クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

ハウステンボスの料金がまるわかり!5つの割引方法でお得に遊ぼう!

更新日:

ハウステンボスの料金がまるわかり!5つの割引方法でお得に遊ぶ!

ハウステンボスの料金がまるわかり!料金を安く抑える5つの割引方法でお得に遊ぼう!

1.ハウステンボスの料金はわかりにくい?
2.料金を安く抑えたい人にオススメ
3.入場料込みのチケットは主に5種類
4.コレで完璧?5つのお得な割引方法
5.値上げはいつ?プレスリリースを確認!
6.光の王国(イルミネーション)の入場料
7.まとめ

長崎のテーマパークと言えば「ハウステンボス」ですが、ちょっと入場料が高いなと感じる方も多いのではないでしょうか?

ハウステンボスは料金体系も分かりにくいと言われているため、分かりにくいと言われる通常料金のまとめと、お得な割引方法をご紹介します。

1.ハウステンボスの料金はわかりにくい?

ハウステンボスの料金はわかりにくい?

九州・長崎県にある「ハウステンボス」はオランダの町並みを再現したテーマパークで、キレイな花々の他にも夏には花火、冬にはイルミネーションなどさまざまなイベントが行なわれています。

旅行や観光でも人気のテーマパークですが、入場料金が高いところがネックとなっている人も多いのではないでしょうか。



ハウステンボスの公式ホームページを見てみると、入場料金などの項目が見当たらずに迷った人もいるかもしれません。実際には「チケット」という項目で料金体系が記載されていますが、分かりにくいと思う人も多いようです。今回はそんなハウステンボスの料金について、分かりやすくご紹介していきますので、是非チェックしてみてください!




2.料金を安く抑えたい人にオススメ

料金を安く抑えたい人にオススメの内容!

今回はハウステンボスの通常料金の他に、お得な割引方法もご紹介します。

公式ホームページには載っていない割引方法も多いので、お得にハウステンボスを利用したいという人にはオススメの記事です。その他、光の王国(イルミネーション)の入場料金についてもご紹介します。



中にはたった数百円の割引もありますが、大人数で行く場合やイベント毎に利用する場合は数百円でも嬉しいですよね。

主婦の皆さんなら、少しでも安く済ませたい人も多いのではないでしょうか。是非、記事を参考にしてお得に賢くハウステンボスを楽しみましょう!




3.入場料込みのチケットは主に5種類

入場料込みのチケットは主に5種類です。

対象施設が多い「パスポート」
まずは一般的に多く利用されている「パスポート」をご紹介します。

パスポートには入場料金の他に、バスやクルーザー利用料、アトラクションやミュージアムなど対象施設の利用料が含まれています。

また、パスポートは「1~3DAYパスポート」と、「バラ祭と光の宮殿イルミパスポート」の4つが販売されています。具体的な料金は下記の通りです。



■パスポート料金■


・1DAY:4,100~6,500円

・2DAY:7,500~11,500円

・3DAY:10,000~14,800円

・イルミ:3,200~4,900円



イルミパスポートは夕方16時以降の入場となるため、通常のパスポートよりは安い料金となっています。

一番安い料金が小学生以下、一番高い料金が18歳以上の大人です。その他、中高生と65歳以上のシニアは大人より安くなっています。対象施設以外は有料となりますが、一通りハウステンボスを楽しみたい人にオススメのチケットです。




一部対象施設の「満喫チケット」

チケットの名前からパスポートよりも満喫できる?と思いがちですが、パスポートよりは対象施設が少なく、後ほどご紹介する「散策チケット」よりは対象施設が多いチケットです。

具体的には、バスおよびクルーザー利用料と、オランダの宮殿を再現した「パレス ハウステンボス」、ステージ公演を楽しめる「MUSE HALL(ミューズホール)」の利用料が含まれています。チケット料金は下記の通りです。



■満喫チケット料金


・小学生以下:2,200円

・中学/高校生:3,500円

・18歳以上:4,500円(65歳以上も同額)



パスポートと比べると安めの値段設定なので、一度はハウステンボスに行ってみたいという人にオススメのチケットです。カナルクルーザーを利用すれば、船に揺られながらハウステンボスの外観を楽しむことも出来ます。日没後は別途料金が必要になりますが、クルーザーに乗りながらイルミネーションや噴水ショーを見ることも可能です。
カナルクルーザー|見る・遊ぶ・体験する|ハウステンボスリゾート
参照元:ハウステンボスリゾート(2018年末調べ)

安さを求めるなら「散策チケット」

施設は最小限にしたい、ハウステンボスを見て回るだけでいい、という方には「散策チケット」がオススメです。満喫チケットと比べると、500円ほど安めの価格設定となっています。施設は別途料金を支払えば入場することが出来ますので、好きな施設だけ利用したい時にも便利なチケットです。



■散策チケット料金
■

・小学生以下:1,700円

・中学/高校生:3,000円

・18歳以上:4,000円(65歳以上も同額)



散策チケットは他に、16時以降で期間限定の「ナイトローズチケット」や、18時以降の「光のナイト散策チケット」も販売されています。通常の散策チケットに比べると、200~400円ほどお得な料金ですので、夕方以降からハウステンボスを楽しみたい方は是非利用されてみてください。



尚、時期にもよりますが、営業時間は22~24時までなので、夕方以降からでも十分に楽しめるかと思われます。
チケットのご案内|ご来場ガイド|ハウステンボスリゾート
参照元:ハウステンボスリゾート(2018年末調べ)





ホテル込みの「宿泊チケット」

ハウステンボスに泊まる方なら「宿泊者専用チケット」がお得です。宿泊が前提であるため、1DAYパスポートの代わりに、初日は15時以降入場となる1.5DAYパスポートが用意されています。1.5DAYは1DAY料金+1,800~1,900円で利用できますので、0.5日分と考えると割安な料金設定ではないでしょうか。具体的な料金は下記の通りです。



■宿泊者専用チケット料金
■

・1.5DAY:5,900~8,400円

・2DAY:7,200~10,100円

・3DAY:9,700~12,800円



2DAYパスポートは通常なら18歳以上で11,500円のところ、宿泊すると10,100円なので、1,400円お得です。同様に3DAYは14,800円→12,800円となり、2,000円もお得となるようです。さらに65歳以上であれば、2DAYで1,500円・3DAYで2,100円値引きされますので、宿泊する際はこのチケットを検討されてみてください。
宿泊者専用チケット|チケットのご案内|ご来場ガイド|ハウステンボスリゾート
参照元:ハウステンボスリゾート(2018年末調べ)

▼【イベントを楽しむ「期間限定チケット」】

チケット購入の際に注意したい点が、期間限定チケットは”高くなる”という点です。期間限定と聞くと、料金が安くなるイメージがある人も多いかと思われますが、ハウステンボスの期間限定チケットは通常よりも高めの価格設定となっています。



例えば、3,000発の花火が楽しめる7月の「スーパータワー花火」の開催日には、18歳以上の1DAYパスポートが6,500円→7,000円に値上げされます。

同様に他のパスポートや、満喫・散策チケットも500~600円ほど値上げとなります。秋の「秋の九州一花火大会」では700円ほどの値上げです。



対象施設ナシで入場だけしたい場合には、16時以降の「アフター4入場チケット」も販売されています。こちらであれば、夏は2016年7月23日のみ1,500~3,500円、秋は2016年9月24日のみ2,000~4,000円で入場可能です。



その他、世界フラワーガーデンショーや、年末(12/31)に行なわれるカウントダウンなどの限定チケットもありますので、イベントを楽しみたい方は是非チェックしてみてください。
チケットのご案内|ご来場ガイド|ハウステンボスリゾート
参照元:ハウステンボスリゾート(2018年末調べ)





4.コレで完璧?5つのお得な割引方法

コレで完璧?5つのお得な割引方法とは?

JAF・デイリーPlusで200円引き

JAFの優待制度や、Yahoo!が運営する「デイリーPlus(デイリープラス)」を利用すると、1DAYパスポートの200円引きや、会員証提示で100円引きを受けることが出来ます。

たった200円、されど200円ですよね。JAFは年会費が4,000円、デイリーPlusは月額540円(税込)となっているため、ハウステンボスのためだけに入会するのはオススメできません。既に入会されている方や入会を検討されている方は、会員特典を大いに利用しましょう!
会員優待情報|JAFナビ
参照元:JAFナビ(2018年末調べ)
デイリーPlus(デイリープラス)|Yahoo! JAPANが提供する会員制割引優待サービス
参照元:デイリーPlus(2018年末調べ)

エポスカードの利用特典

同じく会員特典として、クレジットカードの「エポスカード」を利用すると、1DAYパスポートの7%値引きとなります。7%なので287~455円値引きとなり、JAFなどに比べるとお得な割引方法です。さらにハウステンボス内のレストランやお土産ショップでも7%OFFとなります(対象外の施設もあります)。
割引|ハウステンボスの割引・優待・特典|エポトクプラザ|エポスカード
参照元:エポスカード(2018年末調べ)





HISのクーポンをチェック!

無料で割引を受けたい!という方にオススメの割引方法が「H.I.S.クーポン」です。登録・利用料が無料で、スマホのアプリでクーポンをダウンロードすることも出来ます。

キーワードに「ハウステンボス」を入力して検索すると、レストランやお土産ショップの10%OFFクーポンや、ハウステンボスの周りをお得に観光できるオプショナルツアーなどが表示されます。パスポートなどの割引は見当たりませんでしたが、園内や周りの観光にお得な割引方法です。
お得なクーポンをGET|H.I.S.クーポン
参照元:H.I.S.クーポン(2018年末調べ)

金券ショップやオークションも

ハウステンボスのチケットは金券ショップやネットオークションなどでも取引されています。

1DAYパスポートなどが出品されていることもあるようですが、500円割引などの株主優待券の出品が多いようです。他の割引方法に比べて安くで手に入る可能性も高いですが、詐欺などに会うこともあるため、出品者の評価などをしっかり確認の上、取引するようにしてください。



心配な方は企業などが運営している金券ショップの方が安心できるかもしれません。金券ショップでも5名まで利用可能な500円割引券などが販売されています。
ヤフオク!|日本最大級のネットオークションサイト
参照元:ヤフオク!(2018年末調べ)
金券ショップ|格安チケット.コム
参照元:格安チケット.コム(2018年末調べ)

その他は?学割・障害者割引

公式な割引方法としては、期間限定の学割や、障がい者手帳や被爆者健康手帳をお持ちの方が利用できる障害者割引があります。重度障害の場合は、1人に付き1人まで介護者も割引可能です。その他、10名以上の団体割引なども設けられています。



学割については2016年5月現在実施されていませんが、以前は素泊まりプランで1DAYパスポートが通常6,500円→5,600円と、900円引きされるプランも用意されていたようです。但し、対象は中高生を除く大学生などとなっていました。中高生は通常料金でも大人より1,000~2,000円ほど安いためでしょう。
ご来場ガイド|ハウステンボスリゾート
参照元:ハウステンボスリゾート(2018年末調べ)
学生旅行|イベント&ニュース|ハウステンボスリゾート
参照元:ハウステンボスリゾート(2018年末調べ)





5.値上げはいつ?プレスリリースを確認!

値上げのタイミングはいつ?プレスリリースを確認しよう!

ハウステンボスの料金は2016年3月より100円ほど値上がりしていましたが、2016年7月以降はさらに200円ほど値上げされるようです。

場内の環境変化を受けての料金改定とのことですが、短期間での値上げとなっているため、今後も値上げされる可能性はあるかもしれません。ハウステンボスのプレスリリースなどで告知されるため、旅行や観光の際は確認されてみてください。
プレスリリース|ハウステンボスリゾート
参照元:ハウステンボスリゾート(2018年末調べ)

6.光の王国(イルミネーション)の入場料

光の王国(イルミネーション)の入場料は?

ハウステンボスと言えば、最近はイルミネーションである「花と光の王国」も大人気です。イルミネーションを見るだけなので、入場料金だけ支払うことは出来ないの?という方も多いのではないでしょうか。残念ながら、上記でお伝えしたチケットが全てになるため、入場料のみのチケットはありません。






光の王国を楽しみたい方は、16時以降入場のイルミパスポートや、他よりも比較的安い散策チケットがオススメです。クルーザーや光の宮殿などは別途料金が必要となりますが、パスポートを提示すると安くなるため、施設等を楽しみたい方はパスポートの利用をおすすめします。
花と光の王国|イベント&ニュース|ハウステンボスリゾート
参照元:ハウステンボスリゾート(2018年末調べ)

7.まとめ

ハウステンボスの料金割引方法についてのまとめ。

いかがでしたでしょうか?ハウステンボスにはさまざまなチケットがありますので、行きたい施設やイベントなどによって使い分けが必要です。

割引方法は年会費や月額が必要なものも多いですが、無料で利用できるクーポンや学割などの割引もありますし、宿泊の場合は専用チケットがお得な料金となっています。



イベント開催時はチケット料金が高くなってしまいますが、ハウステンボスの花火は圧巻です!割引方法を使ってちょっとお得に、たまには贅沢してみてはいかがでしょうか。