クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

お得な特典のあるカードをご紹介!クレジットカードでラウンジを利用しよう!

更新日:

お得な特典のあるカードをご紹介!クレジットカードでラウンジを利用しよう!

クレジットカードでラウンジを利用したい!お得な特典のカードは?

1.クレジットカードの「ラウンジ」とは?
2.ラウンジ利用が特典のクレジットカード
3.コストパフォーマンスで検討

空港での待ち時間が長くて疲れてしまった経験はありませんか?そんなとき、ラウンジが利用可能であれば便利ですよね。

クレジットカードを持っているだけで世界中のラウンジが利用可能になる!そんなクレジットカードをご紹介します。

1.クレジットカードの「ラウンジ」とは

クレジットカードの「ラウンジ」とは?

▼【ラウンジはいつ誕生したの?

ラウンジと聞くと、真っ先に空港ラウンジが頭に思い浮かびますよね。

それもそのはず、ラウンジを初めて導入したのは1939年にアメリカの航空会社であるアメリカン航空がニューヨークのラーガーディア空港(JFK空港とは別の場所にあります)であるとされています。そこから世界にラウンジの文化が広がっていきました。





空港ラウンジ(国内線)

場所は事前にチェック!


クレジットカードを所持していることで利用できるラウンジの種類に空港ラウンジがあります。空港ラウンジは各種カード会社が共同で運営しているため、関西国際空港(関空)など利用者が多い空港の場合、所有しているカードによって利用できるラウンジが異なっている場合があります。


無料ドリンクや軽食などが提供されます。新聞なども見ることができます。



■到着の場合も利用できます
■

到着時でも利用できます。飛行機の移動で疲れた場合、ちょっと休憩してから帰りたいときなどに便利です。



■利用方法
■

国内線の空港ラウンジは当日が発着日付になっている搭乗券と、対象のクレジットカードを提示することで無料で利用できます。同伴者の利用が有料になるかどうかはカードの種類によって異なります。

空港ラウンジ(国際線)

日本の空港の場合
■

出国手続き後にカードラウンジがある場合、そちらを利用することができるので、飛行機の搭乗時刻までゆったりと休むことができます。国際線の場合は飲み物と食べ物が提供されることが多くなっています。提供される内容はラウンジによってそれぞれ異なります。



■海外の空港の場合


JTBのハワイ・ホノルル国際空港のラウンジのようにカード会社が海外のラウンジと提携したり、運営している場合に利用することができます。



クレジットカードの特典としてカード発行会社が「プライオリティ・パス」を無料提供している場合があります。「プライオリティ・パス」を所持していると世界850か所以上のラウンジが利用できます。



■利用方法
■

いずれの場合も当日発着の搭乗券と対象クレジットカードをラウンジ入口で提示します。料金はほとんどの場合で無料ですが、同伴者の利用が有料になるかどうかはカードの種類によって異なります。

▼【イオンなどスーパーの中にも】

大型ショッピングモールのイオンでは、イオン店内にイオンラウンジを設置しています。お買い物で疲れたときや少し休みたいときに便利な施設です。無料ドリンクや新聞などが置いてあり、イオンカードゴールド所有者や株主などが利用できます。

▼【ラウンジ利用のメリット】

ラウンジを利用するメリットとしては、やはり飛行機に搭乗する前にゆったりできることです。国内線は出発時刻の15分前までに保安検査場と通過し、搭乗口には10分前に着いていなければならないことが多いため、さほど待つことはありませんのでそれほど疲れを感じないかもしれません。



しかし、国際線の場合はツアーを利用すると飛行機が出発する時刻の3時間前に空港に着いているように要請されたりするため、免税店ゾーンで買い物をしても時間があまってしまい、出発時刻まで待ち疲れてしまうことがあります。こういった時に、ラウンジでのんびり休憩できると随分疲労感が違うものです。




2.ラウンジ利用が特典のクレジットカード

ラウンジ利用が特典のクレジットカードについて。

ラウンジの利用が特典となっているクレジットカードについてご紹介します。

大抵の場合、ゴールドカード以上の特典となっているものです。しかし、近年ではプレゴールドといったような、年会費がリーズナブルに抑えられているゴールドカードが提供されています。

こういったカードの場合、ラウンジの利用が特典になっていない場合があるので、これからクレジットカードを選択する場合は特典について確認してから申し込んでください。

ゴールドカード以上のクレジットカード

ゴールドカード以上のカードはインビテーションといって、カード会社からの招待状がないと作れないカードもあります。

ここでは、インビテーション不要のカードについてご紹介します。紹介するカード以外にも多くのカードがあるので、お手持ちのカードがゴールドカード以上である場合は特典を確認してみると、ラウンジ特典がついているカードの可能性もありますよ。
UCSゴールドカード|UCSカード
参照元:UCSカード(2018年末調べ)
年会費初年度無料。2年目より本人会員3,240円(税込)、家族会員1,080円(税込)

JALカード|JAL|アメリカン・エキスプレス®・カード
参照元:JALカード(2018年末調べ)
年会費は、本会員6,480円(税込)家族会員2,700円(税込)。このカードのプラチナカードにはプライオリティパスもついてきます。

ANAカード|ANAアメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)
参照元:ANAカード(2018年末調べ)
年会費7,000円(税抜)。「ANAアメリカン・エキスプレス®・カード」は空を飛び回る方におすすめのカードです。年間移行ポイント制限もなく、100円=1ポイントで大きく貯めてマイルへ移行できます。また、提携航空会社にご搭乗ごとにボーナスマイルがプレゼント。





プライオリティパスが付帯するクレジットカード

プライオリティパスはクレジットカードを作らなくても、プライオリティパスのオフィスで会員登録をすることで利用可能になりますが、年会費がUS$74.00〜$359.00/年となっています。

ゴールドカードの年会費以上に高額な場合もあるため、クレジットカード特典としてプライオリティパスが付帯しているものを選んだ方が、カード年会費を払ったとしてもお得になることが多いです。
JAL・JCBカード プラチナ|サービスのご紹介
参照元:JAL・JCBカード(2018年末調べ)

楽天カード|楽天プレミアムカード
参照元:楽天カード(2018年末調べ)
年会費10,800円(税込)。ワンランク上のカードといえば、楽天プレミアムカード。充実したポイント制度に加え、世界700カ所以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」に無料で登録可能。頼りがいのあるカードを、あらゆるシーンでお役立てください。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード (セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックス|SAISON PLATINUM BUSINESS AMEX)
参照元:セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックス(2018年末調べ)
年会費20,000円(税抜)。こちらも国内海外ラウンジも利用できます。前年の利用額が200万円上で次の年の年会費が10,000円(税抜)になるそうです。

3.コストパフォーマンスで検討

年会費のコストパフォーマンスでご検討を!

いかがだったでしょうか?クレジットカードの中でも、空港ラウンジが利用できるカードは若干年会費が高めに設定されています。しかし、そういったカードはステータスも高く、海外旅行保険など他のサービスも充実しています。



年会費に対してのパフォーマンス次第では、このようなクレジットカードを持っている方がお得になることも多くあります。ぜひ参考にしてみてください!