クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

デビットカードでも審査に落ちるって本当?3つの大事なチェックポイントとは?

更新日:

デビットカードでも審査に落ちるって本当?3つの大事なチェックポイントとは?

デビットカードでも審査に落ちる?大事なチェックポイントをご紹介します!

1.審査に落ちてしまう原因とは?
2.銀行との取引で過去に問題があった
3.審査に通るためにはどうすればいい?
4.まとめ

デビットカードは、クレジットカードと違って、支払った代金が銀行口座から即時引き落とされます。

デビットカードは口座の現金を使うという感覚のカードですね!

クレジットカードのように「お金を借りる」という性質のカードではないので、銀行口座に預金残高があれば利用可能です。

しかし、デビットカードを発行する時、ごく稀に審査に落ちてしまうことがあるんです。

デビットカードの審査に落ちてしまう原因、審査に落ちないようにするための方法をチェックしておきましょう!




1.審査に落ちてしまう原因とは?

デビットカードの審査に落ちてしまう大きな原因とは?

デビットカードの申し込みで審査に落ちてしまうことはほとんどありません。

仮に消費者金融で多額のキャッシング借り入れがあったとしても、問題なく発行されることがほとんどです。

デビットカードの発行には、クレジットカードのような厳密な審査などは特にありませんので、問題なく発行されることがほとんどです。

しかし、稀にデビットカードの審査に落ちてしまうことがあります。その理由にはいくつか理由があります。

まず大きな理由として、デビットカードの発行条件に元々から当てはまっていない場合です。この場合、デビットカードの審査に通らないことは多くあります。

たとえば、銀行が発行しているデビットカードの場合、その発行条件として「15~16歳以上」と定めている銀行も多いので、条件以下の年齢でデビットカードの発行を希望した場合、もちろん審査に通りません。

2.銀行との取引で過去に問題があった

銀行との取引で過去に「金融事故」を起こしている場合。デビットカードでも発行されないことがあります。

デビットカードの審査は余程のことが無ければ通るものですが、デビットカードを発行する銀行と過去の取引で大きな問題があった場合には、審査に通らないことがあります。

たとえば、銀行のローンやキャッシングなどで支払いの滞納・遅延があった場合、銀行にとってはリスクが無いと言えるようなデビットカードの発行と言えども、新たな取引であるサービスは利用できないことが多くなっています。

銀行との過去の取引に問題(金融事故)がある場合、デビットカードの発行ができない場合もあるので気をつけましょう。




3.審査に通るためにはどうすればいい?

デビットカードの発行審査は厳しくありません!金融事故を起こしていても問題なく発行される場合もあります。

デビットカードの審査に合格して、無事にデビットカードを受け取るためにも、まずはデビットカードの発行条件をしっかりと確認しておくことが必要です!

特に年齢制限についてはきちんと確認しましょう。

デビットカードの審査に不安がある場合、審査に通りやすくするために、過去の銀行との取引を確認してみましょう。

どこかの銀行で金融事故があった場合、その銀行は避けて別の銀行でデビットカードの発行を申し込むようにしましょう。

そうすることで審査に通る可能性が高くなります。しかし、中には信用情報機関のデータなどを参照して、他の銀行で事故があった場合でも、デビットカードの審査に通らないという可能性はあるので覚えておきましょう。

別の銀行でも、たとえば事故を起こした消費者金融などの関連会社などであれば、過去の履歴など見て審査に落とされてしまうことがあります。

また、デビットカードを発行する際に審査が厳しい銀行とそうではない銀行もあります。

デビットカードの発行が厳しい銀行は避けておいた方が無難かもしれません。こういった情報に関しては、インターネットの口コミサイトなどを参考にするとわかりやすいかと思います!




4.まとめ

デビットカードの審査は厳しくありません!大事なチェックポイントを覚えておきましょう♪

デビットカードの発行に関して、審査に落ちることはほとんどありませんが、稀に落ちてしまうことがあります。

その場合、わかりやすい理由があるので、その点についてはチェックしておきましょう!

参照元:楽天銀行のデビットカード(Visa・JCB)|楽天銀行|公式サイト
参照元:Visaデビット | Visa|公式サイト