クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

「WiMAX」の解約方法は?口コミと解約金を詳しくチェックしよう!

「WiMAX」の解約方法は?口コミと解約金を詳しくチェックしよう!

1.WiMAXの評判は?
2.料金に関する口コミもチェックしよう!
3.WiMAXの解約方法
4.プロバイダで契約した場合の解約方法
5.店頭で契約した場合の解約方法
6.解約金について
7.まとめ

WiMAX」は無線通信技術のひとつ。日本では「UQコミュニケーションズ」が有名な事業者ですね!

「WiMAX」は月額料金が定額、データ容量が無制限、高速通信に対応、工事不要などのメリットがあります。

「WiMAX」の口コミと解約方法、解約時の注意点をチェックしておきましょう!

1.WiMAXの評判は?

人口カバー率「90%」を超えているという圧倒的な普及率の「WiMAX」ですが、様々な評判が入り混じっています。

良くあるWiMAXの口コミを、いくつかをチェックしてみましょう!

「たまに速度規制がかかることはあるけれど、ほとんど気になりません。これならばもっと使った方が断然お得なサービスだと思います。」

「職場がWiMAXですが、自宅より断然早くて仕事がはかどります。自宅も変えようか検討中です。」

「都会であればあるほど、そしてどちらかというと夜中の方が速度が早い気がします。」

WiMAXの速度に関しては満足度の高い口コミが多い印象ですが、一方で速度に対する不満の声も上がっています。

「規制外なのに速度が遅い。価格相応の価値がないと思います。」

「WiMAXを利用してゲームをしていますが、全然使い物になりません。」

これらの口コミはよく見ると、四六時中速度が遅いというのではなく、ある一定のエリアや時間に関しての速度の不満の声があがっている場合があるので、参考にしたいですね!




2.料金に関する口コミもチェックしよう!

料金に関するWiMAXの評判も見ていきましょう!

「スマホも格安SIMに替えれば、インターネット利用料と合わせても月7000円いきません。」

「キャッシュバックキャンペーンなどもやっているので、トータルするとWiMAXの方がお得になる場合があります。」

用途やキャンペーンと組み合わせると、安く使えるケースがあるようです。

ただし一方で、いざ解約しようとすると解除料が高いという意見も寄せられています。

3.WiMAXの解約方法

ここからはWiMAXの解約方法について、詳しく説明します!

現在利用中の「WiMAX」は契約中のプロバイダに連絡をすることで解約ができます。

WiMAXを提供する会社は15社近くあります。その会社によって手続きの仕方には差がありますが、共通する部分をチェックしておきましょう。

ポイント①
解約は契約者本人が行うこと

携帯電話などもそうですが、手続きは「契約者本人」が行うことが厳格化されています。不正な契約または解除を防止する目的があるようです。

どうしても本人による手続きが難しい場合は、委任状などで代理手続きを行える会社もありますので確認してみてください。名義人が亡くなってしまった場合は家族の方が手続きを行う必要があります。

ポイント②
解約金が発生する場合がある

こちらに関しては後ほど詳しく説明しますが、更新月の確認を行わないと解約金が発生してしまう場合があります。手続きの前に契約内容を確認して、損がないように手続きを行いましょう。

ポイント③
解約の取り消しができない

一度解約をしてしまうと、後から解約の取り消しを申し出ることができない場合があります。

解約の理由は他社への乗り換えが多いと思うのですが、乗り換え条件をよく確認しないで解約をしてしまうと、後から「そのままの方が良かった!」と思っても後戻りできないことがあります。

双方のメリットとデメリットをよく見極めた上での解約をお勧めします!

これらの3つのポイントをおさえておいた上で、申し込み方法ごとの解約手続きについて確認して見ましょう!




4.プロバイダで契約した場合の解約方法

プロバイダでWiMAXを契約した場合の解約方法は、「電話」「書面の郵送」「オンライン」のいずれかの方法で行います。

プロバイダによっては電話でのみ解約を受け付けているところもあります。WiMAXの解約時に引き止めを熱心に行っているところが多い印象ですね。

少し手続きに腰が重たくなってしまいますが、いざ電話をかけてみると5分もあれば解約手続きは終了しますので、頑張りましょう。

なんだかんだと言っても、一番確実な解約方法といえば電話です。

書面の郵送で解約を希望する場合、少しでも書面に不備があったときは書類が差し戻しがある可能性があります。

オンライン手続きは郵送に比べて時間もかからないですし、電話がなかなかつながらないというイライラも起こらないですが、見落としがちな項目が多くなってしまうのが難点です。

注意事項をよく読まずにどんどん「次へ」に進んでしまうと、後になって予定外の出費がかさんでしまうことも考えられます。

Webの手続きに慣れない人は、しっかり「解約の完了」まで到達しないで操作をやめてしまい、安心してしまうことがあります。

解約したはずなのに、まだ継続されていたということがありますので、自信がない人は引き止め勧誘にあっても電話での手続きの方が確実です!




5.店頭で契約した場合の解約方法

家電量販店などでWiMAXを契約した場合の解約方法はどうなのでしょうか?

この場合もわざわざ店頭に足を運ぶ必要がなく、「電話・郵送・オンライン上」で解約手続きを行うことができます。

もちろん有人による接客を望む人は、店頭での解約もOKとなっています。この場合店頭では、その会社の専属のスタッフではない限り、非常にあっさりと解約手続きが終わります。

わからないことも丁寧に質問に答えてくれるので、引き止めや勧誘のストレスなく解約手続きを行うことができるでしょう。

6.解約金について

さてここからが一番重要なお話です。WiMAXユーザーが持っている不安要素のナンバー1と言ってもいいかも知れません。

携帯電話の契約や、インターネットの手続きに詳しい人には周知のことですが、プロバイダや料金プランによっては、解約をすると違約金が発生することがあります。

複数年契約で月々の使用料が安くなっている場合や、キャッシュバックキャンペーンを適用した時などは、5000円から多い時で2万円近くの解約金が請求されます。

少しでも損がないように抑えるためには、以下のことを念頭に置いておきましょう。




最低年数以上は契約を継続し、次の更新月のタイミングを逃さない!

約束通り、規定内の年数を守れば何の問題もありません。プロバイダによっては更新の月がくると自動でもう2年縛りが出てくる時があります。

このタイミングさえ見極めておけば、中途半端な月で解約をして違約金が取られてしまうことはないでしょう。またこの2年縛りについては総務省が警告を出しているので、いずれなくなるルールだと言えます。

割引やキャンペーンを利用しない契約をする!

プロバイダによっては全くサービスがない場合もありますが、割引がない代わりに、通常の料金で月額使用料を支払うプランを用意している会社もあります。

毎月払う額は少し高めですが、その分どのタイミングで解約しても違約金を請求されることはありません。ユーザーに選択権を与えてくれるのは、優良な会社を見極めるポイントになるでしょう。

乗り換え先のキャッシュバックを利用する

こちらは少し方向性が違う方法ですが、乗り換え先で多額のキャッシュバックをもらえる場合、それを前の会社の解約料に充てることができます。

各社新規ユーザーの獲得に必死ですので、それを利用しない手はないでしょう。トータルでプラスになるぐらいの新しい会社を見つけられれば、得した気分になりますね!

7.まとめ

WiMAXの特徴と口コミ、解約方法についてご紹介しました!

WiMAXは使う人の環境や条件によっては、とても使いやすい無線通信技術です。

自分の周りでWiMAXのユーザーがいるようであれば、メリットとデメリットをしっかりリサーチしておくと良いでしょう。

また、いざという時のために解約方法について知っておくと安心です!

ちょっとくらい損してもいいやと思って、新しい会社との契約を先走ってしまうと後悔してしまう時があります。

様々な通信サービスが次々と出てくるので、ユーザーとして賢く利用していきたいものですね!

参照元:【公式】UQ mobile・UQ WiMAX|UQコミュニケーションズ
参照元:|公式サイト