クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

一番簡単な手続きで「ゆうちょダイレクト」を申し込む方法とは?

一番簡単な手続きで「ゆうちょダイレクト」を申し込む方法とは?

1.「ゆうちょダイレクト」とは?
2.申し込み方法
3.ネットでゆうちょダイレクト!
4.アプリでゆうちょダイレクト!
5.郵送とWebでの申し込みをやってみた
6.まとめ

ゆうちょの残高は通帳で確認するだけでなく、ネットやアプリ等を使って簡単に確認することができるんです!

簡単に「ゆうちょダイレクト」を申し込む方法をご紹介します!

1.「ゆうちょダイレクト」とは?

窓口やATMが閉まっているときでも、ゆうちょの残高をネットやアプリを通じて確認することができます。

また、パソコン・スマートフォン・携帯電話、電話・FAXでゆうちょ銀行の口座にアクセスすることができます。

「ゆうちょダイレクト」は、まだ多くの人に知られていないような気がします。わたしの周りでも、ゆうちょダイレクトを利用している人が少ないです。

きっと、ゆうちょダイレクトの存在を知らないか、申込みが面倒、難しそう、と考えている人が多いからだと思います。

しかし、一度申し込むとそれ以降はずっとスマートフォン等で残高確認をすることができるので、ものすごく便利になりますよ!




2.申し込み方法

Webによる申し込みが一番簡単です。

ゆうちょのホームページや、Yahoo!などで「ゆうちょダイレクト」と検索すると、すぐ申込画面にアクセスすることができます。

窓口でゆうちょダイレクトの申込用紙をもらい、ポストに投函して申し込むこともできます。郵送方法になります。

しかし、ゆうちょダイレクトを利用したい方は、郵便局があいている日中の時間に窓口に来れない方がほとんどだと思います。窓口で申込用紙に記入し、ポストに投函する方法だと、配達日数がかかり、反映が遅くなり、どうしても時間がかかってしまいます。

それに、申込用紙を記入したり、通帳のお届け印を押したり、手間もかかりますし、なにより時間がもったいないです。

私は、Webで申し込むことを一番おすすめします。時間もかかりませんし、なにより窓口に行かなくても自分の好きな時間に手続きできることが魅力です。

3.ネットでゆうちょダイレクト!

ゆうちょダイレクトの申込みが終わると、郵送されてきた「初回利用時に入力するパスワード等に関するご案内」のゆうちょダイレクト利用者カードに記載された制限解除用パスワードを入力します。

※ゆうちょダイレクトは、パスワード等を忘れると、手続きをするのに窓口に行かないといけない、など面倒なことがありますので、パスワード等を忘れないようにしてください。

初回ログイン時に、セキュリティのために、秘密の質問などを決めることになります。

ゆうちょダイレクトは、ほかの銀行さんと違って残高を確認するだけなのに、一回一回パスワード等を入力して、ログインしないといけないので、少し手間がかかります。後ほど、手間のかからない方法も紹介させていただきますね!

ログインが完了すると、自分の通帳の残高を確認することができます。

過去にさかのぼることも出来るので、通帳を持たなくても問題ありません。また、送金や振り込みすることも可能です。




4.アプリでゆうちょダイレクト!

ほかの金融機関さんと同じように、アプリで残高確認をすることができます。

私はほとんど、アプリで残高確認をしています。一回一回パスワード等を入力する手間が省けます。ゆうちょダイレクトの申込みも完了し初期設定等もおわった方限定で利用できます。

ゆうちょダイレクトアプリをダウンロードし、従来通り、ゆうちょダイレクトのパスワード等を入力して、ログインします。

そうすると、アプリ内での数字4桁のパスワードを設定してください、と案内がでますので、ご自分の好きな数字4桁を設定します。

アプリ内で残高確認をするときは、この数字4桁のパスワードを入力するだけで、すぐに残高確認をすることができます。毎回パスワード等を入力してログインするネットのゆうちょダイレクトとはわけが違いますね。

数字4桁のパスワードを入力すると、自分の残高がすぐに表示され、わかりやすくグラフ化されたものが出てきます。

自分の残高も確認することができ、その中でも定期性貯金がいくらあるのか、引き出し可能残高がいくらなのか、と必要な情報がわかりやすく表示されます。

なおかつ、毎月自分の収入、支出をグラフ表してくれる機能もついています。また、入出金履歴がタイムラインでみることができ、LINEやチャットみたいな表示形式で見やすく、馴染みやすいものになっています。

また、アプリ内でもネットのゆうちょダイレクトにすぐアクセスすることができます。アプリ内に、「ゆうちょダイレクト」とクリックできる場所があるのでワンクリックですぐログインできます。

個人的に、ゆうちょダイレクトアプリの表示形式がすごく見やすく、気に入っています。

ネットのゆうちょダイレクトは、文字が小さく、細かくなっています。それに比べ、アプリのゆうちょダイレクトはポップな感じでグラフの色合いもよく、なにより一番知りたい金額の文字の大きさが大きめになっています。

ほかの金融機関でも、アプリで残高確認できるサービスを提供しているので、わたしはスマートフォンで残高確認をするときは、全部アプリで確認しています。

ゆうちょ銀行のアプリを利用したい場合。

①ゆうちょダイレクトを申し込む
②アプリをダウンロードし、アプリで残高確認

といった感じの手続きが必要になります。

ほかの金融機関ではしなくてもいいであろう、「ゆうちょダイレクトを申し込む」作業が必須になります。(ほかの金融機関では①の手順はふまず、②のアプリをダウンロードし、通帳の支店番号、記号番号等を入力し、パスワードで本人確認をすれば、すぐ残高を確認することができたと思います。)




5.実際に郵送とWebでの申し込みをやってみた

私は、ゆうちょの通帳が2冊あるので、1冊ずつ郵送の申込みと、Webでの申込みをしました。(1冊目の通帳でゆうちょダイレクトを申込むとき、Webで申込みできることを知りませんでした。)

郵送の申込みだと、まず窓口へ行って申込用紙をもらい、窓口の方に記入方法を説明してもらいました。

記入欄には、現住所、氏名、電話番号、通帳記号番号等、正直書くのが面倒でした。なおかつ、お届け印を押す箇所があったのですが、どの印鑑だったのか思い出せず、まずどの印鑑だったのか調べてもらう作業から始まりました。

窓口なのでほかのお客様もいますし、自分の時間も限られているので、待ち時間も苦痛でした。

申込用紙の記入が終わり、2週間ほどで利用者カードが届くといわれました。「2週間!?やけに長いな」と思いましたが仕方なく・・。

実際に利用者カードが届いたのは、窓口で申し込んでから、12日後。営業日なども関係しているのだと思いますが、忘れたころに届いたという感じです。

そこからログインしてゆうちょダイレクトを開始。という流れです。

比べて、Webの申込みだと、まず書かなくていいのがすごく楽でした。なおかつ、手慣れているスマートフォンでの入力操作だったので、ストレスなく申込み手続きを進めることができました。

自分の空いている好きな時間、仕事が終わってゆっくりして、寝る前に申込みましたが、あっという間に申込受付完了しました。

利用者カードが送られてきたのは3日後でした。Webの申込みだと、郵送申込みより、倍以上早く手続きが完了します。

6.まとめ

ゆうちょの残高確認をネットでしようと思った場合・・。

①・Webでゆうちょダイレクトの申込みをする。

②・利用者カードが届くので、ネットのゆうちょダイレクトにログインする(初期設定を済ませる)。

③・ゆうちょダイレクトアプリをダウンロードし、ログインする。

④・残高確認するときは、アプリを開いて4桁のパスワードを入力するだけで、すぐ残高確認することができる。

こういった手順で利用するのが、一番簡単でわかりやすい方法だと思います。