかせチャージを設定すると残高を気にせずに利用ができますが、支払い方法が銀行などの口座引き落とし限定となっています。

クレジットカード引き落とし派の方にはおすすめできません。



 

しかしプリペイドカードとしてチャージして利用する場合は、他社のクレジットカード(VISA・Mastercard)で登録が可能です。

財布にカードが増えるのが嫌いな方には還元率アップにもTポイントカードとしても使える、一枚二役の便利カードです。



しかしこのカードはauユーザー限定で利用できるauWALLET同様、Softbankユーザー限定サービスになります。

Softbankのユーザーは店頭で簡単に発行してもらえるので、Tカード代わりに入手をして、今使っているクレジットカードの還元率の底上げに利用するのがおすすめです。


 


クレジットカードによっては携帯電話代金にはポイントを多めに付与してくれるクレジットカードもありますし、前述のように国際ブランドが変われば利用できる加盟店も増えるので、カードのポイントを集約したい場合にもおすすめです。
ソフトバンクカードとは|カード|ソフトバンク
参照元:ソフトバンク(2018年末調べ)





ローソンでお得!JCBプリペイド

日本発の国際ブランドで有名なJCBも、プリペイドカードに力を入れています。

JCBが提供するプリペイドカード【プレモ】は、JCBカードはもちろんのこと、一部のJCBブランドの提携カードでもチャージが可能です。



まだまだ利用できる加盟店は少ない状態ですが、JCBの加盟店開拓には期待しても大丈夫かと思われます。

こちらはローソン店頭でも現金でチャージが可能なほか、クレジットカードからのチャージした金額の1%を上乗せして残高にチャージしてくれます。



 

ポイント付与が煩わしいと思われる方には、残高をそのまま増量してくれるこのサービスは非常におすすめです。

残高がそのまま増えるわけですから、ポイント失効などで損をする心配もありませんし、チャージ元のクレジットカードのポイントも付与されるため、誰でもその恩恵を受けることができます。

電子マネーnanacoとともに、JCBブランドカードの還元率アップにおすすめです。
JCBプレモカードのご案内|クレジットカードなら、JCBカード
参照元:ジェーシービー(2018年末調べ)
JCBプレモカードについて|JCBカード
参照元:JCB(2018年末調べ)





現金チャージ専用で2%還元!

クレジットカード界隈で今話題になっているプリペイドカードが【LINE Payプリペイドカード】です。

現金チャージ専用になりますが、【2%還元】です。

クレジットカードでも単品ではなかなか出せない還元率であるため、話題になっています。



 

もはやスマートフォン利用者にとっては当たり前に利用されているアプリ【LINE】の提供するサービスとあって、注目度も抜群です。

元々導入していた【LINE Pay】は、個人間の送金や決済に利用できるものでしたが、そこに街中でも使えるツールとして、国際ブランドJCBを冠したプリペイドカードが発行されました。

元々の【LINE Pay】はクレジットカードチャージ、銀行チャージなどが可能でしたが、プリペイドカードに関してはクレジットカードチャージは不可です。ご注意ください。



 

JCB加盟店であれば、残高の範囲内で利用することができ、カードを使うたびに100円に対して2%が付与されます。

1000P貯めればカードの残高としてチャージ還元が可能なので、100円未満の端数無く決済されたとして、5万円の利用で1000円がチャージされることになります。



券面はLINEキャラクターがデザインされているカードのほかに、真っ黒の券面もありますので、「ちょっとキャラクターカードは恥ずかしいかな」という方にも対応してくれています。




現金チャージとはいえ2%還元は破格の還元率なので、お得を追い求める人は要チェックです。

2016年3月より始まったばかりのサービスですので、今後サービスの発展が楽しみのプリペイドカードです。
LINE Pay
参照元:LINE(2018年末調べ)
LINE Payカード申し込み方法
参照元:LINE(2018年末調べ)

4.まとめ

プリペイドカードとクレジットカードのお得で賢い使い方!まとめ。

いかがでしたでしょうか。

今回まとめたプリペイドカード以外にも、クレジットカード会社各社や様々な企業から

たくさんの国際ブランド付きプリペイドカードが発行されていますので、是非ご自身にあったものを探してみてください。



重ねての注意になりますが、プリペイドカードを店頭で利用するときには「カードで」「一括で」ということを忘れないようにしましょう。

店員さんに問題なくクレジットカードと同様に処理をしてもらうことが重要です!