クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

少額でもすぐにお金が必要なとき!Suicaの換金方法を知っておこう。

すぐに少額のお金が必要なとき!Suicaの換金方法を知っておこう。

1.Suicaの使い方は?
2.Suicaにチャージした残額を換金
3.カードタイプのSuicaを換金
4.モバイルSuicaを換金
5.商品の返金によるモバイルSuicaの換金
6.Suicaで換金するメリット
7.Suica換金のデメリット(カードタイプ)
8.Suica換金のデメリット(モバイルタイプ)
9.まとめ

1.Suicaの使い方は?

様々なタイプがあるSuicaの使い方をチェックしておきましょう!

Suica」は現金をチャージすることで利用可能な前払い型の交通系電子マネーです!

「Suica」にチャージした分だけ、電車や加盟店での買い物に電子マネーとしてを使うことができます。

基本的にSuicaカードはJRの窓口で発行してもらうことになりますが、クレジットカード機能が一体化したSuicaを作ることもできます。

クレジットカード一体型のSuicaを利用したい場合は、「ビューカード」としてクレジットカードを新規に発行することになります。

「ビューカードSuica」は、クレジット機能が付いているので買い物にとても便利です。もちろん買い物するごとにクレジットカードのポイント「ビューポイント」が貯まっていきます!

貯まったポイントはJRの切符代金、提携しているコンビニエンスストアなどで「1ポイント=1円」として利用することが可能です。




2.Suicaにチャージした残額を換金

Suicaにチャージした残額を換金したい時はどうすればいい?

Suicaに一度チャージした残高を現金に換金したい、そんな場合はどうしたらいいのでしょうか?

クレジットカード現金化という言葉を聞いたことはあると思います、実はSuicaにはカードタイプとモバイルSuicaと呼ばれるスマホにSuicaを内蔵したタイプに分かれます。

これらは、それぞれのタイプによって換金方法が違います。

前払いした現金の換金ですから、決して借金ではないというところがSuicaの換金です。

さらに換金の手続きに関しては、どちらかというとカードタイプのSuicaのほうが簡単に換金することができます。

3.カードタイプのSuicaを換金

カードタイプのSuicaを換金してみよう!

まずは一般的なタイプである「カード型のSuica」を換金する方法です。

カードタイプのSuicaはみどりの窓口で発行してもらったと思います。基本的に残高が残っているSuicaカードをみどりの窓口に持っていくことで、窓口で返金してもらうことができます。

手順としてはお近くのJRの駅のみどりの窓口にSuicaカードを持って行き、駅員さんにSuicaを渡して返金をお願いするだけです、それだけで残金がその場で戻ってきます。

カード型のSuicaはみどりの窓口で発行してもらう時500円支払います。これはカードのデポジット金額なので、最終的にSuicaを解約する時に戻ってきます。

Suicaの換金方法はこれだけなので非常に簡単なのですが、この方法を利用する場合は手数料220円がかかってしまいます。

さらにSuica自体を解約することになりますので、現金は戻ってきてもSuicaは戻ってきません。

もしこれからもSuicaを使い続けたい場合はおすすめできない方法です。もちろん一度解約しても再度発行することは可能ですが、無駄な手間であることに変わりはありません。




4.モバイルSuicaを換金

モバイルSuicaを換金するには?。

携帯電話やスマートフォンの機能を利用して、端末にSuicaの機能を内蔵することが可能です。

内臓タイプのSuicaを利用する場合、クレジットカードを登録するだけで、いつでもクレジットカードでチャージができるため、カード型のSuicaよりも便利な使い方ができます。

モバイルSuicaのチャージ方法としては、登録したクレジットカード以外にもコンビニエンスストアやJRのみどりの窓口などで、通常のSuicaを同じように現金を支払ってチャージすることも可能になっています。

モバイルSuicaのデメリットはやはり年間の年会費1,030円(税込)がかかることです、便利な分だけ使用料が必要というわけです・・。

そんなモバイルSuicaでも、チャージして残った残額を換金したいといった場合があるかと思います。

この場合はカード型と違って少々面倒な手順が必要になります。まずモバイルSuicaを現金化する方法としては正規な手順はありません。

ここで紹介するのは商品を購入して現金化する方法です。

5.商品の返金によるモバイルSuicaの換金

商品の返金によるモバイルSuicaの換金方法は?

モバイルSuicaを換金する方法として、一般的に良く言われているのが「商品を購入して返品、換金する方法」です。

手順としては以下のとおりです。

1.モバイルSuicaが利用できるショップで換金した分の商品を選んで購入する。この場合当然買い物はモバイルSuicaを利用して行ってください。

2.しばらくしてから購入した商品を返金してもらいに行く。返金する商品は開封しないできれいな状態にしておいたほうがいいでしょう。

3.店舗側で現金で返金してもらう

以上の手順がモバイルSuicaの換金方法です。

JRの切符などはみどりの窓口で現金での返金ではなく、Suica自体のクレジット決済を取り消して済ます。という場合もありますのでお店によって現金での返金ができないこともあるようです。

どうしてもモバイルSuicaのチャージを換金したい場合は、そういった取り消し処理ができないお店を探したほうがいいでしょう。

この方法は一般的に良く言われている方法なのですが・・。モラルとしてどうなのでしょうか?ちょっと出来ないと感じる方も多いですよね。




6.Suicaで換金するメリット

Suicaで換金するメリットはある?

Suicaの残額を換金することによるメリットは審査不要でお金を作れる、交換金率で現金化できる、返金されているだけなので借金ではないといった部分です。

もし少額であっても急な出費が必要になった時などに、Suicaの現金化手法を使って現金を手に入れることができるのがSuicaによる換金のメリットです。

7.Suicaによる換金のデメリット(カードタイプ)

Suicaによる換金のデメリットについて(カードタイプ)

Suicaによる換金のデメリットとしてはSuicaの種類ごとに違います、カード型の場合はやはりその手間がかかることです。

わざわざみどりの窓口の営業時間内に行く必要がありますからね。さらに換金するということは、Suicaがなくなるわけですから、その後の電車利用は切符を券売機で購入する必要があります。

一度Suicaを持ったことがある方ならわかるかと思いますが、Suicaのない生活は電車に乗るにしても、買い物するにしても生活が非常に不便になります。

8.Suica換金のデメリット(モバイルタイプ)

Suicaによる換金のデメリットについて(モバイルタイプ)

モバイルSuicaによる換金のデメリットは、商品の返品という方式になりますのでお店に多少なりとも迷惑がかかってしますというところです。

返品すす商品を一度でも手に取る訳ですから本当に迷惑なことですよね。

お店としてはレシートが無くなったり商品を使って汚しているなど、よほどの理由でもない限り返品返金には応じてくれますがあまりいいイメージはないでしょう。

さらに返金してもらうためにはなにかを購入する必要があります、一度で済めばいいですが何回も同じお店で買い物して何度も返金してもらうのは自分としても恥ずかしくてできません。

いくつものお店をはしごして返金など非常に面倒なことです、モバイルSuicaの換金は資金調達としてみると決してよい方法とは言えません。余程の場合と考えたほうが良いでしょう。

モバイルSuicaはえきねっとなどでも利用できます。お得な料金で新幹線や特急の切符を購入するのにも非常にお得に使うことができます。




9.まとめ

Suica(スイカ)とは東日本旅客鉄道(JR東日本)、東京モノレール、東京臨海高速鉄道等で導入されている共通乗車カードの電子マネーです。

ほぼ日本全域で利用可能になってはいますが、ローカルな駅ではまだ導入されていないところもありますのでホームページなどで確認してから出かけたほうが確実です。

Felicaの技術を用いた非接触型ICカードとして全国に先駆けて導入されています、今では日本全国で利用することができるようになっています。

Suicaは電車に乗る時だけに限らず買い物にも便利に使うことができます、非接触型ICカードですから店舗のレジ横の端末にかざすだけでSuicaの残高から差し引いて買い物することができます、おつりも出ないので素早く買い物ができてスマートです。

Suicaの残高を換金して現金化すればたしかに高い換金率で現金を作ることはできます。消費者金融と違って審査も不要ですから緊急で現金を用意することができます。

・・とはいっても非常に手間がかかるやり方であるということも事実です。

間違ってチャージしすぎたお金を取り戻したいという理由もあるでしょう、基本的にSuicaにチャージするのは最小限にしておき、必要に応じてチャージしておけば現金化も必要ありません。

Suicaの換金はお金を現金を作る方法としてはありですが、あくまでも緊急のケースと考えて最終手段として別の手段をまずは考えてみたほうがいいでしょう。