クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

auでiTunesを使う方法は?auユーザーだけの特典をチェックしよう!

更新日:

auでiTunesを使う方法は?auユーザーだけの特典をチェックしよう!

1.iTunesの楽しみ方「音楽サービス」
2.iTunesの楽しみ方「映画配信サービス」
3.iTunesの楽しみ方「ギフトカード」
4.auユーザーのiTunes利用方法
5.auユーザーができること・できなくなったこと

iTunesはお気に入りの音楽や映画を購入して、いつでも楽しむことができるサービスです!

「Mac」や「Windows」のパソコンで利用することが可能ですが、iPhoneと同期させて利用している人も多いですね♪

「au」の端末でiTunesを使う方法について、詳しくチェックしてみましょう!

1.iTunesの楽しみ方「音楽サービス」

iTunesの楽しみ方として一番に思いつくのは、常時4500万曲を再生可能な音楽サービスです!

iTunesを利用することで、「Apple Music」に登録されているこれらの曲を、全て聞くことが出来るようになります。

購入方法は1曲ごとではなく、1ヶ月ごとのプランで利用できるので、好きな音楽を好きなだけライブラリにダウンロードして楽しむこともできます。

またデータ容量が気になる場合は、オフラインで聴くことも可能なので便利です。さらに、有料配信のため邪魔な広告が入ることもありません。

キャンペーンにもよりますが、3ヶ月無料で体験できることが多いので、ぜひ一度試してみましょう!




2.iTunesの楽しみ方「映画配信サービス」

数多くの映画通に好評なのが、iTunesの「映画配信サービス」です。

10万種類以上の映画が揃っていて、大ヒット映画だけではなく、少しマニアックな映画のラインナップも取り揃えられています。

「AppleTV4K」があればお気に入りの映画を「4k・HDR」で楽しむこともできます。気になる映画を事前にダウンロードしておけば、Wi-Fiが使えない場所で観ることもできるので、旅のお供にもおすすめです!

3.iTunesの楽しみ方「ギフトカード」

iTunesには「ギフトカード」があります。ギフトカードを利用してiTunesの様々なサービスを取得することができます。

iTunesギフトカード」は自分用に購入して使うこともできますが、誰かにプレゼントとして送るのもとても喜ばれるカードです。

iTunesギフトカードは様々な金額を選んで購入ができるので、受け取った人は「iTunes Store」「Apple Store」「iBooks Store」などで好きなものをダウンロードすることができます。

先ほどお伝えした「アップルミュージック」のメンバーに登録する際に利用することもできます。

iTunesギフトカードはコンビニやスーパー、ドラッグストアなどで購入することができます。購入の際にはクレジットカードが使えないので注意してください!

またインターネット上でiTunesギフトカードを購入して、「ギフトコード」としてメールで送りたい相手に送信(プレゼント)することもできます

この方法だと直接会う必要がないので、お互いにとっても効率の良いやり取りができますね!

メッセージを添えてサプライズでプレゼントすると、とても感激されるでしょう。特に若い世代の方へのプレゼントには重宝されています。

iTunesギフトカードの利用方法は、使いたいストアを起動させ、「コードを使う」という項目をタップすると「パスワード」を入力する画面になります。

「Apple ID」でサインインした後、カードの裏に書かれている「コード番号」やメールで送信された「コード番号」を入力すると、チャージが完了します。

チャージが完了すれば、支払いの時に残高から優先して購入金額に充てられます。1円単位で利用することができるので、残った分は次回の利用に回すことができます。

基本的にはiPhone専用のサービスですが、Android端末でも特別な方法でアップルのメンバーシップに登録することができます。

しかしあまり有名なやり方ではないので、プレゼントする際には相手が「Appleユーザー」であるかどうかの確認は必須ですね!




4.auユーザーのiTunes利用方法

auを利用している場合、使用している端末がiPhoneであれば自由にiTunesを活用することができます!

アップルオンラインストア」で購入すれば、クレジットカードでiTunesカードを購入することができます。

たとえば自分がiTunesカードを利用する側の立場だとして、アップルストア内で購入したい商品代金をiTunesカードで充てて、残金が足りない場合は、残りの決済をauキャリア決済やその他の支払い方法と併用して使うこともできます。

5.au ユーザーができること・できなくなったこと

auかんたん決済」を使って、「Apple Store」「Apple Music」「iTunes」のサービスを直接購入することができます。

これらのサービスはauのiPhoneユーザーなら誰でも利用できます。これがアップルの課金サービスがキャリア決済に対応した初めての例でした。

各サービスのアカウント設定画面の支払い方法で、キャリア決済を選択すればコンテンツを購入することができます。

これだとクレジットカードを持てない人や、利用したくない人もiTunes利用への敷居が低くなりますね!

設定方法は以下の通りです。

①・設定から「iTunes & App Store」をタップして、設定している「Apple ID」をタップします。

②・「Apple ID を表示」をタップして、パスワードを入力します。

③・アカウント画面の中から、お支払い情報をタップします。

④・支払い方法の種類の中から、「キャリア決済」を選択します。

⑤・キャリア決済の詳細のところに、iPhoneの電話番号を入力し、終了をタップします。

⑥・SMSで4桁の確認コードが届くので、「携帯電話番号を確認」に確認コードを入力します。

以上の設定が完了するとアカウント画面に戻りますので、お支払い情報をタップしてキャリア決済が選択されていれば設定完了です。

これにより、iTunesの利用でかかった料金を毎月の通信料金と一緒に支払うことができます。




▼【iTunesのサービス購入時にエラーが出てしまう場合の対処法

iTunesのサービス購入時に、キャリア決済でエラーが出てしまう時があります。

その場合は、月間の利用限度額を超えてしまっている可能性があるか、未払いの料金があることが考えられます。

翌月まで利用を待つか、未払分の料金を支払うことで解決します。すぐにその場でiTunesの利用を行いたい時は、支払い方法をクレジットカードがコンビニ払いなどに変更するようにしてください。

▼【iTunesに関してauで規制されている内容は?

一方で、それまでauで出来ていたことなのに、最近になって規制がかかったことがあります。

それは「auオンラインショップ内」で、「auかんたん決済」を利用して「iTunesカード」や「コード番号」を購入することです。

ここ数年でクレジットカードや電子マネーの現金化が社会で問題になり、国が様々な規制に乗り出しました。

お金が足りない時の緊急手段として、クレジットカードの枠内でのキャッシングや、金融機関からのキャッシングがありますが、中にはこれらの方法でお金を借りることができない人もいます。

審査に引っかかったり、未成年であったり・・・。

そのような時の裏技としてよく使われていたのが、電子マネーやプリペイドカードなどを使った換金方法です。流行りのフリマアプリでこれらのものが出品されていることも問題になりましたね。

キャリア決済でiTunesカードを購入できることも、必要額を現金化するための抜け道の一つとして使われていました。

これらの現金化目的防止の先駆けとして、Amazonギフト券が各携帯キャリア決済での購入を規制するようになりました。

その後すぐにユーザーたちはiTunesギフトカードの購入に殺到したのですが・・。(購入したギフトカードを金券ショップなどに持って行って、お金にするのです。)

ほどなくして iTunesギフトカードやGoogle Playギフトも大手携帯キャリア決済の規制の対象になりました。

このような流れから、今ではauかんたん決済でiTunesギフトやギフトコードを購入することができません

正当な理由で有効活用していたユーザーにとっては、一部の悪意を含んだユーザーの利用方法によって、できないことが増えてしまうのは、とても悲しいことですね。