クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

スマホをデビットカードの分割払いで購入!デビットカードの種類は?

スマホをデビットカードの分割払いで購入!デビットカードの種類は?

スマホをデビットカードの分割払いで購入しよう!利用可能なデビットカードの種類は?

1.そもそもデビットカードとは?
2.デビットカードの分割払いでスマホを購入?
3.分割払いに対応しているデビットカード
4.スマホの端末をデビットカードで分割購入?
5.まとめ

最近は通信料金の価格競争が激しくなり、手軽な格安スマホを持つ人が増えています。

格安スマホの利用料金を支払う際、基本的にはクレジットカード決済となっています。

ここで、ちょっとしたポイントがあります!

料金の支払いを「クレジットカード」ではなく「デビットカード」で支払いたいという人は意外と多いんです。

デビットカードで「スマホを購入」して「分割払い」にすることはできるのでしょうか?




1.そもそもデビットカードとは?

そもそも「デビットカード」の仕組みはどうなっている?

デビットカードとは、クレジットカードと同じ様に「VISA」「JCB」「MasterCard」などの加盟店でカード決済が可能なカードです。

ネットショッピングや高額商品を購入するときには、とっても便利なカードですね。

ただし、デビットカードの場合。クレジットカードのように月に1度、利用した分を決められた支払日にまとめて決済されるのではなく、利用した時点で即時銀行口座から利用金額が引き落としされます。

デビットカードは即時決済が基本なので、デビットカードの発行を申し込む場合でも、クレジットカードの様に信用情報等を照会しての審査が必要ないという場合がほとんどです。

そういった事情から、「引落口座に残高がなければ決済することができない」という注意点があります。

クレジットカードの様にカード会社が「一時的に支払い代金を立て替える」というシステムではないので、当たり前のことですが、デビットカードでは分割払いはできないことが基本になっています。

2.デビットカードの分割払いでスマホを購入

「デビットカードの分割払い」でスマホを購入できるって本当?

基本的にはデビットカードでの分割払いはできません。

しかし最近では、格安スマホの購入時に限って「デビットカードの分割払い」決済に対応している会社が増えてきています。

格安スマホ各社では、実際にデビットカードでの分割払いで契約できたという実例があるんです。

・楽天モバイル
・U-モバイル
・UQモバイル
・MINEO
・OCN「モバイルONE」など

これらは比較的知名度の高い格安スマホ会社です。

その他にも、口コミを参照にすると多くの格安スマホや格安SIMでデビットカードの分割払い決済ができた!という声があります。




3.分割払いに対応しているデビットカード

分割払いに対応しているデビットカードにはどんな種類がある?

格安スマホ自体はデビットカード決済に対応していても、肝心のデビットカードが分割払いに対応していないと利用できません。

最近では多くのデビットカードがありますが、コンテンツの利用料で分割払いに対応しているデビットカードは非常に限られています。

現在では非常に一部の「VISAデビットカード」で月額利用料金の支払いに対応していて、その中でも大手のカードをご紹介します。

・楽天銀行デビットカード
・三菱東京UFJ-VISAデビットカード
・りそなVISAデビットカード
・JNB VISAデビットカード
・スルガ銀行VISAデビットカード

最近では、実際に決済日に引落残高が不足するというトラブルが多かったことから、各カード会社は慎重な対応を取っているという実情があります。




4.スマホの端末をデビットカードで分割購入?

スマホの端末をデビットカードの分割払いで購入できる?!

格安スマホを契約する時には、端末も毎月の料金に含まれていることが一般的です。

この端末分についても、デビットカードの分割払いで購入することはできるのでしょうか?

結論として、格安スマホの契約時にデビットカードで受け付けて貰えた場合、まず問題ありません。

しかし、「楽天モバイル」「So-net」では、スマホ端末のデビットカード利用の分割払いには対応していないので注意しましょう。

5.まとめ

スマホをデビットカードの分割払いで購入するために!デビットカードの知識を持っておこう。

デビットカードの分割払いを利用してスマホを購入する場合、引き落とし口座の残高不足に注意しましょう。

スマホ購入時の端末料金分割払いにデビットカードが対応しているかどうかは、トラブル防止の為にも各スマホ会社に詳細を確認してから契約するようにしましょう。