クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

クレジットカードの利息について|いまさら聞けない基本知識を解説!

更新日:

クレジットカードの利息について|いまさら聞けない基本知識を解説!

クレジットカードの利息について|いまさら聞けない基本知識を解説!

1.クレジットカードの利息は支払い方法で変わる
2.利息の計算方法
3.利息の上限は利息制限法で決まっている
4.まとめ

数枚持っているし、普段から使っているけど実はクレジットカードについてあまりよく分かっていない。という方は意外と多いのではないでしょうか?

いまさら恥ずかしくて、ちょっと聞けないクレジットカードの基本知識をご紹介します。

1.クレジットカードの利息は支払い方法で変わる

クレジットカードの利息は支払い方法で変わる?

ショッピングや公共料金などの支払い方法として普及しているクレジットカード。利用することに慣れてくると、クレジットカードでの支払いでポイントが貯まるので、利用できる場面では必ず利用していますよね。



クレジットカードは、所定の信用審査に合格してカードを持っていることで、その場の現金決済が免除されて、カード会社が代わりにその場での支払いを済ませてくれて、のちにカード会社からその支払いに対する請求がくるという仕組みです。



クレジットカードの支払い方法にはいくつか種類があり、支払い方法によっては利息を払うことになります。




▼【翌月一括払い

通称”一括払い”と呼ばれている「翌月一括払い」は、商品やサービスを購入した日の翌月に一括して支払う方法です。一括払いの場合、利息はかかりません。

▼【ボーナス一括払い

ボーナス一括払いとは、購入した商品やサービスの支払いを翌ボーナス時期まで伸ばせる方法です。ボーナス時期は、カード会社によって設定している月に多少の違いはありますが、夏が7月もしくは8月、冬が12月もしくは1月です。また、こちらも利息はかかりません。購入した分だけの支払いだけで大丈夫です。



自分はボーナスをもらっていないから利用できない?と思った方は安心してください。実際にボーナスをもらっていなくても利用することができます。

▼【分割払い

分割払いとは、商品やサービスを購入した代金を複数回に分けてカード会社に支払う方法です。この場合、2回払いでは利息がかかりませんが、3回払い以上を選択した場合は利息がかかることになります。



支払い回数を多くすると月々の支払い額が少なくなりますが、最終的に支払う利息額が大きくなります。支払い回数を少なくすると月々の支払い額が多くなりますが、最終的に支払う利息の金額が小さくなります。



また、ボーナス時期に支払い額を増やすという支払い方法もあります。

▼【リボルビング払い

通称”リボ払い”と呼ばれているリボルビング払いは、毎月の支払いを一定額に抑えられる支払い方法です。たとえば毎月2万円という返済額を設定すると、2万円の中に元本返済額と支払い利息が含まれています。



リボ払いには残高によって支払い額が変動する「残高スライド方式」と、残高に左右されず支払い額が一定の「定額方式」があります。
クレジットの支払い方法 | クレジットの基礎知識 | 消費者のみなさまへ | 一般社団法人日本クレジット協会
参照元:日本クレジット協会(2018年末調べ)





2.利息の計算方法

利息の計算方法は?

たとえば、50,000円の買い物をしてリボ払いので金利は18%、毎月10,000円ずつ支払うとします。



月々の金利の計算方法は、【元金×金利÷12ヵ月】です。これに基づいて1回目の支払いの金利を計算すると、50,000円×18%÷12ヵ月=750円となります。月々の支払い額は10,000円なので、10,000円の内訳は利息の750円と残りの9,250円の元本返済となります。



1回目の支払いで9,250円の元本を支払ったので、残りは40,750円です。次の支払いは1回目と同じ式で、40,750円×18%÷12ヵ月=611円となります。月々の支払い10,000円の内訳は、利息の611円と元本返済が9,389円となります。



計算方法は少し複雑なので、カード会社がホームページで金利計算のシミュレーションを提供しているので、それ利用する方が簡単に早く知ることができると思います。
ショッピングリボ払いのシミュレーション|JCBカード
参照元:JCBカード(2018年末調べ)





3.利息の上限は利息制限法で決まっている

利息の上限は利息制限法で決まっている?

クレジットカード会社ごとに設定されている分割払いやリボ払いの利息ですが、実は法律によって上限が設けられています。利息制限法という法律で、元本10万円までは20%、10万円~100万円までは18%、100万円以上なら15%と決められています。この上限を超える分に関しては無効となり、法律上支払う必要がありません。
法務省:改正利息制限法の施行
参照元:法務省(2018年末調べ)

▼【よく聞く「過払い金返還請求」とは?

テレビCMをはじめさまざまな広告で数年前から頻繁に見かけるようになった「過払い金返還請求」とは、この利息制限法に基づく法的手段です。



貸金業法が改正されるまでは、出資法で定められた金利の上限29.2%を超えなければ、罰則は設けられていませんでした。そのため、利息制限法の上限より高く、出資法の上限より低いグレーゾーンにカード会社は金利を設定していました。



この高く設定された金利に従って利息制限法の上限よりも支払い過ぎた利息を、返してもらうことを過払い金請求と言うのです。
過払い・過払い金|弁護士法人アディーレ法律事務所
参照元:弁護士法人アディーレ法律事務所(2018年末調べ)

4.まとめ

クレジットカードの利息について。

クレジットカードでの支払いはとても便利です。ですが、使い方によっては生活を圧迫したり不便にしてしまうものでもあります。支払い方法や利息の仕組み、クレジットカードにかかわる法律を理解して、うまく付き合いましょう。