クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

無料で簡単にできる!Suicaの残高確認方法を知っておこう!

無料で簡単にできる!Suicaの残高確認方法を知っておこう!

1.Suica残高確認アプリをダウンロード!
2.Suica対応の自動販売機で確認する
3.駅の改札で確認する
4.コンビニで確認する方法
5.Suicaの発券機で確認する方法
6.不安なときに便利なオートチャージ!
7.まとめ

Suicaの残高を確認できないと困る場合がありますよね?

そんな時のために、無料で残高確認できる方法を知っていれば便利です!

Suicaの残高確認方法には、意外と知られていない方法がたくさんあります。

そこで、無料アプリなどを使ったSuicaの残高確認方法をご紹介します。

1.Suica残高確認アプリをダウンロード!

Suicaの残高確認方法「①・Suica残高確認アプリをダウンロードしよう!」

無料でSuicaの残高を確認する方法はいくつかありますが、その中でも一番便利なのがSuica残高確認専用のアプリ「SuicaReader」をダウンロードすることです!

携帯にこのアプリがインストールされていれば、いつでもSuicaの残高を確認できます。

アプリで残高確認をするためにはまず「GooglePlay」でアプリをダウンロードする必要があります。このアプリはAndroid端末専用のアプリなのでGooglePlayからのみダウンロードが可能です。

「SuicaReader」の使い方はとても簡単です。インストールが完了したら「SuicaReader」アプリを起動させます。

その後スキャンと表示されてあるボタンをクリックしたら、カードの上にスマートフォンを置くだけでスキャンが完了します。

このアプリでは残高確認だけでなく利用履歴まで確認できるのでとても便利です。

残念ながらこのアプリはPASMOの残高は確認できませんが、エディやnanacoの残高確認は可能です。このアプリ一つで多くの電子マネーの使用履歴や残高確認が管理できるのでとても便利です。

注意点としてはAndroid端末であっても古いスマートフォンなどはアプリが使えない可能性があり事前の確認が必要です。

一方で残念ながら、iPhoneユーザー向けのアプリは今のところないんですよね・・。

iPhoneユーザーの方は「パソリユーティリティ」というアプリを利用して残高確認ができますが、別売りでICカードリーダーを購入してSuicaの情報をiPhoneに読み込む必要があります。

このICカードリーダーは決して安価とはいえませんが、約2000円から5000円で購入することができます。

iphoneユーザーでどうしてもアプリを利用したい人はこのICカードリーダーを利用してみましょう。




2.Suica対応の自動販売機で確認する

Suicaの残高確認方法「②・Suica対応の自動販売機で確認する」

Suicaの残高確認をするためにSuica対応の自動販売機を利用する方法があります。

意外と知られていないこの方法ですが、最近はSuica対応の自動販売機が駅構内のあちこちに設置されています。

Suica対応自動販売機は駅構内であればどこにでも設置されているわけではなく、主にJR東日本の駅に設置されていますね。また駅構内以外でもコカ・コーラやサントリー系列の自動販売機であればSuicaに対応しているので残高確認ができます。

PASMOやICOCA対応の自動販売機でもSuicaが使える自動販売機が最近は増えており、それらの自動販売機でも残高確認ができます。

この方法を使うとドリンクを購入するたびにSuicaの残高確認ができます。またドリンクを購入しなくても無料でSuicaの残高確認をする方法があります。

確認方法はとても簡単です。Suica対応の自動販売機で通常ドリンクを購入する際にはまずドリンクを選ぶ必要がありますが、ドリンクのボタンを押してからSuicaをかざすとドリンクが購入されてしまうのでドリンクを選ぶ前にSuicaだけをかざします。

そうすることによって残高確認を無料で行うことができます。残高はお札投入口の上の部分に表示されます。




3.駅の改札で確認する

Suicaの残高確認方法「③・駅の改札で確認する」

Suicaの残高を無料で確認する方法として意外に知られていないのが駅の改札で確認する方法です。

Suica対応の改札を通る際にSuicaをかざすと読み取りが行われ残高確認が通る改札の先端に表示されます。

普段Suicaを利用する人でも改札の液晶画面をチェックする人は少ないので残高確認をできることを知らない人が多いです。JR東日本の駅の駅の改札であればどこでもSuicaの残高確認ができますが、混雑の少ない改札を利用する必要があります。

・・というのも、混雑の多い改札を利用すると自分のSuicaの残高ではなく、他の利用者の残高が表示されることがあるからです。

混んでいる改札ではコンピューターが処理できるスピードより早く多くの人が改札を通るので自分より前に改札を通った人のSuicaの残高が表示されたり、後に通る人の残高が表示されてしまいます。

とても便利な方法ではありますが、朝の混雑時などには別の方法を利用した方が良いでしょう。

4.コンビニで確認する方法

Suicaの残高確認方法「④・コンビニで確認する方法」

Suicaの残高を無料で確認する方法には、コンビニで確認する方法があります。

この方法はコンビニで買い物をする必要がありますが、毎日コンビニを利用するという人にはお勧めの方法です。

最近はSuicaを利用できるコンビニがほとんどですが、ファミリーマートやセブンイレブンローソンで使えます。

残高が少なすぎて買い物ができないという場合には10円で買えるものがたくさん売ってるのもコンビニの良いところです。

確認方法はとても簡単でコンビニで買い物をする際にSuicaで支払うだけです。その際にレシートが発行されますので、そこに記載されてあるSuicaの残高を確認します。

普段レシートは捨ててしまう人が多いですが、レシートとっておくことで後でSuicaの残高を確認することもできるので、レシートはとっておいた方が良いでしょう。




5.Suicaの発券機で確認する方法

Suicaの残高確認方法「⑤・Suicaの発券機で確認する方法」

Suicaの残高を無料で簡単に確認するもう一つの方法はSuicaの発券機を利用することです。

この方法はJR東日本の駅を毎日利用する人におすすめの方法です。またSuicaの発券機は朝の通勤時や大きな駅では混雑している場合が多いので、この方法はあまりおすすめできません。

この方法のメリットは何も購入せずに無料で確認できるので一切のSuica履歴を残さないことです。

確認方法はとても簡単です。まずJR東日本の駅に設置されてあるSuica発券機にご利用のSuicaを挿入します。この際に挿入口を間違えないようにしましょう!

また必ずカードの表を上にして挿入する必要があります。カードが機械に入ると残高確認が画面に表示されます。確認したらそのまま取り消しボタンを押すだけです。

Suica発券機はSuicaを発券するだけに使用できると思っている人が多いですが、知る人ぞ知る便利な方法です。

6.残高確認が不安なときに便利なオートチャージ!

残高確認が不安なときに便利なオートチャージを利用しよう!

残高確認がなかなかできない状況にある人にはオートチャージがおすすめです。

この方法だと常にSuicaにお金が入っている状態になるのでSuicaの残高が足りなくなる心配がありません。

このオートチャージを利用するにはSuicaがついているVIEWカードに加入する必要があります。

VIEWカードはクレジットカードなので、このクレジットカード機能を経由してオートチャージがされます。

VIEWカードを利用すると定期券などの乗車券を購入するたびにクレジットカードのポイントが貯まるのでとてもお得です。

7.まとめ

無料で簡単にできるSuicaの残高方法をご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?

Android端末向けの専用アプリを利用したり、Suica対応の自動販売機を利用するなどSuicaの残高確認を無料で行う方法はたくさんあります。

これらの方法を活用してより安心にSuicaを利用できます!

ぜひ、状況に応じて一番簡単で無料のSuica残高確認方法を試してみましょう。