クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

交通系電子マネーの残高確認は『マルチ残高リーダFree』でOK!

更新日:

交通系電子マネーの残高確認は『マルチ残高リーダFree』でOK?

交通系電子マネーの残高確認なら『マルチ残高リーダFree』を使いましょう!

1.[マルチ残高リーダー|Free]が利用できる電子マネーは?
2.まとめ

——注意——-
ここでは、
便利な無料スマホアプリ
[マルチ残高リーダー|Free]を
ご紹介しますが
マルチ残高リーダーを利用するためには
[NFC機能が必要]になります。

残高確認アプリを
iPhoneで利用したい方は
Apple pay対応機種の
iPhone7・7plus以降の機種に
搭載されている
NFC機能が必要となりますが

現在配布されている
全ての電子マネー残高確認アプリ(無料)は
Appleの承認を得ていない
Android専用アプリなので
iPhoneで利用することが出来ません。
※ 2018年末調べの調査結果です。
————–



この世の中!
なにかと便利になってきていると思います。
交通系電子マネーも
その一つです♪

私は電車を使う機会が少ないですが
コンビニや自動販売機などで
交通系電子マネーを使う機会はとても多いです。

しかし、
当たり前な便利に慣れることによって
感じてくるのは【不便さ】ですよね。

つい最近、
私が「不便すぎる・・・」と感じたのは
電子マネーの残高確認が
簡単にできないということです。

コンビニに行った際のこと。
お会計をする際に、
「残高が不足していますが?どうしますか?」と
自分の後ろに行列がある中で
言われたことで。

この時にちょっと恥ずかしくて
なんだか赤っ恥をかきました・・

もしかしたら、
私のような体験をした方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、
交通系電子マネーの残高確認の仕方を
いくつかお教えしたいと思います。




1.[マルチ残高リーダー|Free]が利用できる電子マネーは?

を利用してみましょう!” avatarbdcolor=”#82DACA” avatarbdwidth=2 bgcolor=”#fffff4″ avatarimg=”https://xn--y8jyb2gza8jxa7duezbl49aqg.jp/wp-content/uploads/2017/02/150912435755_TP_V-1.jpg” align=r]
それぞれの電子マネーによって、残高確認の方法は若干違っています。

実際に電子マネーの
残高確認ができる方法と
[マルチ残高リーダー|Free]が利用できる
電子マネーを確認して見ましょう!

▼【①・「Suica」

1・Suica対応の自動発券機・乗り越し精算機で調べる。

2・【マルチ残高リーダー|Free】というアプリを使う。

3・電子マネー対応の自動販売機でチェックする。

もし、アプリを起動するのが面倒だな・・・。
という方には、
CITIZENが発売している
「電子マネービューアー」を利用する方法もあります。

▼【②・「ICOCA」

1・ICOCAも【マルチ残高リーダー|Free】などの残高確認アプリを利用することができます。

2・ICOCAを使ってコンビニで買い物をするとレシートが発行されます。レシートにも残高が記載されていますのでレシートを取っておくという方法もあります。

▼【③・「PASMO」

1・PASMO/Suica対応の自動販売機を使用する。

2・駅の券売機、自動販売機で残高照会したり、コンビニで残高照会する方法があります。

3・やっぱり【マルチ残高リーダーFree】を利用するのが便利です。

▼【④・「kitaca」

kitacaについても、他の交通系電子マネーと同様の残高確認方法が利用できます。

1・しかし、それでも【マルチ残高リーダー|Free】を利用することが便利です。

▼【⑤・「TOICA」

1・JR東海を利用する際に使用する自動発券機をご使用してください。(公式サイトに書かれています。まあ、当たり前という残高確認方法です。)

2・自動精算機のカード挿入口にTOICAを差し込んでください。(他の交通系電子マネーと同様の確認方法です。)

3・やっぱり【マルチ残高リーダー|Free】を利用することが1番おすすめの方法です。

▼【⑥・「SUGOCA」

1・JR九州の駅のエリア内自動発券機や自動精算機やチャージ機にSUGOCAを挿入すると確認できます。(全ての交通系電子マネーは同様の方法で残高確認可能です!)

2・どうしても【マルチ残高リーダー|Free】を利用することが便利だと言えます。

こうやって文字で説明していますが、全国の交通系電子マネーの残高確認は同様の方法で確認可能です!




2.まとめ

【マルチ残高リーダー|Free】が利用できる電子マネーは?

【マルチ残高リーダー|Free】なら、ほとんどの交通系ICカード、電子マネーカードの残高確認が可能です♪

・Suica
・PASMO
・ICOCA
・SUGOKA
・kitaca
・TOICA
・WAON
・楽天Edy

などなど、様々な電子マネーICカードに対応しています。

もし、残高照会ができなくてお困りの方は「残高確認アプリ」とご利用してみてはいかがでしょうか?

参照元:マルチ残高リーダFree /Suicaやnanacoなど対応 – Google Play のアプリ
参照元:Suica:JR東日本|公式サイト
参照元:ICOCA:JRおでかけネット|公式サイト