クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

申し込み前に最終確認!楽天銀行カードローン「4つの審査基準とは?」

申し込み前に最終確認!楽天銀行カードローン「4つの審査基準とは?」

申し込み前に最終確認!楽天銀行カードローンの審査基準を覚えておきましょう。」

1.月々に10万円以上の収入を得ている
2.勤続年数が1年以上
3.他社借入件数が3件以下
4.信用情報に問題がない
5.まとめ

楽天銀行カードローンは、インターネットからの申し込みだけで完結するのでとても便利です。

しかし、もちろんですが・・。所定の審査に通過しないと利用する事は出来ません。

楽天銀行カードローンの審査基準はどのようになっているのでしょうか?

1.月々に10万円以上の収入を得ている

月々に10万円以上の収入を得ていることが一つの審査基準目安となっています。

楽天銀行カードローンは利用条件の中に安定した収入を得ている人という項目があります。審査では月々に10万円以上の収入を得ている点を審査基準としています。

年収が低くても月々に10万円以上の収入を得ていれば審査が可決される可能性は高く、楽天銀行カードローンでキャッシングをする事が出来ます。しかし年収が高くても不定期に収入を得ている場合は、月々に10万円以上の収入を得ている事にはならないので審査に落ちてしまいます。

年収が高いだけでは、審査に落ちる可能性があるので注意が必要です。




2.勤続年数が1年以上

勤続年数が1年以上であることが審査合格の目安です。

楽天銀行カードローンの審査では、年収だけでなく勤続年数も確認します。

勤続年数とキャッシングにはあまり関係がないように思えますが、契約者の信用性も重視するので勤続年数が長い人ほど信用されやすくなり審査も有利になります。

楽天銀行カードローンの審査基準では、勤続年数が1年となっているので勤務先で1年以上働いていれば審査に可決される可能性は高くなります。

勤続年数が1年未満だとお金を貸している時に仕事を辞めてしまうのではないか?と考えられるわけです。これでは継続して返済することが困難になってしまう場合がありますね。

それでは審査に落ちてしまうので、楽天銀行カードローンを申し込む場合は勤続年数が1年以上経過してからにしましょう。

3.他社借入件数が3件以下

他社からの借入件数が3件以下。借入総額が低いことが審査通過への鍵です。

安定した収入を得ていれば楽天銀行カードローンの審査に可決される可能性が高くなりますが、返済能力も重視するので信用情報を確認して他社からの借入状況を確認します。

他社からの借入件数が3件以下というのが楽天銀行カードローンの審査基準になっているので、4件以上ある場合は無条件で審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

また、他社からの借入件数が3件以下でも借入総額が多いと返済能力がないと判断されるので審査に落ちてしまう可能性は高いです。

楽天銀行カードローンでのキャッシングを申し込む場合は、他社からの借入件数を3件以下にして、借入金額の総額も出来るだけ少なくしてから申し込む事が契約するためのコツだと言えるかもしれません。




4.信用情報に問題がない

過去の金融事故など、信用情報に問題がないことが審査通過の絶対条件です。

楽天銀行カードローンの審査では、過去の金融取引の状況を把握するために信用情報を確認します。

過去にクレジットカードなどの金融取引(金融トラブルがあったかないか?)を確認して問題がなければ審査に可決される事が多いです。

しかし、滞納や債務整理などをしていると金融事故の履歴が残っています。このように金融事故履歴があって信用情報に問題がある場合、他の部分で審査基準を満たしていても審査に落ちてしまいます。

5.まとめ

楽天銀行カードローンでキャッシングをするために、4つの審査基準を覚えておきましょう。

楽天銀行カードローンの審査基準は申し込みをする前にしっかりと確認しておきましょう。

また、楽天銀行カードローンにキャッシングの申し込みをする時に間違えた情報を入力してしまうと審査に問題が出てしまいます。

間違え方によっては虚偽の申告をしたと判断されて審査に落ちる事もあるので注意しましょう。