クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

アンケートモニターは意外に稼げる!隙間時間を活用する方法とは?

アンケートモニターは意外に稼げる!隙間時間を活用する方法とは?

アンケートモニターは意外に稼げる!隙間時間を活用する方法とは?

1.アンケートモニターとは?
2.隙間時間にお金を得たい!という人へ
3.アンケートモニターは内職にお勧め?
4.実際の評判は?
5.おすすめのアンケートサイト
6.収入の発生=税金を支払う義務?
7.まとめ

アンケートモニターとは、WEBを利用したアンケートに答える回答者のことです。

パソコンやスマホがあれば隙間時間で簡単に回答できます。回答することで受け取れるポイントが貯まれば、現金はもちろん、ギフト券や商品への交換も可能です。

1回の報酬額は大したことがなくても、続けていけばちょっとした金額になるかもしれませんよ?




1.アンケートモニターとは?

アンケートモニターとは?

アンケートモニターとは、各企業が運営するアンケートサイトに登録して、定期的に配信される様々なアンケートに回答してポイントを受け取る一種のアルバイト業務のことです。一定額まで貯まったポイントは現金やクオカード、ギフト券等に交換して謝礼として受け取ることが出来ます。



アンケートサイトへの登録は無料です。登録に関する年齢制限はほとんどのサイトで6~12歳以上となっているので、日本に在住している人なら誰でも参加できることが特徴です。

パソコンだけでなくスマホからアンケートに回答することも出来るので、専業主婦の方はもちろん、学生や会社員でも通勤・通学の合間に出来るため、本当に様々な人達が参加しています。企業側としても多種多様な人達の意見を参考に出来ますから、どちらにとってもメリットがありますね。




2.隙間時間にお金を得たい!という人へ

隙間時間にお金を得たい!という人へ

アンケートモニターの魅力は何といっても隙間時間に作業が出来るということでしょう。例えば電車で目的地に着くまでの時間、洗濯機を回して洗い終わるまでの時間、食事を終えた後に残った休憩時間など、細かい部分を挙げていくと様々な隙間時間が存在しています。


運営
サイトやアンケートの種類にもよりますが、基本的には3~5つの選択肢からどれかを選ぶ、というマークシート形式が多いため手軽にアンケートに回答することが出来ます。1つのアンケートに回答するのは数十秒~数分程度ですから、ちょっとした隙間時間でも作業することが出来ます。



付け加えるなら、この隙間時間を使って収入を得られるというのも魅力の1つでしょう。

時間効率を考えた時給換算で考えるなら、はっきり言って普通に働く(正社員はもちろんバイトやパートも含みます)ほうが稼げます。ただしその分、拘束時間が長いというデメリットもあります。アンケートモニターは時間と場所に拘らずに自分のペースで進められますから、小さな金額ならばコツコツと貯めていくことが出来ます。




3.アンケートモニターは内職にお勧め?

アンケートモニターは内職にお勧め?

▼【在宅なら空き時間に作業出来る

炊事洗濯を終えて出かけるまでに、10分程度の隙間時間が出来てしまうことは珍しくないと思います。10分程度だと時間が中途半端で特に何もせず、結局ゴロゴロして時間を潰した…こういった経験はないでしょうか?ですが、10分もあればパソコンの起動時間を差し引いても、3つ程度のアンケートを完了させることは十分可能です。



登録しているサイトが1つだけだと時間が余るかもしれませんが、2つ、3つ登録しておけば多数のアンケートに回答することが出来ます。時間を有効活用出来て、さらに僅かとはいえども収入が増える。もちろんゴロゴロする、読書をするといった行為も全く問題ありません。「選択肢が増える」ことが大きなメリットと言えるのではないでしょうか?

▼【スマホ用アプリもあるので、移動中にもお勧め!

在宅のケースでも同様の事が言えますが、最近ではスマホやタブレットが普及したことからアンケートの回答はパソコンに限らず簡単に作業出来ます。多少画面が小さく表示されますが、回答自体は問題なく行えるサイトがほとんどです。

中にはスマホ専用のアプリが提供されているケースもあるため(少数ですがスマホのみアンケート回答に対応しているサイトもあります)、持ち運びや起動時間等を考慮するとスマホの方が便利という方も少なからずいらっしゃるようです。



さすがに自動車や自転車の運転中にスマホ作業はNGですが、公共交通機関(電車やバス等)に乗車するなら数分~数十分程度の空いた時間が出来る人は多いと思います。このちょっとした時間に作業することも出来ますから、時間と場所を選ばずに作業出来るのも魅力でしょう。

▼【続けていけば立派な副業になるかも!

アンケートサイトやアンケート自体の内容にもよりますが、1回のアンケートで入手出来るポイントはさほど高くありません。基本的には1つのアンケートにつき1ポイント~5ポイント程度ですから、アンケートモニターの登録が2、3個でも月数百円程度にしかならないケースもあります。



しかし続けていくことでポイントは少しずつでも確実に積み上がっていきますし、時には1件100円~という高単価なアンケートも存在します。また、中には日記形式と呼ばれる1~2週間継続アンケートも存在しており、こちらは1,000円~とかなり高めの金額です。続けていくと、しっかりした金額になる可能性は十分にあります。



サイトによってはポイントに期限が設けられていることもありますが、500ポイント(円)程度から交換できますから、定期的に回答していれば期限切れになることはほとんどないでしょう。




4.実際の評判は?

実際の評判は?

▼【アンケートモニターはバイトとして安全?

アンケートモニターとして活動するには、当然ですがアンケートサイトへ登録する必要があります。登録自体は無料で出来ますが、ご自身の住所・氏名を始め職業等の個人情報も登録する必要があります。ただでさえ昨今では、様々な企業や媒体で個人情報の流出が報じられていますから、その事に不安を感じられる方はいらっしゃるのではないでしょうか?



この点に関して絶対安心。というのは中々難しいですが、大手のアンケートサイトならセキュリティ対策はしっかりしています。この後の項目で「おすすめのアンケートサイト」として、いくつかのアンケートサイトをご紹介していますが、実際に使用してトラブルになった経験は今のところありません。



もし不安なようでしたら「日本マーケティング・リサーチ協会」の正会員であるかどうかを確認しても良いと思います。これはマーケティング・リサーチの専門会社が集まって運営されている社団法人ですから、ここに登録されていればある程度は安心と思って良いかと考えられます。

もちろん登録していないサイトであっても優良な大手サイトはあります。いずれにしても、WEBで色々な情報を調べた上で登録を判断するようにしましょう。
市場調査の「社団法人 日本マーケティング・リサーチ協会」
参照元:日本マーケティング・リサーチ協会(2017年6月末調べ)

▼【収入の平均が低めなので稼げない?

やはり最初のうちは大した収入にはならないことがほとんどでしょう。1月あたり数百円程度ですから、1時間だけでも普通のバイトをしたほうが稼げると思います。しかし時間と場所を選ばず、特にノルマも課せられないというメリットは大きいですし、アンケートを定期的に回答していくと高単価なアンケートが届きやすくなります。



また、サイトによってはアンケートだけでなくネット銀行や証券会社の口座開設、商品購入額に応じたポイントの付与なども設定されています。無理して利用する必要はありませんが、元から開設/購入するつもりがあったならアンケートサイト経由で利用した方が多くのポイントが付与されますから、普通に利用するより確実にお得です。



決してアンケートだけで生計を立てるレベルにはなりませんが、人によっては月2~3万円の収入を得ている人もいるようです。

会社員の方で月収を2万上げるのは大変な事だと思いますので、こういったアンケートサイトの活用を10年20年と続けていければ無視できない大きな金額となる可能性を秘めています。「収入は低めだけど、ちょっとした補助として十分」ではないでしょうか?

(
ただし、月2万円の稼ぎがある。→ 年間20万円超の収入になりますから、この場合は確定申告をして税金を支払う必要がある場合があります。)




▼【現金への交換方法がないモニターも?

初めてアンケートサイトに登録しようと考えている人で特に注意してほしいのが、サイトによっては現金交換がない場合もあることです。

ほとんどのサイトでは一定のポイントが貯まれば現金に換金(基本は口座振込)をしてくれますが、楽天リサーチだと楽天市場に使えるスーパーポイントにしか使えません。普段から楽天を利用している人なら問題ありませんが、ほとんど楽天のサービスを利用しない人には活用が難しい制度と言えます。



現金交換可能なサイトでも、振込先に指定できる銀行が限られているケースもあります。

登録前に事前にしっかり確認して可能なら対象銀行の口座開設を検討する、というのも1つの手段です。とはいえ、現金交換出来なくてもギフト券や商品と交換できるサイトは数多くあります。特にこだわりがないなら、これらを利用するのも良いかもしれませんね。

楽天リサーチのアンケートに回答したり、座談会や会場調査などに参加したりすることで、ポイントを獲得することができます。


楽天リサーチで獲得したポイントが少量でも、1ヶ月単位で楽天スーパーポイント口座に付与されるため、無駄なくポイントを利用することができます。
出典: monitor.research.rakuten.co.jp

マクロミルのポイント振込先指定銀行


]

・楽天銀行 ・ジャパンネット銀行 ・ゆうちょ銀行

・三菱東京UFJ銀行 ・みずほ銀行 ・三井住友銀行
出典: monitor.macromill.com
ポイント交換について
参照元:株式会社マクロミル(2017年6月末調べ)





5.おすすめのアンケートサイト

おすすめのアンケートサイトは?

▼【マクロミル

マクロミルは2000年に設立された日本国内でも最大規模のアンケートサイトです。毎日複数のアンケートが届き、時には1日で10件前後のアンケートが来ることもあります。事前アンケートでは2~4ポイント程度ですが、本アンケートだと30~100ポイント前後と高単価なアンケートが届きます。



他にも座談会やサンプル調査等も用意されており、これらは1,000ポイント単位になることは珍しくありません。

事前アンケートだけでもコツコツ回答していれば1月で500ポイント近く貯まることもあり、ポイントの有効期限も定期的に実施される登録情報の更新をしていれば延長されるため、実質の有効期限は無いとも言えます。とりあえず1つ登録するならおすすめのアンケートサイトです。
初めてご参加の方へ|マクロミルモニタサイト
参照元:株式会社マクロミル(2017年6月末調べ)

▼【ライフメディア

ライフメディアは1996年に設立されたサイトで、マクロミルと並んで大きなアンケートサイトです。元々は富士通が設立したのですが、現在はニフティという会社の子会社になっています。1日あたりのアンケート件数だとマクロミルより若干少なめのようで、ポイントにも1~15ポイント程度とバラツキが見られます。



ただし大半のアンケートには何かしらの商品とのキャンペーンを実施していることが多く、参加すれば多額のポイントを獲得できます。ほとんどの商品はポイントと同程度の金額で購入できるため、実質無料で購入できるケースもあります。他にもクレジットカードの発行や口座開設、資料請求でもポイントが貯まります。



不必要な商品を購入する必要はありませんが、上手に活用すれば結構なポイントが貯まるため欲しい商品があれば、まずは本サイトを確認して経由出来るか確認しても良いかもしれません。
ライフメディア
参照元:株式会社ライフメディア(2017年6月末調べ)

▼【楽天リサーチ

「楽天」という企業名、利用の有無はともかく聞いたことのある方は多いと思います。楽天リサーチは楽天が提供するアンケートサイトで、楽天会員であれば利用することが出来ます。マクロミル並にアンケートが届きますし、座談会や日記調査といったサービスも提供されています。



ポイント還元は高いですが、注意点としては他の項目で記述したように楽天スーパーポイントで付与されること。このポイントは楽天市場を始めとした楽天関係でしか使えず、現金に交換することも出来ません。

さらに有効期限が6ヵ月と少々短いため、普段から利用している人に取っては問題ありませんが大して利用しない人には使いにくいかもしれません。ご自身の楽天への利用状況を踏まえたうえで、利用するか検討して頂ければと思います。
楽天リサーチ|モニタートップページ
参照元:楽天リサーチ(2017年6月末調べ)





6.収入の発生=税金を支払う?

収入の発生=税金を支払う義務がある?

▼【現金でなく、ギフト券も確定申告の対象に!

アンケートサイトで得たポイントは立派な「収入」です。単純にポイントとして保有しているだけなら問題ありませんが、これを現金やギフト券等と交換した場合は収入と見なされるため税金を納める必要があります。

注意してほしいのが、現金だけでなくギフト券等でも対象になる、ということです。特に今後マイナンバー制度が導入されますから、この点はしっかり注意しておきましょう。

▼【年間20万円以下なら申告不要?

税金を支払う必要がある、と記述しましたが年間で20万円以下であるなら確定申告は不要となります。年間20万円=1月あたり1.7万円程度となりますし、パソコンやスマホを利用するため、全額とはいきませんが多少は通信費を経費として計上することが出来ます。アンケートモニターだけなら年間20万円を超過することはあまり無いでしょう。



ただし、例えばFXやネットショップ等で収益を得ていた場合は話が変わってきます。ここでいう年間20万円というのは、FX等も含めての金額です。合算して20万円を超過するなら確定申告はしなければなりません。いずれにしても、一度は税務署で確認しておくことをお勧めします。税金が発生するかもしれない、という点はしっかり認識しておきましょう。
No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人|所得税|国税庁
参照元:国税庁(2017年6月末調べ)

▼【失業保険の受給中に収入発生したら?

何かしらの理由で会社を退職し、失業保険を受給した人ならご存知かと思いますが、受給中にバイトをすると支給の後回しや減額の可能性があります(申告しないと不正受給となって支給額以上の金額を返還となります)。この時、アンケートモニターの扱いはどうなるの?と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?



ハローワークは担当/地域によって微妙に判定が異なるようですから、断言は出来ませんが現金/ギフト券等の交換をしていないのなら失業保険の受給には問題ないようです。なぜならポイントが貯まっているだけで、直接お金を得ているわけではないためです。また、週20時間/1日4時間もアンケートに時間を費やすことはないでしょうから、この点はあまり心配する必要はなさそうです。



ただし、受給期間中に現金やギフト券に交換した場合は収入と見なされることが多いようですから、きちんと申告しておきましょう。申告しても1日分の支給が後回しになる程度で、金額によっては全額支給されるケースもあるようです。いずれにしても、アンケートモニターに登録していることは包み隠さず説明して対象になるかどうかは確認しておきましょう。

週20時間未満で、1日あたり4時間未満の場合


待機期間終了後は、1回目の認定日がありますが、その際に、アルバイトをしたことを報告する必要があります。前述のように、アルバイトであっても「週20時間以上働いている場合」は就職扱いになりますが、それ以下の場合なら通常は問題ありません。

7.まとめ

アンケートモニターは手軽に作業出来る反面、多額の収入を得るには難しい手段です。それでも1月あたり数千円~になるならちょっとしたランチ代数回にはなりますし、1万円~ならお小遣いにすることも、貯金することも可能です。

何よりも僅かとはいえ本業以外でも収入がある、というのはちょっとした安心感にも繋がります。アンケートの内容を通して様々な事を知ることも出来ますから、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?