クレジットカードをつくる.jp

お得なクーポン情報!クレジットカードの特典をご紹介します♪

銀行窓口が開いている時間は?りそな銀行なら17時まで?ネット銀行の場合は?

 2018年10月9日

銀行窓口が開いている時間は?りそな銀行なら17時まで?ネット銀行の場合は?

よくわからない!銀行の窓口が開いている時間が短い理由は?

1.銀行の窓口が利用できる時間帯
2.15時以降も窓口が開いている銀行がある?
3.インターネット銀行は窓口がない?
4.まとめ

預金の引き出しや入金など、多くの人がATMを利用しています。

しかし、ATMの操作だけでは出来ない取引もあるので、どうしても銀行の窓口に行くことがありますね。

銀行の窓口が開いている時間はどうなっているのでしょうか?

感じる疑問を解決しておきましょう!




1.銀行の窓口が利用できる時間帯

銀行の窓口が利用できる時間帯は?

ATMを利用する場合、利用可能な時間の幅が広いので、それほど不便に思う事はないかと思います。

しかし銀行の窓口を利用する場合、一般的には「平日の朝9時から15時まで」が営業時間となっており、1分でもその時間に遅れてしまうと利用する事ができません。(時間に間に合って並んでいた場合は受け付けてくれる場合がほとんどです!)

どんなお店でも、少しぐらい営業時間を超えても対応してくれる事を考えると、銀行の窓口対応は少し冷たいように感じてしまいますよね・・。

そこで、ちょっと不思議に思えるのが、「よく考えたら、15時に閉まるって早過ぎない?」と言う点です。実質に9時から15時までしか銀行が機能していないと思うと、とても不思議に思えませんか?

それだけの労働時間なら、誰だって多少は銀行に就職したいと感じるかと思います。銀行窓口の営業時間は、銀行法施行規則で「銀行の営業時間は、午前九時から午後三時までとする」と決められている為、どこの銀行でも9時から15時までの営業となっています。

しかし、実際の銀行員は、15時を過ぎてからも勤務時間が続いています。15時に銀行の窓口を閉めてからは、その日に起こったお金の出入りを確認する作業をしています。

銀行の場合、各支店単位で残高管理をしており、そのお金は支店単位で金庫に保管する流れとなっています。

一般的に会社のお金を出し入れする場合、「入金伝票・出金伝票」に詳細を明記してお金の出し入れを行いますね。その伝票と実際の現金を照らし合わせながら、15時以降はその日のお金の流れを把握するようにしているのです。

これは、非常に大変な作業となります。特に大きな支店ともなれば、一日の伝票の数は、何百枚にもなる事も…。

この膨大な作業が毎日必要になる為、銀行の営業時間は一般的な就業時間の17時ではなく、窓口自体を15時に閉める流れとなっています。




2.15時以降も窓口が開いている銀行がある?

中には、15時以降も窓口が開いている銀行があるって、ホント?

ちょっと前までは、どの銀行でも一律で「9:00〜15:00」までの窓口営業でしたが、最近では銀行や支店によって多少のズレが生じています。

例えば、「りそな銀行」の場合は平日17:00まで、さらに一部店舗では土曜日も営業しています。15:00と17:00、この2時間の差は本当に大きいと思いませんか?

平日は働いていると言う人が多い現代において、平日のみの窓口営業、しかも15時までとなれば、かなり利用が難しいと言う場合が少なくありません。

実際にパート勤務の主婦でも、銀行の窓口が15時まででは不便ですよね・・。

新生銀行」でも、同様の時間「9:00〜17:00」まで窓口の利用が可能です。

その他、三菱東京UFJ銀行の場合は、「テレビ窓口」と言うものを開設しています。テレビ窓口の場合、平日はもちろん、土曜・祝日も18時まで利用する事が可能となっており、非常に便利です!

「テレビ窓口」は全国の支店のATMコーナー等に設置されており、個室ブース型でプライバシーにも配慮されている点も嬉しいポイントとなっています。

テレビ窓口を利用する事で、専門のオペレーターと話ながら様々な手続きを進める事ができますし、申込書などもその場でプリントアウトして利用できるようになっています。

預金種類の変更や住所、電話番号の変更、キャッシュカードなどの紛失による手続きをする事ができるので、急なトラブル時にも対応可能となっています!




3.インターネット銀行は窓口がない?

インターネット専業の銀行は基本的に窓口を設けていません。

最近になって急激に普及しつつある銀行が「ネット銀行」です!「楽天銀行」などがネット銀行の代表格ですね。

ネット銀行の場合、実店舗をほとんどの場合で構えていない事もあり、窓口も一切ありません。

その為、不安に思う人もいるかと思いますが、実際には一般的な銀行と比べて何不自由なく利用する事が可能です。

それでは、ネット銀行での窓口の代わりになる場所はどこなのでしょうか?

それは、利用しているスマホやパソコンからログインする、銀行の公式サイトがネット銀行の窓口となります。それは、すべての取引操作をスマホやパソコンで行う事ができるということを意味します。

ネット銀行の場合、様々なATMを利用することが可能になっていて、キャッシュカードを使っての入出金、取引履歴の照会が可能になっています。

また、振り込みや定期預金などの金融商品においても、パソコンやスマホを窓口として手続きが可能になっています。

ネット銀行は24時間365日利用する事が可能、好きな時に好きな場所から利用できる事がメリットです。

4.まとめ

銀行の窓口で感じる疑問を解決しておきましょう!

銀行窓口の営業時間を知っておくと役に立つと思います!

なぜ、銀行の窓口が15時に閉まってしまうのか?と言う疑問は解消しておきたいですよね♪

最近では、処理速度の進展により、15時以降に窓口を開けていても、その日のうちにお金の計算を済ませる事ができるようになってきました。

そういった理由から、いくつかの銀行では、15時以降も窓口を開ける事ができるようになったようですね!

参照元:三菱UFJダイレクト | 三菱UFJ銀行|公式サイト
参照元:りそな銀行 – Wikipedia|公式サイト