クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

マスターカードのデビットカードは日本国内で発行できる?

マスターカードのデビットカードは日本国内で発行できる?

マスターカードのデビットカードは日本国内で発行できるのでしょうか?

1.マスターカード「デビットカード」の特徴
2.マスターデビットカードは普及していない?
3.少し前までは取り扱っていた
4.まとめ

デビットカードといえば、日本国内ではVISA・JCBデビットカードが有名です。

しかし、実は「マスターカード(MasterCard)」のデビットカードも存在しています。

どうしてもマスターカードが発行しているデビットカードが使いたい!という時だってあるかと思います。

マスターカードが発行しているデビットカードはどうなっているのでしょうか?




1.マスターカード「デビットカード」の特徴

マスターカードが発行する「デビットカード」の特徴は?

デビットマスターカードは、基本的にはVISAやJCBが発行しているデビットカードと同じ使い方です。

マスターカード加盟店において、日本国内だけでなく世界中どこでも、ネットショッピングでも利用することが出来ます。

クレジットカードの「マスターカード(MasterCard)」が使えるお店ならどこでも利用可能なので、コンビニやショッピングセンターなどでも利用可能です。

そういった使い勝手から、VISAやJCBデビットと同様にデビットマスターカードの利便性はとても高くなっています。

決済方法に関しても他社のデビットカードと同じように、会計時に利用をすることで、代金が即座に銀行口座から引き落とされるという仕組みになっています。

また、デビットマスターカードはクレジットカードのように、楽天銀行が発行している「楽天銀行デビットカード(VISA)」のようなデビットカードに付帯している、様々な補償制度なども付いています。

万が一、カードが不正利用された場合でも、条件に応じて不正使用された金額を補償してもらうことが出来るのです。




2.マスターデビットカードは普及していない?

日本国内でマスターデビットカードは普及していないのが現状です。

マスターカードのデビットカードは、VISAやJCBデビットカードと比較すると、日本国内では普及していないのが現状です。

これはなぜかというと、日本国内ではマスターカードよりも、まだまだVISA・JCBの方が加盟店数が多く使い勝手が良い傾向にあり、そういった理由からデビットカード・クレジットカードといえば、VISA・JCBであるという知名度があるからです。

デビットカードは決済方法が、「利用の際は即時、口座から引き落とし」という決済方法なので、銀行と連携して成り立っているものです。

銀行側としても日本国内でのクレジットカード発行状況から、VISA・JCBとの関係が深いのでデビットマスターカードの普及が難しいと考えられています。

国内でマスターデビットカードを発行している銀行は今のところ存在していません。

つまり、現状では手に入れたくても、手に入れることが出来ない状況ですので、海外に持って行くためのデビットカードとして、マスターデビットカードを発行したいという考え方は適していないと言えるでしょう。




3.少し前までは取り扱っていた?

マスターカードのデビットカードは国内でも発行されていたのですが・・。

マスターカードのデビットカードは少し前までは、日本国内でも取り扱われていたようです。具体的には東京スター銀行がマスターデビットカードを発行をしていました。しかし、2008年にこちらのサービスは終了をしています。

その後、マスターカードのデビットカードを取り扱う銀行は現れていないのが現状です。

しかし、マスターカードは世界各地で使われていますし、アメリカやイギリスなどの欧米諸国ではVISAの次に主流のカードとなっています。

日本ではマスターカードの加盟店が少ないのが現状なのですが、どうしてもマスターカードが利用したいという場合。海外ではメジャーなカード発行会社となっていますので、機会があれば一枚はつくっておいても良いのではないでしょうか?

4.まとめ

マスターカードのデビットカードは日本国内での発行が難しくなっていますが、インターネットから申し込むことは可能です。

マスターカードのデビットカードは、VISAやJCBと比較すると、日本国内ではあまり普及していないのが現状です。

このため、あまりマスターカードがデビットカードを発行しているというのは、知られていないのが現状とも言えるでしょう。

しかし、世界的に見てみればVISAの次に有名な国際ブランドであり、海外では広く使われているカードブランドとなりますので、デビットカードとして利用を考えている場合は安心して利用をすることが出来ます。