クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

疑問に答えます!Amazonギフト券の残高確認方法と使い切る方法♪

疑問に答えます!Amazonギフト券の残高確認方法と使い切る方法♪

疑問に答えます!Amazonギフト券の残高確認方法と使い切る方法をご紹介します♪

1.Amazonギフト券の残高確認方法
2.Amazonギフト券の残高有効期限
3.Amazonギフト券は譲渡できない?
4.Amazonギフト券の残高活用方法
5.残高で商品を購入できない場合
6.まとめ

「Amazonギフト券」は、お祝いや記念品としてのプレゼントに人気です♪

「Amazon」で「Amazonギフト券」を利用して商品を購入した場合、ギフト券の残高はアカウントに「残高」として残ります。

Amazonギフト券の残高確認方法と、お得な活用法をチェックしましょう!

1.Amazonギフト券の残高確認方法

Amazonギフト券の残高確認方法を知ろう!

「Amazonギフト券」は、有効期限内であれば残高がなくなるまで何度でもショッピングに利用できます。

商品券やギフト券の中にはお釣りが出ないものも多いので、大変お得な商品です♪

意外と知らない人も多いのですが、Amazonギフト券の残高確認の方法は以下の通りです。

①・Amazonトップページ、画面の上部にある「ギフト券」をクリック

②・メニュー中の「残高・利用履歴」をクリック

③・パスワードを要求されたら入力

この作業を済ませるだけで「Amazonのギフト券」の残高を確認することができます。




2.Amazonギフト券の残高にある有効期限は?

Amazonギフト券の残高に有効期限はどうなっている?

Amazonギフト券を使用した後、残高として残った場合の有効期限は、ギフト券と同じです。残高が合算される様なサービスはありません。

残高確認をした時にそれぞれの残高の有効期限を確認しておきましょう。

各ギフト券の有効期限の設定は以下の通りです。

▼【Eメールタイプ・印刷タイプ・カードタイプ・チャージタイプ

 発効日より1年間です!

▼【シートタイプ

発効日より3年間です!

ポイントサービスの中には、最後に使用した日から1年間の期限が延長するなど、使用する度に有効期限が伸びるシステムがありますが、Amazonギフト券は違います。

また、新たにAmazonギフト券を追加したからと言って、残高の有効期限が新しく追加したAmazonギフト券と同じになることもありません。あくまでその残高の元となるAmazonギフト券の発効日から起算しているのです。

細かい金額であっても、1つ1つのAmazonギフト券の残高は有効期限が違うことを知っておきましょう。

この場合も、Amazonのトップページから「ギフト券」「残高・利用履歴」をクリックしていくと、複数のギフト券の残高と有効期限の確認ができます。

3.Amazonギフト券は譲渡できない?

Amazonギフト券は譲渡できないの?

自分が欲しいものを購入して残高があるけれども、もう当分使わないので誰かに残高を譲りたいと思う人もいるでしょう。

しかしAmazonギフト券は、一度アカウントに登録すると他人のアカウントに移行はできません。誰かに譲りたいと思ったら、アカウントに登録する前でなければならないのです。

残高が残ってしまった場合、有効期限が切れる前に何かショッピングをしないとムダになってしまいます。




4.Amazonギフト券の残高活用方法

Amazonギフト券の残高活用方法は?

Amazonギフト券の残高確認をしたら、欲しいものには程遠い金額だったということもあります。その様な時には、Amazonギフト券とその他の支払方法を併用できます。

ギフト券の残高が数円だったとしても、勿体ないので無駄なく使い切りましょう。

▼【商品購入時に他の支払い方法と併用する

Amazonギフト券は、殆どのその他の支払い方法と併用が可能です。「クレジットカード・Amazonポイント・電子マネー・代金引換・コンビニ払い・ATM・ネットバンキング」はギフト券の残高との併用が可能です。

それぞれの支払い方法でAmazonポイント支払が利用できるので、最大で3つの支払い方法が併用できることになります。

精算方法は、実際に商品を選んでから購入画面で操作をします。「支払い方法」の画面で、アマゾンギフト券と希望の支払い方法を選択するだけです。とても簡単ですので、画面を見ればすぐに分かります。

▼【Amazonギフト券を追加購入する

欲しい商品が見つかった場合、Amazonギフト券の残高に、更にAmazonギフト券を追加購入して補充するという方法もあります。

もしAmazonをよく利用するのであれば、高めのギフト券を購入してチャージしておくのもおすすめです。次回の買物の際にその残高が使用できます。

しかし、ギフトで貰ったからAmazonで買い物をしているけれども、もしこれがなくなれば次はいつ利用するか分からない、と言う人もいます。その様な人は、Amazonギフト券を1円単位で購入して、ピッタリの金額で使い切るのおすすめです。

Amazonギフト券には、1円単位で購入できるタイプもあります。

Amazonで販売されているギフト券

Amazonで販売されているギフト券は、金額により以下のタイプに分けられます。

デジタルタイプ

「Eメールタイプ・印刷タイプ・チャージタイプ」の3つがあります。値段の設定が自由にできて、15円~50万円の範囲で1円単位で設定が可能です。購入時の支払方法はクレジットカードのみとなります。

郵送タイプ

「ボックスタイプ・グリーティングタイプ・封筒タイプ・マルチパック」があります。こちらの値段は固定金額で、1000円~50000円の範囲で値段が設定されています。自分で指定して値段を決めて購入することはできません。

郵送タイプの場合、購入時の支払方法は「クレジットカード・コンビニ払い・電子マネー・ATM・ネットバンキング」の中から選べます。

コンビニで販売しているAmazonギフト券

コンビニで販売されているAmazonギフト券には以下の3つがあります。

バリアブルカード

こちらは1500円~50000円の範囲で、1円単位で自由に金額を設定して購入できます。購入時の支払い方法は現金のみとなります。

カードタイプ・シートタイプ

この2つは固定金額で、価格の設定はできません。購入時の支払い方法は現金のみとなります。

Amazonギフト券の残高を使い切る為に、ギフト券を追加購入する際には、

「Amazonで購入するならばデジタルタイプ」
「コンビニで購入するならばバリアブルカード」

と覚えておけば、1円単位でAmazonギフト券を購入できます。




5.残高で商品を購入できない場合

Amazonギフト券の残高があるのに、商品を購入できない場合は?

Amazonギフト券の残高確認をして、十分な残高があると思って商品を購入しようと思ったら、残高が使用できないということがあります。

購入する金額の方が残高より低いのに購入できないという場合には、以下のことが考えられます。

マーケットプレイスの商品だった

Amazonのマーケットプレイスは、Amazonだけではなく、他の企業や個人でも出品できるシステムです。

それぞれの商品は「新品・再生品・中古商品・コレクター商品」の4つのカテゴリーに分かれています。

そしてこのAmazonマーケットプレイスでは、出品者が商品の支払い方法を指定することができるのです。

もし出品者がAmazonギフト券での支払いを指定していない場合、購入者がAmazonギフト券の残高を使いたいと思っても、支払い方法として選ぶことができないのです。
商品の支払い方法をよく確認してみましょう。

あわせ買い商品だった

Amazonにはあわせ買い対象商品というものがあります。

この場合、Amazonギフト券以外でAmazonから発送される商品と組み合わせて、合計金額2000円以上が対象となります。

単品だったり、2000円以下の値段では購入できません。あわせ買いであることを示すアイコンが付いているので、確認しましょう。

6.まとめ

Amazonギフト券の残高確認は、公式サイトから簡単に行えます。

残高を無駄なく使い切る為には幾つかの方法がありますが、基本は何か商品を購入することになります。

まずはAmazonで欲しいものを探すことから始めましょう♪それぞれの残高に有効期限がありますので、あまりのんびりとしないのがおすすめです。