クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

クレジットカードの再発行|カード番号が変わる場合と変わらない場合の違いは?

クレジットカードの再発行|カード番号が変わる場合と変わらない場合の違いは?

クレジットカードの再発行|カード番号が変わる場合と変わらない場合、再発行手数料の違いをご紹介します。

1.すぐにカード会社に連絡しましょう!
2.再発行の手続きを行います。
3.新しいカードが届きます。
4.まとめ

クレジットカードを再発行する時の理由によっては、クレジットカード番号が変わる場合と変わらない場合があるなど・・。

クレジットカードの再発行を希望するときは、最低限の知識が絶対に必要だと言えます。

クレジットカードは大切に保管しておくべきですが、万が一無くしてしまうこともあるかと思います。

再発行時に必要となる手数料、紛失・盗難時の手続きなどをご紹介します。




1.すぐにカード会社に連絡しましょう!

クレジットカードの紛失・盗難に気が付いた時はすぐにカード会社に連絡すること!

クレジットカードをなくしてしまった時は、気が付いた時点ですぐにそのカード会社まで連絡してください。

そして、外出時になくした可能性がある場合は警察に紛失届け(遺失物届け)を出します。

警察へ紛失届けを提出しておかないと、もしなくしたクレジットカードが不正に使われていた場合、不正な利用分の保証を受けられない場合があるので注意してください。

しばらくクレジットカードを使った覚えがなく、自宅の内にあることは間違いないんだけれど・・。

でも肝心のカードが見付からない・・。という場合には警察への届け出は不要ですが、少しでも外出時になくした可能性や盗難の可能性がある場合は、絶対に警察に届け出をするようにしましょう。

クレジットカードを失くして、カード会社へ紛失の連絡を行った時点で、そのカードはそれ以降にいかなる理由があっても一切の利用ができなくなります。

クレジットカード会社への連絡後に、失くしたはずのカードが見つかったかったとしても、その後でどうやってもそのカードは使うことはできません。

もし連絡後に失くしたはずのクレジットカードを見つけた場合、そのカードは破棄してください。

クレジットカードの紛失に関しての受付は、どのカード会社でも24時間対応になっています。たとえ深夜の時間帯であっても、紛失に気が付いた時点ですぐカード会社に連絡するようにしましょう。




2.再発行の手続きを行います。

クレジットカードの再発行の手続きは簡単です!すぐに再発行手続きをするようにしましょう。

カード会社に紛失の連絡をすると、再発行手続きを行うための書類が郵送されてきます。(2018年現在、カード会社に紛失の連絡をした時点で、電話の本人確認だけで再発行手続きが完了する場合が多いかもしれません。その場合、1週間ほどすると登録している住所に新しいクレジットカードが送付されます。)

郵送されてくるクレジットカードは「本人限定受取郵便」で送られてくるので、本人以外が受け取ることはできません。この点には注意しましょう。

再発行手続きを行うために書類が必要な場合、必要事項を記入して返送することになりますが、警察に紛失(遺失)を届け出た場合は、その時に伝えられた「遺失物届け出の受理番号」を記入しましょう。

全てのクレジットカードでは、最初にカード会社に紛失の連絡をした日からさかのぼって「60日の間に不正利用があった場合」、その不正利用分については保証されるという契約内容になっています。

クレジットカードの紛失後、後日送られてくる利用明細に自分が使った覚えのない履歴があった場合は、すぐにその内容をカード会社まで伝えてください。

この不正利用に関する連絡が遅くなると、60日間の保証期間が過ぎてしまうかも知れないので注意が必要です。




3.新しいカードが届きます。

新しいカードは1週間〜2週間程度で手元に届きます。「本人受取郵便」「クレジットカードの番号変更」など、注意点を忘れないようにしましょう!

カード会社から送られてきた書類に全て記入し、返送して再発行の手続きが始まると、1週間〜2週間程度で新しいクレジットカードが送られてきます。

しかし、クレジットカード番号は以前のものとは異なる番号になっているので、クレジットカード払いとして何かの支払いに失くしたクレジットカードを登録していた場合、登録しているクレジットカード番号を変更する必要があります。

そして、再発行手数料として数百円〜千円程度の手数料がかかることが多いです。これはカードによってまちまちなので、決まった金額というものはありません。

ゴールドカードやプラチナカードなど、グレードの高いカードの場合。再発行手数料が1回だけ無料になるというサービスも多いので、カード会社に直接確認してみるようにしましょう。

再発行手数料がかかる場合、現金をその場で支払うわけではなく、新しく届いたクレジットカードの最初の引き落としでその手数料の金額を支払うことになります。その内容は利用明細にも載っているので、そこで間違いなく確認することが可能です。

また、クレジットカードの紛失・盗難などではなく、カードの磁気異常などで使えなくなった場合。故意に起きた原因ではないと判断されれば、再発行手数料は原則的に無料となります。

その場合はカード会社まで連絡して、今のクレジットカードを送付しましょう。また、その場合に限ってはクレジットカード番号も以前と同じ番号のままとなります。

4.まとめ

クレジットカードの再発行をしたとき。カード番号が変わる場合と変わらない場合、再発行手数料の違いを覚えておきましょう。

クレジットカードを無くしてしまった時は、カード会社まですぐに連絡しましょう。これは絶対に必要な手続きだと言えます。

クレジットカードの再発行に手数料が必要になることがありますが、紛失や盗難ではなく、クレジットカード自体の異常で再発行をする場合、無料で交換・再発行してもらうことができます。

この場合は異常が発生するまで利用していたクレジットカードをカード会社に送付します。

クレジットカード会社は古いカードを間違いなく回収しているので、再発行時のクレジットカード番号は以前と同じ番号になります。

再発行時には、混乱しないように。その理由によってクレジットカード番号が「変わる場合」と「変わらない場合」があることを覚えておきましょう!