クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

ゆうちょ銀行ATMの送金可能な時間は?曜日ごとにチェックしよう!

ゆうちょ銀行ATMの送金可能な時間は?曜日ごとにチェックしよう!

ゆうちょ銀行ATMの送金可能な時間を徹底調査しました!

1.そもそも送金って何なの?
2.ゆうちょATMで「送金」は可能?
3.ゆうちょATMの送金可能時間
4.ATMでの送金「土日祝日」は?
5.ファミリーマートATMの時間は?
6.提携先ATMのサービスは?
7.まとめ

「ゆうちょ銀行ATM」を利用している人は多いですが、大半は「出金」や「入金」に限定されますよね!

ゆうちょ銀行の「送金」について、正しく理解されていない方は多いのではないでしょうか?

ゆうちょ銀行ATMでの「送金可能時間・使い方」をチェックしておきましょう!

1.そもそも「送金」って何?

「入金」や「出金」は頻繁に利用するので、その使い方は分かり易いのですが・・。

「送金」というサービスを利用したことがない場合は、大人でも正しく理解していないことが多いですよね。

「送金」とは、「お金を相手に送る」ということですが、ATMサービスを利用してお金を渡す以外にも、たくさんの送金方法があります。

例えば、以下のような方法が「送金」にあたる取引です。

 ・銀行振り込み
 ・郵便局の現金書留
 ・小切手
 ・海外へ送る事

この中で、最も頻繁に利用されているのが、「銀行振り込み」です。銀行振り込みはATMやネットバンクを使った送金が一般的です。

送金の一種が「振込」だと考えると、誤解して覚えていた人も意味を理解できるかと思います。




2.ゆうちょ銀行ATMで「送金」は利用可能?

様々な銀行ATMで利用可能となっている基本的なサービスは、以下の通りです。

 ・引き出し(出金)
 ・預け入れ(入金)
 ・振り込み(送金)

この3つのサービスが基本となっていて、ゆうちょ銀行のATMでもこれらの機能を利用する事が可能です。

ただし、注意点として「ATM」の場合は時間によって、利用可能なサービスが分かれているという事があります。さらに、手数料が必要になったり、設置されている場所によってもサービス内容に違いがあります。

ゆうちょ銀行ATMで利用可能なサービスを詳しく調べると、以下のように分類する事が出来ます。

 ・通常入金(預け入れ、払い戻し)
 ・残高照会、通帳記入、暗証番号変更
 ・定額・定期貯金預入
 ・送金(通常払い込み現金・通帳・カード、ペイジー料金払い込み現金・通帳・カード、電信振替、振込、払込専用カード)

ATMからでも、ゆうちょ銀行窓口と同等のサービスを利用する事が可能です。

また、「送金」に関しては、現金を利用した払込だけでなく、通帳やカード、さらにペイジーを利用しての送金も可能です。




3.ゆうちょ銀行ATMの送金可能時間を調査!

ゆうちょ銀行ATMだけに限りませんが、コンビニATMなどを利用する際は、利用時間に注意する必要があります!

それぞれのサービスによって、利用可能か否か違いますし、何よりも手数料も異なるので、手数料については間違いのないようにチェックしておきましょう。

▼【ゆうちょATMの送金取り扱い時間一覧(平日)

平日の送金利用には、一部条件がありますが大半が24時間の送金サービスに対応しています。

◉通常払込 【現金】◉
午前7時~午後21時

◉ペイジー料金払込 【現金】◉
午前7時~午後21時

◉通常払込 【通帳・カード】◉
午前0時5分~午後23時55分

◉ペイジー料金払込 【通帳・カード】◉
午前0時5分~午後23時55分

◉電信振替◉
午前0時5分~午後23時55分

◉振込【他の金融機関】◉
午前0時5分~午後23時55分

◉払込専用カード◉
午前0時5分~午後23時55分

少々分かり難いですが、まとめてみると「平日」なら、現金の送金以外であれば、メンテナンスで24時間の間に10分だけ利用中止となりますが、それ以外は原則として利用可能となっています。

「送金」に関しては手数料も発生しますが、窓口よりもATM利用の方が送金手数料は安くなります。

「ATM」を利用した送金手数料
 ・払込金額5万円未満=80円
 ・払込金額5万円以上=290円

「窓口」を利用した送金手数料
 ・払込金額5万円未満=130円
 ・払込金額5万円以上=340円

窓口の送金手数料は若干高くなっていますね。

この事からも、積極的にATMを利用した方がお得となるのは間違いありませんし、頻繁に送金する必要があるなら手数料もバカにはなりません。




4.ATMでの送金可能時間「土日祝日」は?

ATMを利用する際に少々面倒なのは、土曜日と日曜・祝日では利用可能時間に違いがある点です。

基本的には「午前中や夜中の時間のみ」、対応時間で多少の違いがありますが、覚えておくと便利です!

▼【ゆうちょATMの送金取り扱い時間一覧(土曜)

◉通常払込 【現金】
午前9時~午後17時

◉ペイジー料金払込 【現金】
午前9時~午後17時

◉通常払込 【通帳・カード】
午前0時5分~午後23時55分

◉ペイジー料金払込 【通帳・カード】
午前0時5分~午後23時55分

◉電信振替
午前0時5分~午後23時55分

◉振込【他の金融機関】
午前0時5分~午後23時55分

◉払込専用カード
午前0時5分~午後23時55分

▼【ゆうちょATMの送金取り扱い時間一覧(日曜祝日)

◉通常払込 【現金】
午前9時~午後17時

◉ペイジー料金払込 【現金】
午前9時~午後17時

◉通常払込 【通帳・カード】
午前0時5分~午後21時

◉ペイジー料金払込 【通帳・カード】
午前0時5分~午後21時

◉電信振替
午前0時5分~午後21時

◉振込【他の金融機関】
午前0時5分~午後21時

◉払込専用カード
午前0時5分~午後21時

また送金以外でも、ATMには特別な利用条件があります。

 ・日曜・祝日の翌日は午前7時から対応開始
 ・連休の場合は連休2日目から最終日まで7時〜21時となる

これ以外にも独自の対応や時間変更などもあるので、利用する際には一度確認をするようにしましょう。




5.ファミリーマートATMの送金可能時間は?

「ファミリーマート」と「ゆうちょ銀行」は業務提携を結んでいます!ファミマに設置されている「イーネットATM」でも、ゆうちょ銀行のキャッシュカードが手数料なしで利用可能です。

そこで、ファミマATM(イーネットATM)の送金の対応時間はどうなのか?調査してみました。

まず、基本的な「入金」や「出金」は当たり前ですが利用可能です。「送金」も可能ですが、ゆうちょ銀行に設置されているATMと比較するとサービスが制限されています。これは、現金や通帳を利用したサービスには未対応と覚えると分かりやすいでしょう。

▼【ファミマATMの送金取り扱い時間一覧

◉ペイジー料金払込 【カード】
午前0時5分~午後23時55分

◉電信振替
午前0時5分~午後23時55分

◉振込(他の金融機関)
午前0時5分~午後23時55分

◉払込専用カード
午前0時5分~午後23時55分

当然ですが「イーネットATM」の利用時間はファミマ営業時間内に限られます。振込に関しても以下の条件があります。

 ・平日15時以降、または土日祝日の振込は翌営業日扱い
 ・現金や通帳の振込には未対応

イーネットATMの場合は、通常の出金でも手数料が高くなる事があるので気を付けましょう。基本的には平日の昼間などは無料ですが、これが早朝や深夜、もしくは土日祝日だと216円の手数料が発生します。

平日
午前8時45分~午後18時まで無料、それ以外216円

土曜
午前9時~午後14時まで無料、それ以外216円

日曜・祝日
終日216円となっています

これらの手数料が発生するので、平日昼間以外で利用するなら216円の支払いを覚悟しておきましょう。




6.ゆうちょATMの提携先ATMのサービスは?

全国には多数のコンビニやATMが設置されているので、ゆうちょ銀行のキャッシュカードがあれば、大抵のところで入金や出金が利用可能となります。

提携先である事を証明するゆうちょ銀行のマークが表示されている条件もありますが、手数料が割高になる以外は大変お得なサービスとなります。

▼【提携先ATMの取り扱い時間一覧

平日
午前8時45分~午後18時まで、一回108円

土曜
午前9時~午後14時、一回108円

上記以外の時間帯や日曜祝日は全て、216円の手数料が掛かります。ゆうちょATMやファミマと比較すると、割高感は否めません。

7.まとめ

ゆうちょ銀行ATMの送金可能時間」についての調査結果をご紹介しました!

平日であれば、現金送金でも夜遅くまで対応しているのは、意外に知られていなかったと思います。

現金以外の送金なら、ほぼ24時間対応ですし、手数料も窓口よりも安いのはお得ですよね♪

現金に拘らないなら、提携先であるファミマATMでも送金の利用可能となるのも便利です!

参照元:ゆうちょATMのご案内-ゆうちょ銀行|公式サイト
参照元:コンビニATM:株式会社イーネット|公式サイト