クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

カード会社に連絡せずにクレジットカードが利用可能か調べる方法は?

カード会社に連絡せずにクレジットカードが利用可能か調べる方法は?

カード会社に連絡せずに、手元のクレジットカードが利用可能か調べる方法をご紹介します。

1.カード会社に確認をしてみる
2.信用情報機関に確認してみる
3.とりあえず使ってみるという確認方法
4.まとめ

手元にあるクレジットカードが間違いなく利用可能なのか。気になっている方はいませんか?

支払いを滞納してしまった後など、クレジットカードがそのまま利用出来るのか?気になるところですよね。

この場合、カード会社に連絡する以外にもいくつかの確認方法があります。

クレジットカード発行会社に連絡しないで「クレジットカードの状態を確認する方法」をご紹介します。




1.カード会社に確認をしてみる

まず、基本的な確認方法としてカード会社に連絡する方法を知っておきましょう。

手元にあるクレジットカードが利用可能かどうかの確認方法として、ちょっと人と会話するのが面倒ではありますが、まずはカード会社に問い合わせてみる。というのが確実な確認方法です。

カード会社の連絡先(24時間対応の場合も多い)は、カードの裏面に必ず記載されていますので、問い合わせてみることで確認することが出来ます。

もしも、毎月の支払い金額の滞納が原因で、クレジットカードが利用停止という措置が取られている場合には、カード会社がきちんとその旨を伝えてくれます。

しかし、手持ちのカードが何らかの原因で磁気不良となっている場合や、損傷がある場合などについては、カード会社では分かりませんので、クレジットカードの再発行ということになる場合が多いです。

まずはカード会社に連絡することで、どうしてクレジットカードが利用停止になってしまっているのか?その原因が分かる場合がほとんどです。

2.信用情報機関に確認してみる

信用情報機関に確認することで、クレジットカードの状態を推測することは可能です。

もしも、クレジットカードでの毎月の支払いを滞納しているという場合、信用情報機関のデータにブラックリストとして登録されている場合があります。

この場合は金融事故履歴ありの契約者として、クレジットカードの利用が停止となってしまいます。こちらについては情報開示もされていますので、一度確認してみることをおすすめします。

支払いの滞納、遅延などに関する情報は、全ての金融機関でデータが共有されていますので、どこかで事故情報があった場合には、他の会社でクレジットカードを作ることは出来ませんし、場合によっては他社のクレジットカードも利用停止となることがあります。




3.とりあえず使ってみるという確認方法

ネットショッピングやセルフレジでとりあえず使ってみることで、クレジットカードが利用停止になっているか?推測することが可能です!

クレジットカードが現在利用可能なのかどうか?確認するために、とりあえず使ってみるという確認方法があります。

とりあえず何かしらの取引でクレジットカードを使ってみることで、そのカードが現在利用可能なのかどうか、簡単に分かることになります。

店舗での会計時やネットショッピングの決済画面などで、該当するクレジットカードを利用して、決済できるかどうか?確認してみましょう。

これは間違いなく使えるかどうか?確認するための確実な方法だとは言えませんが、現状の状態でクレジットカードが利用可能なのかどうか?についてはすぐに分かります。

また、人の目が気になるので確認するのに抵抗があるという場合、セルフレジなどを探して自分自身でクレジットカードを利用出来るところで、使ってみるようにしましょう。

無事に取引の決済が終了すれば問題ありませんが、決済が出来なかった場合、そのクレジットカードは利用停止となっていることがあります。

セルフレジやネットショッピングで利用の可否を確認する場合、まったく人の目を気にする必要がないので、自分一人で利用可能かどうか?確認することが可能です。

4.まとめ

カード会社に連絡しないでクレジットカードが利用可能か調べる方法をご紹介しました!

手元にあるクレジットカードが利用可能かどうかの確認方法をご紹介しました。

クレジットカードの発行会社に問い合わせてみるという方法、信用情報機関に登録されているかどうか確認をする方法、試しに気になっているクレジットカードを使ってみるという方法があります。

クレジットカードが利用不可になっている場合、色々な原因が考えられますので、まずは確認してみましょう!