クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

再発行時に紛失したICOCAが出てきた場合は?デポジットの返還方法はどうするの?

再発行時に紛失したICOCAが出てきた場合は?デポジットの返還方法はどうするの?

ICOCAの再発行時に覚えておきたい手続きをご紹介します♪

1.ICOCA定期券を再発行中に失くしたICOCAを発見
2.再発行したICOCAの引き取り期限を過ぎてしまった
3.通常の記名式ICOCAを再発行した経験談
4.まとめ

実際にICOCAの再発行を経験した
2人の体験談を参考にして
わからないことを知っておきましょう!

ICOCAの再発行申請時に
紛失したはずのICOCAが出てきた場合

デポジットの返還方法など
手続きはどうなっているのでしょうか?




1.ICOCA定期券を再発行中に、失くしたICOCAを発見。

ICOCAの定期券を紛失した時にはどうすればいい?

私は以前、ICOCAの定期券を駅内で紛失してしまい、ICOCAの定期券を再発行したことがあります。

ICOCA定期券を再発行するには、主に3つの方法があります。

①・「みどりの窓口」で事情を申し出る方法

②・切符購入機の駅員呼び出しボタンで駅員さんを呼ぶ方法

③・改札口にいる駅員さんにお願いする方法

これらの方法があります。

私の場合は、駅改札口に駅員さんがいたのでその人に事情を話して再発行をお願いしました。

さらに、注意が必要な点として・・

①・ICOCA定期券の再発行申し込み(利用停止処理のお願い)は、ICOCAエリア内の駅で申し込みが可能です。(ただし、カードの発券については購入した会社の路線駅でのみ再発行可能です!)

②・再発行されたカードを受け取る時には、ICOCA定期券所有者の公的な身分証明書(免許証・保険証など)と、再発行手数料510円と新しいカードのデポジット500円、合計1010円のお金が必要になります。

さらに、再発行されたICOCA定期券の受け取りは、再発行の申請日の翌日〜15日以内で受け取ることになります。




2.再発行したICOCAの引き取り期限を過ぎてしまった。

再発行したICOCAの引き取り期限を過ぎてしまった場合はどうなるの?

再発行したICOCAの「引き取り期限」を過ぎてしまったらどうなるのか?ちょっと気になりませんか?

駅員さんに訪ねて見たところ、引き取り期限の15日間を過ぎるとどうなるか?と質問しても、すぐに回答してもらえませんでした。

そこで調査して見たところ、引き取り期限を過ぎてしまった場合。データが消失するというようなことはなく、再度、再発行の申請をすることで再々発行が可能になるとのことです♪

再々発行時は手数料が倍になるのか?というと、そんなことはないようです。

再発行手数料は、受け取り期限を過ぎてからもう一度、再発行の申請をすることになっても、1度だけ支払うことでICOCAを再発行することが可能です。

私の場合、再発行を申請している間に失くしたICOCAが駅の構内で見つかり、失くしていたICOCAを受け取りに行ったことがあります。

その時にはもうICOCAの再発行が終わっており、カードが2枚になるという事態になってしまいました。

何故?数日が経過してICOCAが届けられたのか?それはわかりませんが・・。

失くしたICOCAが出てきたのは、私が早急にICOCAの紛失届けを出したために、拾ったICOCAは使えなくなっていたからなのかな?そんな推測もしてしまいます。

拾っていただいたICOCAはみどりの窓口で返却して、500円のデポジットを払い戻していただきました。

当然ですが、それ以外の手続きに必要となった手数料(払い戻し手数料・再発行手数料)については有料なので、返還されることはありません。




3.通常の記名式ICOCAを再発行した経験談

通常の記名式ICOCA再発行の体験談と、自分の状況を比較して見ましょう!

私は普段通勤に車を使用しているのですが、たまに電車で移動することがあります。

私の場合は定期券ではなく、通常の記名式ICOCAを利用しています。名刺入れの中にICOCAを入れているのですが、ある時私は名刺入れの中を確認するとICOCAがない事に気付きました。

どこかに置き忘れてしまったのか・・、何かの拍子に落としてしまったのかもしれません。しまった!と思いましたが、残高も結構残っていましたので、早急に手続きを取らないといけないと行動することにしました。

再発行の手続きはJR西日本の「みどりの窓口」で出来るようでしたので、早速私は最寄駅に向かって「みどりの窓口」で再発行の手続きをすることにしました。再発行の手続きはそんなに時間のかかることもなく、スムーズに済ませることができました。

ただし、再発行の手数料500円とデポジットとして500円。合計1010円の出費となりました。しかし、チャージしていた金額のことを考えると非常に助かったと思えます。

再発行時に紛失したICOCAのチャージ金額を払い戻しすることができるのですが、チャージ金額は全額が返ってきました。

再発行の手続きの前に不正に利用されていた場合、誰かに利用されたお金は返ってこないようなので、本当に良かったなと思います。

再発行されたカードは、「みどりの窓口」で受け取りました。

ICOCAを紛失すると、手間も時間も金銭的な損失もありますので、紛失しないように最善の注意を払わなければならないと感じました。

そして、紛失した際は、早急に再発行の手続きをする必要がありますね。




4.まとめ

ICOCA再発行の注意点は?

ICOCAの紛失時に覚えておきたいことは・・・

①・紛失したICOCAは利用停止することが可能なので、迅速に紛失したこと(紛失届け)をみどりの窓口、もしくは最寄りの駅員さんに届け出ることで「利用停止処理」を済ませましょう。

②・再発行したICOCAは当日に受け取ることができません。ICOCAの再発行には「翌日〜14日以内」に再発行されたICOCAを受け取ることになります。

③・失くしてしまったICOCAを発見した場合、デポジット金額が返却していただけますが、チャージ残額の受け取りには払い戻し手数料(220円)と身分証明証が必要です。

ICOCAの再発行に関係する重要なポイントだけは必ず覚えておきましょう!

参照元:払いもどし ICOCA:JRおでかけネット
参照元:ICOCA定期券 – 近鉄電車|公式サイト
参照元:ICOCA定期券 – JRおでかけネット