クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

じゃらんのキャンセル料金の仕組みは?知ってお得に旅行しよう!

じゃらんのキャンセル料金の仕組みは?知ってお得に旅行しよう!

【じゃらんのキャンセル料金】仕組みはどうなってるの?知ってお得に旅行しよう!

1・じゃらんのキャンセル料は?
2・お得に活用したい人にお得な情報!
3・じゃらんの料金は前払い?
4・キャンセル料が請求される?
5・払わないといけない?
6・キャンセル料が発生するのは何日前?
7・当日よりも「前日」のキャンセルを!
8・ポイントを利用した場合は?
9・領収書が欲しい時は
10・まとめ

旅行で煩わしい宿泊施設の予約が簡単にできるじゃらんは、多くの人が利用しているそうです。

しかし、「キャンセル料」という旅行へ行けなかったときの費用が気になりますよね。

そこで、いざという時に必要になるキャンセル料の仕組みを確かめていきましょう!

1・じゃらんのキャンセル料は?

じゃらんのキャンセル料は…。

大型連休などを利用して、日頃の疲れを癒やすために旅行へ出かける人も多いですよね。

以前は自分で泊まる旅館やホテルを探して、一つ一つ連絡をしていたため、旅行にいく前から疲れてしまうこともありました。しかし、現在ではインターネットから手軽に予約できる様になり、こうしたサービスを利用している人も増えています。



そこで、予約サイトの中でも人気を集めている「じゃらん」の利用方法を確かめていきましょう。今回は、特に気になってしまうことが多い「キャンセル料」についてまとめていきます。旅行のときの不安の1つであるキャンセル料。お得に旅行を楽しむためにも、しっかり確認していきましょう!




2・お得に活用したい人にお得な情報!

旅行の制度をお得に活用したい人に大切な情報です。

旅行へ出向く際には、ホテルだけでなく新幹線などの予約も必要です。それぞれを別々に準備しなければいけないため、1つ1つは手軽でも、意外と手間がかかってしまうことがあります。そこで、じゃらんでは「ホテルと新幹線のセット」が予約できるようになったのです。



一度に旅行に必要な準備ができるとあって、非常に人気を集めている予約方法なのです。

しかし、どれだけ準備をしっかりしていても、旅行に出発できなってしまうことがあります。急な仕事や体調不良など、不測の事態に襲われることもあるのです。そんな時に気になるのがキャンセル料ですよね。



実際に利用しなくても、支払わなければいけないキャンセル料は全ての場合に支払う必要はありません。ですが、油断していると、意外と高額な費用となってしまうのです。じゃらんのお得な予約サービスを利用するためにも、事前にキャンセル料について知っておくことが大切です。




3・じゃらんの料金は前払い?

じゃらんの料金は前払い?

本題であるキャンセル料につちえまとめていく前に、まずはじゃらんで予約した場合の料金について確かめていきましょう。じゃらんを利用して予約した場合、以下の2つから宿泊施設の料金を支払うことになります。



事前支払い(クレジットカード払い)

現地支払い



これらの違いは、料金を支払うタイミングにある…だけではありません。実は掲載されている宿泊施設の中には、事前支払いを行うことで料金が安くなることがあります。つまり、多くの人は利用する前に宿泊代金を支払っているのです。



また、この2つの支払い方法のうち、どの方法を選んだかによってキャンセル料の取り扱い方法が異なります。では、これらの支払い方法をふまえて、キャンセル料がどのように関わっているのか確認していきましょう!
じゃらん|FAQ|宿泊料金はいつ・どこで支払うのですか?(国内宿・ホテル)
参照元:株式会社リクルートライフスタイル(2018年1月調べ)





4・ホテルからキャンセル料が請求される?

ホテルからキャンセル料が請求される?

じゃらんを利用して予約をした場合、基本的にはあなたと宿泊施設との契約となります。じゃらんはあくまでも「予約」に関わるサービスとなりますので、キャンセル料を支払う場合はじゃらんではなく宿泊施設に対して支払うことになるのです。



では、どのようにキャンセル料を支払うのか、その方法をまとめていきますね。まずは、利用料金が約すなる「事前支払い」の場合です。事前支払いの場合、あらかじめ宿泊に必要な料金を支払っています。そのため、支払った金額からキャンセル料が差し引かれて、残りの料金が返金されることになるそうです。



また、現地支払いの場合、まだ料金を支払っておりません。そのため、宿泊施設からあなたの元へキャンセル料を支払いに関わる連絡が届きます。銀行振込などの支払い方法や金額について明記されていますので、その内容通りに支払いましょう。



もし、事前支払いでもキャンセル料に満たない場合は、現地支払いのように宿泊施設から連絡が届きますので、同じようにキャンセル料を支払ってくださいね。このように、少し複雑なやり取りとなりますので、忘れないように注意してくださいね。
じゃらん|FAQ|キャンセル料金について(国内宿・ホテル)
参照元:株式会社リクルートライフスタイル(2018年1月調べ)





5・払わないといけない?

払わないといけないの?それはそもそも適正な料金なの?。

さて、宿泊施設の予約をキャンセルする場合に必要になるキャンセル料ですが、使っていない料金を支払うのは納得出来ないことがあります。なので、キャンセル料の正当性を確かめていきましょう。



キャンセル料を考える場合、宿泊予定日までの日数が大きな基準となります。予約の日付が近くなるほどキャンセル料を支払う可能性が高くなるのです。例えば、あなたが1ヶ月前にキャンセルした場合、残りの1ヶ月間で新しく予約が入る可能性があります。



しかし、前日にキャンセルを行うと、新しく予約が入る可能性が低いため、宿泊施設にとっては1部屋分の損失となってしまうのです。そのため、この損失を補填するためにキャンセル料が設けられています。つまり、正当性のある費用なのです。



ただ、仕組みが分かっても、出来れば払いたくないかもしれません。ですが、現状払わなくてはいけない費用です。過去に行われた裁判でも、きちんとその正当性や支払いの義務を認めています。支払いを避けるためには、早めのキャンセルしか道はありませんので、きちんと常識的な対応を心がけましょう。
キャンセル料 タグ|消費者契約法判例集〈判決日順〉|近江法律事務所〔弁護士・司法書士|秋田県横手市 弁護士法人〕解決に向け、一歩を踏み出すあなたの頼れるパートナー
参照元:近江法律事務所(2018年1月調べ)





6・キャンセル料が発生するのは何日前?

キャンセル料が発生するのは?デットラインは「2日前」。

では、いつキャンセルするとキャンセル料が必要になるのか、その境目を確かめていきましょう。といっても、キャンセル料の取り決めは宿泊施設が独自で設けることができます。そこで、キャンセル料の元になっているものから確認していきましょう。



キャンセル料については「宿泊約款」や「旅行業約款」というものが、一つの基準となっています。この約款によると、キャンセル料が必要となる場合は「20日前」から発生する可能性があると定められているのです。その後、近づくに連れてキャンセル料の費用が高額になっています。



ただし、この基準では「20日前」「1週間前~2日前」「前日」「当日」というように、期間が区切られているのです。

つまり、「2日前」をすぎると1日毎にキャンセル料が上昇することになりますので、デットラインとなるのは「2日前」だと注意しておきましょう。
旅の契約知識|一般社団法人 全国旅行業協会(ANTA)
参照元:一般社団法人 全国旅行業協会(2018年1月調べ)





7・当日よりも「前日」のキャンセルを!

当日よりも「前日」のキャンセルを!

上記でキャンセル料の目安となる日程についてまとめましたが、キャンセル料がどれくらい変わるのか気になりますよね?そこで、キャンセルした時期よりどれくらいの費用が必要となるのか確認していきましょう。



<キャンセル料>


・20日前… 20%以内

・1週間前~2日前…30%以内

・前日…40%以内

・当日…50%以内

・無断キャンセル…100%以内



このように、デットラインとなる「2日前」をすぎると「10%」ごとに増加していくことが分かります。なので、キャンセルしなければいけないことが分かった段階で、すぐにキャンセルを行いましょう、特に、前日になれば確実に行けるかどうか判断できますので、当日に連絡するのではなく「前日」に連絡をすることが大切です。



旅行に行けない場合、当日は忙しくなってしまうが多くなります。無断キャンセルにならないためにも、確実に前日までにはキャンセルを行うようにすることが重要です。
旅の契約知識|一般社団法人 全国旅行業協会(ANTA)
参照元:一般社団法人 全国旅行業協会(2018年1月調べ)





8・ポイントを利用した場合は?

ポイントを利用した場合はどうなるの?

さて、じゃらんが人気を集めている理由には、「ポイントサービス」が1つの要件となっています。高額になりがちな旅行の費用で、現金と同じように使えるポイントがたまるため、実際の費用よりもお得になるのです。



そこで、ポイントを利用して料金を支払った場合、キャンセル料はどのようになるのか確かめていきましょう。まず、予約の段階でポイントを利用する場合、事前支払いに該当します。事前支払いの場合は、支払った料金からキャンセル料が引かれますが、ポイントで支払った部分については支払っていないことになるそうです。



なので、「宿泊費用-ポイント分-キャンセル料=返金額」となり、予想よりも少ない金額と返金となるといわれています。全額ポイントで支払った場合のように、支払った金額がキャンセル料よりも少ない場合は、現地支払いと同じように支払うことになるのです。



また、キャンセルした場合のポイントは、消費されませんので、利用する前と同じポイントになっていますよ。通常のキャンセルと違って、少しややこしくなってしまいますが、このような対応になるということを覚えておきましょう。
サイトのご利用方法|じゃらんnet
参照元:株式会社リクルートライフスタイル(2018年1月調べ)





9・領収書が欲しい時は

領収書が欲しい…こんなときはどうすればいい?

宿泊施設と直接遣り取りをした場合は、キャンセル料についての領収書をもらうことができます。しかし、事前支払いの場合は、支払った金額からキャンセル量が差し引かれるため、領収書が貰えないことがあるのです。



このような場合は、じゃらんにログインを行い、「マイページ」から「領収書データ表示」を選択することで、領収書を確認することができますよ。このページからは、キャンセル料だけでなく、利用した場合の領収書も表示されるるのです。



もちろん、印刷することもできますので、必要になった場合はここから確認してくださいね。
じゃらん|FAQ|領収書の発行はできますか? (国内宿・ホテル)
参照元:株式会社リクルートライフスタイル(2018年1月調べ)

10・まとめ

じゃらんキャンセル料の仕組みについてのまとめ。

当日だけでなく、それまでも楽しみが膨れることが、旅行の醍醐味の1つです。しかし、どれだけ気をつけて準備をしていても、旅行に出かけられずにキャンセルしなればいけないこともあります。そこで、キャンセル料が必要にならないように、早め早めのキャンセルを行いましょう。



じゃらんは予約をすることも簡単ですが、期日以内であればキャンセルもインターネットから行えますので、手間がかかりませんよ。断るために電話をしにくい事がありますので、こうした便利な機能を利用することがおすすめです。



キャンセル料という予想外の負担を回避するためにも、予約前にしっかりキャンセル料の土地決めを確認しておくことも忘れてはいけませんよ!キャンセル料もしっかり確認して、旅行の準備をは始めましょう!