クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

デビットカードの審査が通らない?申込前に条件を確認しておこう!

デビットカードの審査が通らない?申込前に条件を確認しておこう!

デビットカードの審査が通らない?申込前に条件を確認しておきましょう!

1.そもそも条件をクリアしていない?
2.銀行に滞納している借金などがある
3.過去の銀行との取引で事故があった場合
4.まとめ

クレジットカードの「立替払い」と違って、利用時は銀行から即時、代金が引き落とされる「即時決済」が特徴のデビットカード。

デビットカードの新規発行を希望する場合、デビットカードの特徴を考えても審査に落とされてしまう。ということはほとんどありません。

しかし、ごく稀にデビットカードの審査に通らないということがあります。

デビッドカードの審査に落ちてしまう理由とは、どう言った理由が考えられるのでしょうか?




1.そもそも条件をクリアしていない?

銀行が発行するデビットカードには「15、16歳以上」という年齢制限があります。

デビットカードは誰でも発行をすることが出来るというわけではなく、条件があることをご存知でしょうか?

デビットカードは発行元となっている銀行によって、ほとんどの場合で中学生を含まない、「15歳以上〜16歳以上」に発行を限定するといった条件があります。

デビットカードの申し込みをしたところで、年齢条件に合わない場合、当然デビットカードの発行は断られてしまうことになります。

当然のことですが、条件を満たしていない場合、デビットカードを新規で取得することができません。

2.銀行に滞納している借金などがある

発行を希望する銀行に対して「多額の借入・支払い遅延」などがある場合、発行出来ない場合もあります。

デビットカードの審査に落ちてしまう人の特徴として、デビットカードを発行する銀行に対して、滞納をしている借金があるという特徴があります。

銀行のローンやキャッシングなどで支払いの遅延・延滞を繰り返していたりすると、銀行側から見て取引が上手くいかない、決められたルールが守れない相手という判断となり、言ってみれば銀行と新規の取引契約となるデビットカードを作ることは難しくなります。

銀行の利用状況が悪い人に対して、銀行側から新たなサービスを提供しないことがほとんどです。

過去の個人別の取引データは銀行に残っていますので、金融事故を起こしている場合。デビットカードの発行を断られてしまう可能性は高くなります。




3.過去の銀行との取引で事故があった場合

過去に銀行との取引で事故(金融事故)を起こしている場合。デビットカードの発行は難しくなります。

デビットカードで審査に落ちてしまう理由として、過去に他の銀行などで、銀行取引での事故があった場合などが考えられます。

デビットカードで、このように信用情報機関を使った審査は行われないといわれていますが、独自にこれらの信用情報機関のデータを照会して審査をする銀行もありますので注意が必要となります。

他の銀行で事故を起こした場合でも、同様にデビットカードが発行できない場合もありますので、注意が必要となります。

なるべく問題なく審査に通りたいというのであれば、事故を起こしたことがない銀行を選ぶことがおすすめです。消費者金融などで借り入れなどがあった場合でも、デビットカードは問題なく発行されることが多いからです。

しかし、場合によっては、消費者金融や銀行同士は提携をしていることがあり、個人のデータなどを共有しているという場合もあります。

関連会社同士の場合には情報をやりとりしているということも十分に考えられるケースですので、デビットカードの発行がどうしても必要だという場合、全く関係がない銀行を選ぶ必要があります。

4.まとめ

デビットカードの審査を申し込む前に、基本的な発行条件を確認しておきましょう!

いかがでしたでしょうか?

デビットカードで審査に落ちてしまうことはほとんどありませんが、審査にもしも落ちてしまったという場合、こういった事情などが考えられます。

デビットカードの基本的な発行条件(年齢制限など)に当てはまっているかどうか、また過去に銀行との取引で事故を起こしたなど、問題などがなかったかどうか?確認してみしましょう。