クレジットカードをつくる.jp

ICOCAの残高確認方法!駅以外で使えるおすすめアプリを教えます♪

ICOCAの残高を確認する4つの方法!おすすめのアプリを教えます♪

交通系ICカードを使おうと思った時、残高不足になっているとちょっと焦りますよね?

電子マネーの残高は知りたい時に確認しておきたいものです。

最近はスマホから手軽にICOCAの残高を確認できるアプリもあるんですよ♪

ICOCAの残高確認方法についてまとめました!




1.ICOCAの残高確認について

▼【基本的には駅の券売機などで確認できる

交通系ICカード「ICOCA」は改札にカードをタッチさせると、その取引画面に残高が表示されます。

その他、駅の自動券売機でチャージする時にも残高が表示されます。

基本的には、駅に設置されている「券売機」や「精算機」などを通じてICOCAの残高は確認できるようになっています。



チャージする時に残高を知ることが出来れば、どれだけチャージすれば良いのか判断できるので、残高確認をするタイミングとしては問題なさそうに思えますね♪

好きな時に確認したい!

しかし、中には「駅についた時点で残高がわかるのでは遅い」と感じることがあるかもしれません。

ICOCAをはじめとする交通系ICカードはコンビニなどでも便利に利用できるので、駅を利用しないタイミングでもICOCAを使うシーンは沢山あります。

そうすると、好きなタイミングで残高を確認できた方が絶対に便利なんですよね。



ICOCAの残高を確認する主な方法として、駅の券売機や精算機にICOCAを通して残高を確認をする以外にも、大きく4種類の方法があります♪




2.ICOCAの残高確認をする4つの方法

駅以外でICOCAの残高確認ができる4つの方法は?

1・スマホやパソコンから!

まずは、手持ちのスマホやパソコン、タブレットを通じてICOCAの残高を確認する方法です。

この方法は全てのICOCAカードで使えるわけではなく、「SMART ICOCA」のみが対応できる方法です。その方法とは、「J-WESTネット会員サービス」を利用して残高を確認することです。


ちなみに「SMART ICOCA」とは、クレジットカードと連結させて利用できるICOCAのことで、手元に現金がなくてもクイックチャージが可能です。

さらに利用金額に応じて「J-WESTポイント」が貯まるという便利なICOCAです。

ポイントが貯まることからも分かる通り、「J-WEST」と「スマートICOCA」は連携しているサービスです。



スマートICOCAを利用している人は、この方法で残高が確認できるので便利ですよ♪

2・コンビニでチェック

手軽にICOCAの残高を確認できる方法として、コンビニで買い物をするという方法があります。

ICOCAカードで決済することで、レシートには支払い金額と残高が記載されます。通勤や通学途中にコンビニで昼食を買うという人も多いと思いますが、この方法であれば比較的手軽に残高が確認できるので便利です。

3・Android・iPhoneのアプリ

スマホやタブレットを持っている人は、残高の確認ができるアプリを利用するという手段もあります。

アプリはAndroid携帯とiPhoneとでは仕様が異なるため、アプリの種類によってはAndroidのみ対応というアプリもあります。

ICOCA|check|残高確認

ここでご紹介するのは、Android携帯専用のアプリですが「ICOCA check 残高確認」と言うアプリです。

このアプリをダウンロードして、ICOCAをスマホやタブレットについている「ICタグ」にかざすと画面上に残高が表示されます。



スマホやタブレットにICタグがついていることが条件ですが、このアプリはかざすだけなので手軽で便利ですね!

Suica Reader

次にご紹介するのは「Suica leader」というアプリです。

こちらも「ICOCA check 残高確認」と同様にICOCAを端末にかざすことで残高を表示させる仕組みになっています。

さらに、利用履歴も読み込んでアプリの中にデータを保存してくれたり、交通系ICカード以外に「楽天Edy」などの電子マネーも残高を表示してくれるため、使い勝手がいいアプリと言えます。


定期券の情報については読み取ることができないので、この点だけは注意しておきましょう。

ただし、定期券の情報についてはカードの券面に記載されているため、さほど不便ではないですよね♪


iPhoneで使えるアプリについて探してみましたが、残念ながら今のところiPhoneでICOCAの残高確認ができるアプリは出ていないようです。

iPhoneユーザーの方は、他の方法で残高の確認をしてみましょう。

4・フェリカポート「パソリ」

「パソリ(PaSoRi)」というカードリーダーでも残高確認ができます。USBでパソコンに繋いで使うタイプの機械なので、「パソリ」の本体を別途購入する必要があります。

また、こちらもWindowsのみ対応となっていてMacでは使用できないという難点があります。


しかし、
機能はとても充実しているので様々のデータが確認できます。ソニーの公式ホームページにも記載がある通り、パソリは交通費の精算が必要な場合など、きっちりとしたデータが必要な場合向けの機器といえるでしょう。価格は2,000円台〜です。

電車の利用履歴や残高を最大20件まで確認できます。日付・乗降駅・金額を最新のものから順番に一覧表示。交通費の精算などに利用すると便利ですよ!

さらに「CSVファイル」や「テキストファイル」での出力が可能です。

3.まとめ

ICOCAの残高確認方法を覚えておきましょう♪

ICOCAの残高確認をしたい場合、いろいろな方法が用意されています。

しかしiPhoneやMacで残高を確認したい場合は、アプリや機器を利用しての残高確認は難しいため、駅やコンビニ、J-WESTネットの会員ページから確認するという手段になりそうです。

日本中で愛用者がいるiPhoneですから、今後のシステムに期待したいですね!