クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

銀行窓口の営業時間にはルールがある?具体的な決まりとは?

銀行窓口の営業時間にはルールがある?具体的な決まりとは?

銀行窓口の営業時間にはルールがある?具体的な決まりとは?

1.「銀行法」という法律がある
2.営業時間が終わった後は何をしている?
3.最近は営業時間を延ばす銀行も多い
4.まとめ

銀行窓口の営業時間って、かなり短いと感じませんか?

それには「銀行法」のような理由があるんです!

1.「銀行法」という法律がある

「銀行法」という法律での規定があります。

銀行の営業時間は、たいていの場合、窓口であれば「平日の午前9時から午後3時まで」、ATMであれば平日の午前8時45分から午後6時まで」となっています。

窓口であれば、まだ外が明るい時間帯なのに営業を終えていることになりますし、ATMは上記の時間以外でも利用は可能なものの、手数料が発生してしまいます。

平日に仕事をしていると、「用事があってもいけない」という不満もよく聞きます。

しかし、実は銀行についていろいろなことを定めた「銀行法」という法律があり、その第16条では営業時間について「午前9時から午後3時までとする」と記載されています。

ただし、同条2項で「営業の都合により、延長することができる」とも記載されているので、絶対に3時で終わらなければいけないということではありません。

後述しますが、最近は3時以降も営業している銀行が増えてきています。

ちなみに、第16条では、「営業所の所在地などの特殊な事情により、上記と異なる営業時間が必要な場合は、変更することができる」とも記載されています。

この場合、営業時間を変更した旨をその営業所の店頭に掲示しておく必要があります。




2.営業時間が終わった後は何をしている?

銀行は営業時間が終わった後は何をしているのでしょうか?

上記のとおり、銀行の窓口の営業時間は午後3時までというのが基本ですが、仕事もその時間までしかやっていないというわけではありません。

その日に行ったいろいろな決済の締めの他、伝票や小切手の照合や現金勘定なども行わなければなりません。

銀行は、支店ごとにお金を管理しており、まず朝に金庫から現金を取り出したら、個々のカウンター窓口に設置されている機械に入れておきます。

そして、営業中にそれを使って現金の出し入れを行い、窓口を閉めた後に現金を抜き取り、また金庫に入れるのですが、お金の出し入れの際には伝票が用いられるので、手元の現金と伝票の内容が合致しているかという作業が必要になるのです。

たまに、ドラマなどで「現金の額が合わず、家に帰れない」といったシーンが出て来ることがありますが、実際にこういったことは起こりうるのです。

また、勘定が合ったから終わりかと思えば、支店内での勉強会が開かれることもあります。

特に、昨今は保険を扱うようにもなっているので、多くのことを勉強しなければならず、銀行によっては、逆に3時以降のほうが忙しいということすらあります。

ですから、職員が退勤する時間を午後5時くらいと考えると、3時に窓口を閉めなければならないというのが現実的なラインだといえます。




3.最近は営業時間を延ばす銀行も多い

しかし、最近は営業時間を延ばす銀行も多くなっています。

とはいっても、「午後3時に窓口を閉められては用事を済ませられないので、もう少し延ばしてほしい」というニーズが多々あるのも事実です。

それを受けて、最近は一部の支店で営業時間を延ばすということが行われるようになってきました。

上述したとおり、銀行法でも「営業の都合のより、延長することができる」とされているので、法的にも何ら問題はありません。

まず、「イオン銀行」の場合ですが、「午前9時から午後9時まで営業」となっています(土日祝日・年末年始も含む)。かなり営業時間が長くなっていますし、基本的にイオンモールの中に店舗があるので、買い物のついでに寄れるというのもメリットです。

また、昨今のマイナス金利下によりかなり金利が低い状況でも、0.12%(普通預金)とかなり高めの金利となっています。イオンの銀行ということで、色眼鏡で見られることも多いですが、単純に銀行として見ると、かなり利用しやすい所だといえます。

次に、「新生銀行」の場合ですが、こちらはすべての支店で「平日の午前9時から午後5時まで」となっています。

また、土曜日は資産運用の相談であれば受け付けてくれています(要予約)。支店の数こそ少ないですが、コンビニや都市銀行のATMの手数料を時間外も含めて実質無料にしているなど、こちらもかなり利用しやすい銀行といえます。

次に、「りそな銀行」の場合ですが、こちらもすべての支店で「平日の午前9時から午後5時まで」となっています。さらに、都心部では午後7時まで延長している支店や、土日も開けている支店もあります。

例として、「渋谷支店」「立川支店」「枚方支店」「神戸支店」などであれば、年中無休で午後7時まで営業してくれています。

最後に、「ゆうちょ銀行」の場合ですが、こちらは平日の貯金業務に関して「午前9時から午後4時まで」となっています。また、地域によっては郵便局がかなり大きな存在意義を持っていることがあり、そういう所では午後6時まで営業していることもあったりします。

ゆうちょ銀行というと、もともと公的な機関だったのであまり融通が利かないイメージがあるかもしれませんが、意外と柔軟な対応をしてくれているのです。

4.まとめ

銀行窓口の営業時間にはルールがある?具体的な決まりを知っておきましょう。

このように、午後3時で窓口が閉まるのにはちゃんとした理由があるのですが、やはり不便なことも多いのは確かです。

とはいっても、昨今は営業時間を延ばしている所も多くなっているので、かなり不便さは解消されつつあるともいえます。