クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

Kips ICOCAカードの使い方|11種類のQ&Aで各種手続きの方法を解説します♪

Kips ICOCAカードの使い方|11種類のQ&Aで各種手続きの方法を解説します♪

kips ICOCAカードの使い方|11パターンのQ&Aで手続きはバッチリです♪

1.Kips ICOCAカードとは?
2.Kips ICOCAカードの利用方法
3.Kips ICOCAカードの申し込みについて
4.Kips ICOCAカードのチャージについて
5.Kips ICOCAカードのよくある質問(Q&A)

交通系ICカードって便利ですよね♪

近畿エリアで有名な「Kips ICOCA」(キップスイコカ)も全国に沢山ある交通系ICカードの一つです!

ちょっとわかりづらい部分もある「Kips ICOCAカード」の使い方、特徴を簡単にご紹介します♪




1.Kips ICOCAカードとは?

Kips ICOCAカードってどんなカード?

電車を利用するとき、わざわざ運賃を計算したり、切符売り場に並ぶのってちょっと不便ですよね。

そんな時、自動改札にワンタッチするだけで電車に乗れるのはとても便利です!

「Kips ICOCA」というカードは近畿日本鉄道(近鉄)が発行しているカードです。

Kips ICOCAを利用する上で必ず覚えておきたいポイントと言えば・・

①・近鉄グループのKips参加企業が発行する「Kipsポイントカード
②・従来の「ICOCA」カードにある全ての機能

『Kips ICOCA』はこの2枚の機能が全部一枚になったカードなんです♪

ご存知の方も多いと思いますが、「Kipsポイントカード」はクレジット機能がない現金専用のカードです。

しかし、この「Kips ICOCAカード」なら、提携企業の近鉄電車に乗ったり、近鉄百貨店でショッピングした場合など、近鉄グループで利用することでも「Kipsポイント」が貯まるというメリットがあります。




2.Kips ICOCAカードの利用方法

Kips ICOCAの利用は簡単です!最大の特徴はKipsポイントが貯めやすいこと!

Kips ICOCAカードは事前にチャージしておけば、カードを改札口にタッチさせるだけで電車に乗ったり、降りたりすることができるカードです。ワンタッチで改札口を通れるのでとても便利ですよね♪

Kips ICOCAカードは「近鉄線」や「近鉄とJR」、「近鉄と京阪」といった近鉄線を含む区間で定期券機能も利用できます。

Kips ICOCAカードが一枚あれば、公共交通機関が一層使いやすくなりますよね。しかし、Kips ICOCAカードのメリットはそれだけではありません♪

近鉄グループのKipsポイント加盟店でKips ICOCAカードを利用すると、利用額に応じてKipsポイントが付与されるシステムになっています。

例えば、近鉄百貨店でショッピングをした時、Kips ICOCAカードを提示して代金を支払うと「Kipsポイント」が貯まります。

さらに、事前にKips ICOCAカードにチャージした電子マネーを利用して近鉄電車に乗車すると、運賃200円につき1ポイントのKipsポイントがもらえるんです!貯めたKipsポイントは、Kipsポイント加盟店での支払いに利用できます。

Kipsポイント加盟店、通勤や通学で近鉄線を使う場合、Kips ICOCAカードはとっても便利でお得なサービスが満載になっています!

しかし、これに対してJR西日本が発行する通常の「ICOCA」の場合、全く還元ポイントがないので、Kips ICOCAカードをもっておくと絶対にお得ですよね♪




3.Kips ICOCAカードの申し込みについて

Kips ICOCAカードの申し込みには『2,000円』が必要です!

Kips ICOCAカードは記名者本人のみが利用できます。発売額は2,000円です。

2,000円の内訳は、デポジット料金が500円。Kips ICOCAカードに最初にチャージされている金額が1,500円となっています。

Kips ICOCAカードの申込対象者は12才以上に限定されているので小学生以下のお子さんは利用できません。Kips ICOCAカードには家族カードもありません。(この点はちょっと不便なポイントかと思います。)

Kips ICOCAカードは紛失してしまったとしても、失くしたカードのデータを新しいカードに移行して再発行をしてもらえるので安心して利用できます♪(ただし、デポジット料金などの再発行手数料は必要です!)

4.Kips ICOCAカードのチャージについて

Kips ICOCAカードは様々な場所でチャージ可能です♪

「Kips ICOCAカード」は近鉄主要駅の定期券販売窓口であれば、各種「ICOCA」に加えて「Kips ICOCAカード」や「Kips ICOCAカード定期券」が購入できます。

ただし、JR西日本の駅ではKips ICOCAカードは購入できません。

Kips ICOCAカードのチャージは通常のICOCAと同じように、ICOCAエリアの駅の自動券売機や窓口、チャージ可能なICOCAの提携店でチャージできます。

さらに、交通系ICカードの全国相互利用マークがあるエリアでもチャージや乗車利用、電子マネーの利用が可能です。(ごく一部で利用できない場所もあります。「ICOCA|ご利用可能エリア」で検索可能です!)




5.Kips ICOCAカードのよくある質問(Q&A)

11パターンの質問でKips ICOCAカードの悩みを解決!

▼【①・Kips ICOCAカードは、いつから発売しているカード?

2012年12月1日にサービスが開始したカードです。近鉄定期券発売窓口、もしくは主な駅構内の営業所で発売しています。

▼【②Kips ICOCAカードの発券(発売)金額はいくらですか?

発券(発売)金額は2,000円(デポジット500円+チャージ1,500円)となっています。
※Kips ICOCAカードを購入して、同時に定期券としても利用する場合の金額は(定期運賃+デポジット500円)となります。

▼【③・Kips ICOCAカード発行の年齢制限は?

小学生除いた12歳以上の方のみお申込み可能です。(家族カードはありません!この点には要注意です。)

▼【④・KipsポイントをKips ICOCAカードにチャージ可能?

残念ながら、KipsポイントをKips ICOCAカードの電子マネーに変換(チャージ)することはできません。

▼【⑤・Kips ICOCAカードの申込みに必要な本人証明書の種類は?

運転免許証、パスポート、保険証などの公的な身分証明書が必要です。公的証明書の用意が難しい場合は事務局に問い合わせてみてください。(公共料金の領収書や納税証明書などで代用するようです。)

▼【⑥・Kips ICOCAカードをクレジットカードで購入できる?

Kips ICOCAカードの購入は現金購入のみとなります。
※ただし、Kips ICOCAカードに定期券機能を搭載した発券をする場合だけクレジット決済することが可能です。




▼【⑦・Kips ICOCAカードを紛失した場合、再発行や払い戻しのための連絡先は?

「Kipsカード紛失応対デスク」

【0570-020-383】
(5:30~24:00 年中無休)

ここに連絡することで対応してもらうことが出来ます。

「Kipsカード紛失応対デスク」で紛失再発行手続きを済ませることで、失くしたカードのチャージ残高、Kipsポイントを再発行したKips ICOCAカードに引き継ぐことが可能です。

Kips ICOCAカードの再発行は、『紛失・再発行を届け出た翌日〜14日以内』に近鉄の定期券発売窓口で発券することができます。その際、デポジット500円と再発行手数料510円の合計1,010円が必要となります。
※紛失したKips ICOCAカードに預け入れていたデポジットの500円は返金されません。

▼【⑧・現在利用中のICOCAをKips ICOCAカードに変更するには?

原則として変更という手続きはありません。新たにKips ICOCAカードを購入することになります。(ICOCAのチャージ残額をKips ICOCAカードに移行することはできません。)

現在利用中のICOCAが不要となる場合、Kips ICOCAカードの発券場所となる、近鉄の定期券発売窓口でICOCAのデポジット料金・チャージ残額の払い戻しが可能です。

なお、ICOCAにチャージしている残額を破棄せずに払い戻しを希望する場合、払い戻し手数料として220円が必要になります。

▼【⑨・Kips ICOCAカードは近鉄グループ以外でも利用可能?

近畿圏の提携鉄道会社(JR、京阪電車、阪急電車、阪神電車、南海電車など)で利用可能です!

さらに重要なポイントとして、「近鉄電車」でのIC乗車券としての利用分に対しては「Kipsポイント」が受け取れます!

ただし、ICOCA(電子マネー)のご利用時にKipsポイントを貯めたり、利用することはできません。
 
▼【⑩・磁気定期券をKips ICOCAカードの定期券に変更したい時は?

・近鉄線の定期券
・近鉄とJR西日本・京都市交通局・京阪・阪神・南海(河内長野駅接続)
・名鉄・JR東海との連絡定期券

これらに該当する定期券を利用している場合、近鉄の定期券発券窓口に定期券を持参することで「Kips ICOCAカード」に定期券情報を移行することが可能です。(磁気定期券データのKips ICOCAカードへのデータ移行手数料は無料です!)

ただし、2つの注意点があります。

1・「磁気定期券」を「クレジットカード決済」によって他社で購入している場合、その定期券データはKips ICOCAカードに移行することができません。

2・ごく一部の区間では、「磁気定期券」を「Kips ICOCA定期券」に変更できない区間があるので、磁気定期券のデータ移行時は要チェックです!

▼【11・JR西日本・京阪で購入した「ICOCA定期券」を「Kips ICOCA」にデータ移行する方法は?

ICOCA定期券のままでは、Kips ICOCAカードに定期券のデータを移行することができません。

ICOCA定期券をKips ICOCA定期券として利用したい場合、現在の有効期限終了後の更新手続きの際に、「ICOCA定期券」と「Kips ICOCAカード」を近鉄の定期券窓口に持参することで、Kips ICOCAカードを定期券として利用することができます。




Kips ICOCAカードのよくあるご質問(Q&A)
参照元:Kips(KINTETSU GROUP)

6.まとめ

Kips ICOCAカードの使い方をよく覚えて活用してみましょう♪

Kips ICOCAカードは近畿エリアで電車を利用する場合、交通機関をスムーズに利用するだけでなく、ショッピングに使ってもお得で便利なカードです。

通常のICOCAカードではポイントが貯まりませんからね!交通機関の利用で「Kipsポイント」が貯まるのは大きなメリットです♪

近畿エリアに住んでいる方はぜひ一度チェックしてみましょう!

参照元:KIPS ICOCAカードのご案内 – 近鉄グループのKIPSカード – 近鉄電車
参照元:ご利用可能エリア ICOCA:JRおでかけネット
参照元:KIPS ICOCAカードのよくあるご質問 – 近鉄グループのKIPSカード – 近鉄電車
参照元:KIPSポイントの – KIPSポイントをつかう – 近鉄グループのKIPSカード