クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

楽天銀行デビットカードをつくる|年会費無用&還元率1.0%は極めてお得!

楽天銀行デビットカードをつくる|年会費無用&還元率1.0%は極めてお得!

楽天銀行デビットカードをつくる!年会費無用&還元率1.0%の極めてお得なカードをご紹介します。

1.デビットカードはポイントを基準に選ぶ
2.ポイント還元率が高い楽天銀行
3.デビットカードと年会費
4.年会費無料の楽天銀行デビットカード
5.VISAと違って100円単位でポイントが発生
6.まとめ

楽天銀行から、年会費無料&ポイント還元率「1.0%」という破格のサービスを持つデビットカード。

「楽天銀行デビットカード(JCB)」が発行されています!

「楽天銀行デビットカード(JCB)」はそんな素晴らしいサービスを持ったデビットカードなのですが・・。

その他にどんな特徴を持ったデビットカードなのでしょうか?




1.デビットカードはポイントを基準に選ぶ

デビットカードはポイント還元率を基準に選んで良いと思います。

デビットカードは、買い物などでよく活用されていますね!海外旅行の支払いでも問題なく活用できるのもデビットカードの強みです。

注意したいポイントとして、デビットカード利用時に発生するポイントにはカード会社ごとに大きな違いがあるんです。

デビットカードを発行する銀行によっては、デビットカード利用時に還元されるポイント還元率があまり高くない場合もあります。

しかし、カード発行会社の中には大きなポイントが発生するデビットカードもあるので、その数字(ポイント還元率)を基準にデビットカードを選んでみてはいかがでしょうか?

2.ポイント還元率が高い楽天銀行

デビットカードの利用時。ポイント還元率が圧倒的に高いのは、楽天銀行発行のデビットカード(JCB)です。

楽天銀行の場合、JCBデビットカードのポイントが比較的高めに設定されています!

楽天銀行JCBデビットカード利用時の「楽天スーパーポイント還元率が1.0%」という数字に設定されているからです。

ポイント還元率が1.0%というは、他社と比べると明らかに高い数字です。他社のデビットカードでは、ポイント還元率が1%未満となっているデビットカードがほとんどです。

可能な限り、高いポイント還元が発生するデビットカードを求めているなら、楽天銀行のJCBデビットカードは本当におすすめです。




3.デビットカードと年会費

ポイント還元率が高いのに年会費無料。文句のつけようがないデビットカードだと言えます。

デビットカードの発行会社によっては、年会費が発生する場合もあります。しかも、その年会費の金額が軽視できないようなカードも意外と多いんです。

デビットカードを発行する銀行によって年会費は異なりますが、1年間で数千円前後の年会費を支払うというカードも、意外と多く見かけます。

年会費が高めに設定されているデビットカードの場合、総じてカード利用時のポイント還元率も高めになりますが、それが大きなメリットになるかどうかは微妙なところです。

カードの利用頻度があまり多くなければ、かえってマイナスになってしまいます。

4.年会費無料の楽天銀行デビットカード

年会費無料と有料の楽天銀行デビットカード。どちらのカードがお得なのでしょうか?

楽天銀行のJCBデビットカードは、新規カード発行費、年会費が無料に設定されています。

楽天銀行では、2種類のブランド(JCB・VISA)のデビットカードを発行しています。

楽天銀行デビットカード(VISA)の場合、年会費は有料になります。

楽天銀行ゴールドデビットカード(VISA)の場合
年会費3,086円(税込)

楽天銀行デビットカード(VISA)の場合
年会費1,029円(税込)

しかし、楽天銀行デビットカード(JCB)の場合、年会費が0円になります

海外での利用まで視野に入れた場合、VISAデビットカードの方が利用できる場所は多くなりますが・・。国内で利用する場合、それほど利用店舗数に大きな差はありません。

さらに、楽天銀行の場合。VISAデビットカードよりもJCBデビットカードの方がポイント還元率が倍以上高い!という逆転現象が起こっているんです。

▼【楽天銀行が発行している3種類のデビットカードのポイント還元率の違い

楽天銀行デビットカード(JCB)
(1.0%)!」

・楽天銀行ゴールドデビットカード(VISA)
「(0.5%)」

・楽天銀行デビットカード(VISA)
「(0.2%)」

こういったカード類で年会費を支払いたくない方にとって、楽天銀行デビットカード(JCB)は本当におすすめです。




5.VISAと違って100円単位でポイントが発生

VISAデビットカード利用時と違って、100円単位で楽天スーパーポイントが発生します!

楽天銀行ではVISAブランドのデビットカードも発行していますが、こちらのデビットカードの場合。年会費が有料となる上に、ポイント還元率に関してはデメリットがあります。

なぜならVISAブランドのデビットカードを利用する場合。一回の利用額が1,000円以上でなければ、ポイントが発生しません。

例えばコンビニなどで、楽天のVISAのデビットカードで数百円の買い物をする事はあり得ることでしょう。しかし数百円という金額の買い物では、ポイントが発生しないんです。

あくまでも一度の利用金額が1,000円以上でなければ、ポイントの還元が発生しませんから、毎回小さな金額での買い物はちょっと損かなという感覚になりますね。

それに対してJCBデビットカードの場合、100円単位でポイント還元が発生する仕組みになっています。

デビットカードを利用して、コンビニなどで少額の買い物をする機会が多いなら、楽天銀行JCBデビットカードの方が間違いなく使い勝手が良いと言えます。

6.まとめ

楽天銀行のデビットカードをつくる!年会費無用&ポイント還元率1.0%は極めてお得なサービスです!

楽天銀行のJCBデビットカードには、様々なメリットがあります!

年会費無料と楽天スーパーポイントへの還元率の高さが、楽天銀行デビットカード(JCB)の主なメリットだと言えるでしょう。

多くのポイントが発生するデビットカードを求めているなら、「楽天銀行が発行するJCBデビットカード!」間違いなくおすすめしたい一枚です。