クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

ゆうちょカードの様々な手数料を詳しくご紹介します!

ゆうちょカードの様々な手数料を詳しくご紹介します!

1.他行への振り込み
2.ゆうちょダイレクト
3.ゆうちょカードの手数料
4.コンビニを利用する場合
5.ゆうちょカードの再発行
6.まとめ

急な振り込みにも、引き出しにも、ゆうちょさえあれば大丈夫です!

でも、心配になるのは手数料ですよね。もしかしたら、かなり高いのでは?と、思っている人の為に、様々な時にかかる手数料をご紹介します。

1.他行への振り込み

意外と多いんですよね。旅行先で振り込みをしなくてはいけない事って・・。

私も以前、旅行中に公共料金の引き落とし日を思い出して青ざめてしまいました。そんな時に、ゆうちょ銀行があってとても助かったんです。

ゆうちょ銀行から送金した事が今ままでなかったので、かなり緊張しました。ゆうちょ銀行からは、日本全国の銀行や農協に振り込む事が出来ますので、とても便利なんです。

窓口で振り込む場合には、通帳と印鑑が必要になります。

ATMから振り込む時には、キャッシュカードを持っていると、とても便利ですが、持っていなくても、「他行口座への送金」を押せばすぐに出来ます。

肝心な手数料ですが、窓口の場合は5万円未満では130円ですが、5万円以上だと340円かかります。そして、ATMから振り込むという場合には5万円未満だと80円、5万円以上だと290円かかります。

振り込むお金が5万円を越えてしまうと、途端に手数料が高くなりますので、気を付けましょう。

私は、ATMでの送金方法がよく分からなくて、結局窓口にしました。もしもの時の為に通帳持ってて良かったぁ。と、心底思いました。

でも、ゆうちょ銀行があったおかげで、引き落としには間に合ったので、かなりホッとしました。やっぱり、地元でない時に頼りになるのはゆうちょだな。と、思いました。




2.ゆうちょダイレクト

ゆうちょダイレクトというサービスを知っていますか?

ゆうちょダイレクトとは、お手持ちのPCやスマホとゆうちょがインターネットで繋がっているというものです。

何がすごいかというと、手元のPCやスマホを使うだけで、簡単に残高を確認したり、他の口座へと送金する事が出来るんです。ゆうちょ銀行やATMに行かなくても良いという事なので、雨の日などには最適なのです。

もちろん、残高照会に関する事などは手数料は無料ですし、ゆうちょ銀行当ての送金なら、月5回までは無料なのです。6回目からでも113円と、とても安くすみます。

ですが、他の銀行当てなら、5万円未満だと216円、5万円以上だと432円となります。

窓口やATMと比べると、少し高いような気もしますが、手元で出来るという事と、営業時間を気にしなくても良いのが嬉しいサービスなので、申し込んでおく方が良いと思います。

このサービスに入っておけば、移動中でも、好きな時に送金する事が出来ます。

申し込みもとても簡単で、キャッシュカードを持っている人はWEBからでも出来ますし、キャッシュカードがないという場合もゆうちょ銀行の窓口ですぐに手続き出来るので、とても便利で嬉しいサービスです。

ネットの普及が当たり前になっている今だからこそ、必要なサービスなのです。




3.ゆうちょカードの手数料

旅行中に、ゆうちょ銀行はなかなか見つけられなくても、ゆうちょと提携している金融機関は数多くあります。すぐにお金を預ける事も、引き出す事も出来ますので、とても便利です。

ですが、日にちによっては料金が変わってしまいます。平日なら朝8時45分から18時まで1回につき108円ですが、土曜日や休日だと朝9時から14時まで、1回につき216円です。

実は私も旅行中にどうしても欲しい靴があったので、お金を下ろす事にしたんです。

しかし、日付は土曜日。どうして金曜日に出会わなかったのかと思いながら、お金を引き出しました。108円の差なのですが、かなり大きいですよね。おかげで欲しかった靴は買えたのですが、なんだか複雑な気持ちがしました。

こういう事もありますので、旅行中は手持ちのお金をよくチェックしておくのが良いでしょう。

私もこの時の事を教訓にして、細めに残金をチェックしてるんです。そして、出来るだけ土日に行かなくてもすむようにしています。

4.コンビニを利用する場合

ゆうちょと同じぐらい多いのがコンビニです。都会と田舎では数こそ違いますが、殆どの地域にコンビニはあります。

私も旅行中には何度かコンビニのATMを利用したのですが、最近知ってショックを受けた事がありました。それは、ファミリーマートなら手数料が無料という事です。

これはかなり意外でした。実は私が住んでいる北海道には今までファミリーマートが少なかったんです。

多いのは、地元で愛されているコンビニであるセイコーマートやセブンイレブン、そしてサークルKサンクスが多かったのです。

他の地域に行っても大抵は行きなれているセブンイレブンを使っていたんです。すると、ここ最近、ファミリーマートが北海道でとても増えてきたんです。

そこで初めてファミリーマートだとゆうちょのカードを使っても手数料が無料だと知ったのです。

もっと早くに知りたかったと思いました。もちろん、セブンイレブンだって手数料は108円で、高くは感じないのですが、それでも平日は朝の8時45分から18時まで、土日でも朝の9時から14時までの間の話で、それ以外の時間だと216円ですものね。

僅かな金額だと思うかもしれませんが、やはり無料から比べるとかなり違います。

コンビニのATMで手数料が無料という所があるとは思ってもいませんでした。最近ではコンビニでゆうちょのカードを使う時には、ファミリーマートを探すようにしています。




5.ゆうちょカードの再発行

旅行先でカードを紛失するという人も多いと思います。その時には、慌てないで、すぐに近くの郵便局に行くと、再発行について教えてくれます。

そして、すぐに再発行の手続きは可能ですが、再発行には540円(税込み)かかります。

また、「ゆうちょICキャッシュカードSuica」を利用している人もいますよね。この場合は、もしもカードを紛失して再発行を頼む場合は、普通のキャッシュカードと違って、少し手数料が高くなり1,030円かかります。

それに、東日本旅客鉄道株式会社との個人情報の共同利用に関する同意書も必要になりますので、もしも紛失した時には、必ずすぐに郵便局に知らせましょう。

そして、キャッシュカードにしても、ゆうちょICカードSuicaにしても、再発行の時には通帳も必要になるので、必ず忘れないようにしましょう。

もちろん、キャッシュカードは紛失しないのが一番なのですが、もしも紛失した時にこの事を覚えておけば、慌てる事はありません。すぐに郵便局に連絡をしておけば、不正に使われるという事もありません。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか。ゆうちょがいかに便利で使いやすいかという事が分かれば、今までよりももっと便利な生活が出来ると思います。

旅行中に振り込みを忘れてしまって焦る事ってありますよね。更に、突然の出費で手持ちがなくなった時も、やはり焦るものです。そんな時に便利なのが、ゆうちょ銀行です。日本国内であれば、いつでもどこからでも出来ますものね。

手数料というのは、僅かな金額です。一度使う事を考えるなら、さほどの金額ではないのですが、使用頻度を考えたら、出来るだけお得な所を使うと良いと思います。旅行先で、すぐに見つけられるの所が一番だと思うんです。

あらかじめ手数料を知っておく事は、とても大切な事です。