クレジットカードをつくる.jp

クレジットカードの受け取り方法は?配達のルールを教えます♪

クレジットカードの受け取り方法は難しい!配達のルールを教えます♪

クレジットカードの申し込みを済ませたのはいいけど・・。

意外と知られていないのが「配送方法」です。

審査が通ればあとはクレジットカードを受け取るだけ。ちょっと安心しますよね♪

しかし、クレジットカードは簡単な方法では手元に届きません。

クレジットカードはどのように配送されるのでしょうか?




1.クレジットカードの受け取りは意外と大変?

クレジットカードの受け取りは意外と大変なんです!

クレジットカードの審査に無事通過して、あとはカードを受け取るだけ。

・・なんてホッとしていたら、なかなかクレジットカードが受け取れない。なんていうことがあります。

クレジットカードの郵送はポストへの投函ではなく、必ず書留や本人限定受取郵便など、確実に本人の手元に届く方法で送られてきます。

これはクレジットカードの悪用や、架空名義での申し込み防止のためです。


それは分かっていても、現実には一人暮らしで残業が多いので毎日の帰宅が深夜になるとか、出張や旅行で留守にすることが多いといった理由で、クレジットカードを受け取れない場合があります。

クレジットカードを家族に内緒で申し込んでいたり、不慮の事故などで入院をしている場合には、自宅以外の場所にカードを送ってもらいたい場合もありますよね?

送付方法について何も知らないままでは、郵送された
クレジットカードを受け取ることなくカード会社に返送されて、審査が無効になってしまうかもしれません。

そんなクレジットカードの受け取りについて・・。もっと上手に受け取る方法はないんでしょうか?

様々なシーンでのカード受け取り方についてご紹介します。




2.不在の時はどうする?

不在の時はどうするんでしょうか?

日中は仕事で家にいない、急な用事で数日家を空けるといった場合。

クレジットカードが配達されたときには、どの業者の配達であっても不在連絡票がポストに入ります。

不在連絡票には連絡先が書かれているので、受け取れる日時を伝えてまた届けてもらうか、保管場所まで取りに行きましょう。



配送業者はクレジットカード発行会社によって異なります。

郵便局や佐川急便、ヤマト便など宅配業者は多数ありますが、配送方法がどの業者であっても、クレジットカードの郵送は本人に直接手渡す形となります。


配達の際に渡すことができず、
不在連絡票を入れても連絡がない場合、一旦は配送業者で保管しますが、保管期限が過ぎた場合にはカード会社へ返送されてしまいます。

保管期限については、郵便局、佐川急便、ヤマト運輸とも7日間と定められています。

保管期限を過ぎたら

再配達の連絡を忘れたり、受け取れる日時が指定できず、そのままにして保管期限が過ぎてしまった場合。

発行されたクレジットカードはいったんカード会社に返送されます。

返送されたクレジットカードの扱いはカード会社によってまちまちですが、どのカード会社でもすぐに解約とはならず、再配送するという点では共通しています。



カード会社にすれば少しでも顧客を増やしたいわけであり、1度戻ったくらいでは解約にすることはありません。

新しい封筒に入れて再送したり、あらかじめ返送された旨のお知らせのをハガキを送る会社もあるようです。

カード会社にも連絡を!

ただし、すぐに再送してくれるとは限らないので、早くクレジットカードを使いたい場合はカード会社に連絡しましょう。

どちらにしても、返送になってしまった時点で連絡は入れた方がいいと思われます。



自分名義のクレジットカードがいつまでもどこか分からない場所にあるというのは、気持ちのいいものではありません。

連絡を入れて早めに再送の手配をしてもらうことをおすすめします。




3.受け取り時に本人確認はするの?

受け取り時に本人確認はするんですか?

クレジットカードは書留もしくは本人限定受取郵便、佐川急便の受取人確認配達サービスなど、配達が証明される方法で送られてきます。

書留なら誰かいれば印鑑を押すことで受け取ることができますが・・。

本人限定受取郵便は本人しか受け取ることができず、本人確認書類を用意する必要があります。



クレジットカードの申し込みをwebで済ませた場合、本人確認書類は提出しますが、該当住所に本当に本人が住んでいるかは確認できません。

そこで、本人しか受け取ることのできない方法で送付して、配達の際に本人確認を行うという方法を取るわけです。

本人限定受取郵便の場合

(特定事項伝達型)の場合

いずれか1点(氏名、住所および生年月日の記載があり、かつ、郵便物・荷物を受け取る際に有効なものに限ります。)
が受け取りに必要となります。

(1) 旅券(パスポート) 


(2) 在留カード 


(3) 特別永住者証明書 


(4) 外国人登録証明書(在留の資格が特別永住者のものに限ります。) 


(5) 運転免許証 


(6) 個人番号カード(個人番号カードとみなされる写真付き住民基本台帳カードを含みます。) 


(7) 官公庁が発行した身分証明書で写真付のもの 


(8) 健康保険、国民健康保険または船員保険等の被保険者証 


(9) 共済組合員証 


(10) 国民年金手帳 


(11) 年金手帳 


(12) 運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限ります。) 


(13) 公の機関が発行した資格証明書で写真付のもの(療育手帳、身体障がい者手帳等)

(14) 届出避難場所証明書(郵便物を受け取る日前6か月以内に作成されたものに限ります。)

本人限定受取郵便(特定事項伝達型)とは郵便局のサービスです。

郵便受取りの際に本人確認書類を提出し、本人だけが郵便物等を受け取ることができるというシステムです。



郵便物が届く前に、「到着通知書」というものが本人宛に届きます。

そのあとに受け取る形になりますが、受け取り方法は2種類あるので、どちらかを選択することになります。






1.自宅への配達



「到着通知書」に記載されている郵便局へ配達希望の日時を連絡します。郵便物を受け取るには本人確認書類が必要になります。

この際、配達員が本人確認書類の記号番号等を記録します。郵便局での保管期間は10日間になります。 



2.郵便窓口で受け取る場合



「到着通知書」を郵便窓口に持参して、郵便を受け取ります。

受け取りの際は、通知書のほかに本人確認書類1点、印鑑(サイン可)が必要になります。

ゆうゆう窓口(時間外も空いている窓口)に関しては、取扱いのない郵便局もあるので、「到着通知書」に記載のある郵便局に確認してから行くようにしましょう。

受取人確認配達サービスの場合

佐川急便の受取人確認配達サービスも、本人確認書類を確認して、本人だけが受け取れるサービスです。

佐川急便の配達員が送り状の名前と住所が公的証書と一致するか確認します。公的証書とは以下のものです。



1.運転免許証

2.各種健康保険証・共済組合証

3.パスポート(日本国内政府発行のものに限る)

4.年金手帳

5.在留カード



公的証書で住所の確認ができない場合、以下の書類も合わせて必要になります。

書類は6ヶ月以内に発行されたものに限ります。



1.公共料金の領収書(電気・ガス・水道・電話・NHKのいずれか)

2.国税・地方税の領収書または納税証明書 

3.社会保険料の領収書



代理人の受け取り、店頭での受け取りはできません。




4.郵便局に受け取りに行く

指定した郵便局で受け取ることができます!

本人限定受取郵便で郵便局の窓口に取りに行く以外に、書留の不在連絡票が入ってから、受け取りに行く方法もあります。

これなら会社の近くの郵便局や、土日や遅い時間まで空いている郵便局の窓口で受け取れます。



不在連絡票に受け取りたい郵便局を記入してポスト投函するか、電話連絡しましょう。

受取の際には、不在連絡票と本人確認書類および印鑑が必要になります。

5.自宅以外で受け取りたい

自宅以外で受け取りたい場合はどうすれば?

仕事が忙しいので職場に配送してもらいたいとか、入院中なので病院に配達してもらいという場合もありますね。

郵便物を転送してもらえれば助かります。

そもそも、クレジットカードの郵送では転送はしてもらえるのでしょうか。



この点、クレジットカードの郵送は「転送不要」という記載があり、転送できない場合がほとんどです。

本人がその住所に間違いなく住んでいることを確認する目的があるので、これは仕方ありません。

郵便窓口に取りに行くか、しばらく取りに行けないのであれば、カード会社に連絡して、後日再送してもらうようにお願いしてみましょう。

代理人でも受け取れる?

本人限定受取郵便は、本人以外の代理人は一切受け取りができません。

自宅で受け取る場合も窓口でも、本人が受け取る必要があります。

書留で不在連絡票が入っていた場合は、本人以外の家族でも受け取りはできます。

その際、本人確認書類、本人の委任状、受け取る人の身分を確認できるものが必要になります。





6.すぐに受け取れるクレジットカードもある?

すぐに受け取れるクレジットカードもあるんです!

どうしても家族に知られずにクレジットカードを作りたい場合、即日発行でその場で受け取れるクレジットカードを利用するのがいいでしょう。

クレジットカードの種類は限られますが、確実に受け取れるので、急いでいる場合にも助かりますね。



店頭で受け取れるカードには、セゾンカード、エポスカード、アコムのACカードなどがあります。

7.まとめ

クレジットカード受け取り方法は覚えてしまえば簡単です!

クレジットカードの受け取り方法をご紹介しました♪

審査に通ったとはいえ大切なクレジットカード、手元に届くまでは安心できませんね。

クレジットカードを申し込む際には、受け取る状況を確認してから申し込むようにしましょう。


また、クレジットカードを申し込んでからしばらくの間、不在連絡票の通知有無にも気を付けてくださいね!