クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

クレジットカードはしっかり破棄しないと危険!安全な破棄方法とは?

クレジットカードはしっかり破棄しないと危険!安全な破棄方法は?

クレジットカードはしっかり破棄しないと危険!安全な破棄方法は?

1.クレジットカード破棄の方法と手順
2.クレジットカードの他に処分しておくもの
3.まとめ

使わなくなったクレジットカード、期限切れのクレジットカードはどうやって保管していますか?

有効期限の切れたクレジットカードを取っておくにしても、捨てるにしても、多少の不安を感じる部分ってありますよね。

クレジットカードは一度正しい捨て方を覚えておけば、いつでも安心して簡単に処分することができます。

ここではクレジットカードの破棄方法や注意点についてまとめました。

1.クレジットカード破棄の方法と手順

クレジットカード破棄の方法と手順

▼【安心してクレジットカードを廃棄する方法とは?】

有効期限の有無に関わらず、クレジットカードを廃棄処分したい場合ってありますよね。クレジットカードは個人情報が含まれる非常に重要なカードです。

しっかりと破棄しないと、悪意のある人に廃棄したカードを拾われて、悪用されてしまう可能性もゼロではありません。クレジットカードには重要な情報がたくさん詰まっているので、間違いの起こらないような安全な方法で破棄するようにしましょう。




▼【①ハサミで細かく切る・シュレッダーにかける】

まずは、クレジットカード内部に書き込まれている情報(ICチップ・磁気テープ)と外部に記入されている情報を削除しましょう。クレジットカードに記録されている情報で、削除する必要がある部分にはこれだけの情報があります。



・黒い磁気テープの部分

・刻印されているクレジットカード番号

・有効期限

・名前

・セキュリティコード

・署名欄の情報

・ICチップ


ハサミで切る場合、4等分程度のサイズに切って捨てるという人もいるようですが、これではちょっと解体するサイズが大き過ぎると言えます。とくに磁気テープの部分に関しては、貼り合わせて繋げることで使用することが出来てしまったり、特殊な方法で内部情報を読み出してしまうことが可能なんです。

少なくとも、元のサイズを8等分以上に分解する程度の細かさで切り刻むようにして、特に個人情報が記載されている箇所については目視でわからなくなる程度まで細かくするようにしましょう。



可能であれば、プラスチック用のシュレッダーにかけてしまうのがおすすめです。なお、ICチップ部分と磁気テープの部分には必ずハサミを入れるようにしましょう。

▼【②解体したクレジットカードは数回に分けて捨てること】

解体したクレジットカードをゴミとしてまとめて捨てている人いませんか?

これはダメです。非常に危険な廃棄方法だと言えます。クレジットカードはどんなに分解しても、繋げて復元されてしまえばどうしても悪用される可能性があります。ただし、ICチップや磁気テープの部分を丁寧に解体処分していれば、クレジットカードの中に入っている情報を取り出せない可能性が高くなります。

クレジットカードの廃棄ゴミは、ゴミ袋だけを分けるのではなく、ゴミ出しの日にちも分けて捨てることをおすすめします。




▼【③燃えるゴミに出せる?】

クレジットカードはプラスチック製品であることがほとんどなのですが、燃えるゴミとして出していいのか?不燃物として出せば良いのか?ちょっと迷いますよね。

分類方法については自治体によって異なるようです。ゴミ出しに関して、ゴミを分別する種別が多い地域であれば、プラと可燃物、リサイクル、ペットボトルなどを細かく分けているかもしれません。自治体によってはプラのゴミとして処分する場合もありますし、可燃物として処分する場合もあるようです。住んでいる自治体ごとの取り扱い方法について調査してみましょう。

▼【④誤って自分のクレジットカードを破棄・破損された場合】

クレジットカードを誤って破棄・破損されてしまった場合、早急にクレジットカード会社に連絡をして、クレジットカードの利用停止手続きを取ってください。利用停止手続きを取ったあとで、もし万が一破棄・破損されたはずのクレジットカードを利用することが可能になったとしても、同じクレジットカードを再利用することはできません。



クレジットカードの利用停止手続きを申請した場合、ほとんどの場合において再発行として新しいクレジットカードが発行されますので、手元に新しいクレジットカードが届くのを待ってから利用を再開することになります。

新しく再発行されたクレジットカードについては、刻印されているクレジットカード番号や有効期限、セキュリティコードが変更されていることがほとんどです。

利用していた通販サイトや公共料金の支払いなどに指定して、登録していたクレジットカード情報などは使えなくなり、あらためて登録情報を変更する必要があるので、忘れないようにあらかじめそのことを頭に入れておきましょう。

自分のクレジットカードが破棄されたのか、盗難されたのか、紛失したのか、状況がわからず顛末についての責任が持てない場合、必ず近くの警察にクレジットカードを遺失したことに関する、遺失物届けを提出することを忘れずに済ませるようにしましょう。

速やかに届出をすませていない場合、他人の悪用と認定されないことによって、悪用された場合の保険が適用されなかったりするケースも考えられます。
カード紛失・盗難の際は|クレジットカードの三井住友VISAカード
参照元:三井住友VISAカード(2018年1月調べ)





2.クレジットカードの他に処分しておくもの

クレジットカードの他に処分しておくもの

▼【まずはクレジットカードの契約を必ず解約しておくこと】

クレジットカードを破棄するということは、もうそのクレジットカードは絶対に使わないということです。ごく稀なケースかもしれませんが、有効期限が満了していない上に、クレジットカード発行元への解約の届出も済ませていないクレジットカードを破棄する人がいます。

例えば、まあ大丈夫だろうと解約の手続きが億劫なので自己判断で処分してしまったり、手元にクレジットカードがあるとついつい使いすぎてしまうという悩みを持った人や、ずっと使っていなかったクレジットカードを見つけたので、解約したクレジットカードなのか覚えていないけれどすぐに破棄・処分したいと考える人です。

クレジットカードは本当に重要な個人情報が含まれています。面倒であっても解約しておかないと思わぬところで料金が発生したり、悪用される恐れは捨て切れません。

解約を済ませる前にクレジットカードを破棄してしまった後では、クレジットカード番号や有効期限、セキュリティ番号などの情報がわからなくなるため、自分にとっての不都合なことが起きる場合もあるのです。破棄する前に、必ず解約の手続きを取るようにしましょう!

▼【利用明細や台紙についても忘れずに処分しましょう】

クレジットカードを安全に破棄したからといって、安心するにはまだ早いかもしれません。一枚のクレジットカードに関する個人情報を間違いなく処分するには、クレジットカードの利用明細やクレジットカードが送られてきた時の台紙も忘れずに処分しておくようにしましょう。

利用明細にはクレジットカード番号の16ケタがすべて記載されているわけではありませんが、重要な情報が記載されています。



また、場合によって台紙には16ケタのクレジットカード番号だけでなく、有効期限などの重要情報が記載されていることがあります。

クレジットカードというのは、16ケタのクレジットカード番号と有効期限、名前が分かってしまえば、すぐにでも悪用出来てしまうものです。利用明細や台紙などのクレジットカードに付随している書類に関しても、しっかりと処分しておきましょう。




▼【通販サイトなどに登録したクレジットカード情報を忘れずに削除する】

Amazonや楽天など、一度クレジットカード情報を登録するとその後のお買い物を便利にするために、あらためてクレジットカード情報を入力しなくても、簡単に決済してくれるシステムになっています。これは、クレジットカードを解約していない場合、手元にクレジットカードがなくても簡単に決済が可能だということです。



最近のショッピングサイトはとても便利になっているので恩恵も多いのですが、クレジットカードの破棄・紛失時に関してはしっかりとした対応を取ることが求められます。

問題なくクレジットカードを解約している場合、登録されているクレジットカード情報を利用して決済手続きを行ったとしても、利用することが出来ずエラー処理されるので安心なのですが、クレジットカードの解約が済んでいない場合、通販サイトなどに登録しているクレジットカードの登録情報は忘れずに破棄しておきましょう。

3.まとめ

クレジットカードはしっかりを破棄する!安全な破棄方法は?

クレジットカードの安全な破棄には、一本のハサミがあればそれほど難しいものではありません。しかし、破棄する際に確認すべき重要なポイントがいくつかあります。

必ず削除しておくべき登録情報や、ゴミとしての捨て方など、処分・廃棄に関する基本的なことを覚えてしまえば何も難しいことはありません。もしもの時のためにも、クレジットカードは安全な方法で破棄するように心掛けましょう!