クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

MNPの手続きを安く!簡単に済ませるコツは?〜お得なキャンペーンの探し方〜

MNPの手続きを安く!簡単に済ませるコツは?〜お得なキャンペーンの探し方〜

1.まず最初にするのは”予約”から!
2.MNPの手続きで必要なものは?
3.MVNOへ転出する場合
4.MNP転出にかかる費用は?
5.「MNP転出」はキャンペーンを利用しよう!
6.まとめ

1.まず最初にするのは”予約”から!

MNP転出」をする時、まず最初にすることは「MNP予約番号の取得」です!

今お使いのキャリアで「MNP転出」予約をします。そうすると、キャリアから「MNP予約番号」が発行されます。

「MNP予約番号」の取得は、各キャリアとも「ショップ」か「専用の電話番号」で対応しています。「インターネット」でも対応していますが、スマホでは利用できない場合があるので注意しましょう!

「MNP予約番号」の取得は、わざわざショップに出向くのは面倒なので、電話で手続きをするという方法がオススメです。

ここで少し注意なのですが、「MNP転出」は今契約中のキャリアからすると「解約」になってしまいますので、解約を引き止めようとキャンペーンの話や新機種への機種交換を勧められます。

絶対に「MNP転出」をすると決まっているのであれば、心を鬼にしてキッパリと断りましょう!そうしないと長々と話に付き合うハメになってしまいますから・・。

「MNP転出」の手続きが完了すると、「MNP予約番号」が発行されるので、「MNP予約番号」を持って、MNP転出をしたい新しいキャリアで携帯電話の新規契約手続きをすると「MNP転出」が完了するというわけです!

「MNP転出」が完了すると、「MNP予約番号」の発行手数料の支払いが必要になります。「MNP予約番号」の発行手数料はキャリアによって多少変わりますが、2,000円から3,000円程度となり、基本的には契約最終月の使用料金と一緒に精算されます。

「MNP予約番号」には15日間の有効期限が設けられています。15日間の間に「MNP転出」をしなければ、何もなかったことになります。

「MNP予約番号」を取得した後でも、やっぱり「MNP転出」をやめるとなった場合は、そのままにしておけば大丈夫です。発行手数料もかかりません。だから、”予約”番号なんですね!




2.MNPの手続きで必要なものは?

まず、先ほど取得して頂いた「MNP予約番号」が必要になります!

それと、新規契約に必要な書類として「運転免許証」や「パスポート」などの本人確認書類。あとは、支払いをする「クレジットカード」もしくは銀行口座の「通帳と印鑑」が必要になります。

「MNP予約番号」以外に必要なものは、通常の新規契約と同じものなので、「MNP転出」に必要なものは「MNP予約番号
」だけが増えると考えて大丈夫です。

「MNP転出」済んだ後、今までのキャリアとの契約はどうなるのでしょうか?

これは「MNP」の転出手続きが完了すると同時に自動的に解約になります。特に解約の手続きをする必要はありません。




3.MVNOへ転出する場合

最近は、「ドコモ・au・ソフトバンク」の3大キャリアだけでなく、その他の格安SIMを提供している会社が増えました!

これらを通信サービス会社を一般的には「MVNO」と呼んだりしています。

「MVNO」への「MNP転出」を検討される方も増えていらっしゃると思います。手

この時の手続きは、3大キャリアへのMNP転出と変わらないのですが、少し注意して頂きたいことがあります。

「MVNO」へ「MNP転出」する場合、新しい携帯電話の本体が配送で送られてくる場合がほとんどです。

「MNP転出」の流れとしては、「MNP予約番号」を取得してから、新しいキャリアへの申し込みを済ませて「MNP予約番号」を登録をすると、本体が配送されて、お手元に届いてから回線の新規開通となります。

ここで気をつけて頂きたいのは、「MNP予約番号」の有効期限です。「MNP予約番号」の有効期限は取得してから15日間です。

つまり、「MNP予約番号」を取得してから本体を受け取って回線を開通させるまでの手続きを「15日間」で済まさなければなりません。

配送が遅れたり、忙しくて受け取りがスムーズにできない場合もありますので、「MNP予約番号」を取得したら、時間に余裕を持ってすぐに手続きを進めるようにしましょう。

「15日間」という有効期限が長いと感じではダメです!むしろ、なんでこんなに期間が短いのか?と考えてMNP転出するくらいの感覚を持ちましょう!

「MVNO」への「MNP転出」は手続きがスムーズに進んでも「1週間」程度の時間は必要だと考えていたほうが良いでしょう。




4.MNP転出にかかる費用は?

MNP転出」にかかる費用には、どんな費用があるのでしょうか?

・契約解除料
・MNP転出手数料
・契約事務手数料

「MNP転出」をするためには、この3つの費用がかかります。

この費用のうち、「契約解除料」と「MNP転出料」は、元々のキャリアから請求される費用です。

「MNP転出手数料」とは?

MNP転出手数料」は、MNP予約番号を発行する際にかかる費用です。大手キャリアの場合、ドコモが2,000円、au・ソフトバンクは3,000円ほどです。

「契約解除料」とは?

次に「契約解除料」ですが、この費用はいわゆる「2年縛り契約」を解除するためにかかる費用です。

大体の人の携帯電話(スマホ)は大きな割引サービスを受けるために、2年間は使います!という約束で契約しています。

そしてこの契約は2年毎に契約が自動更新されます。この契約の途中期間で、契約中のキャリアを解約してしまうと、「契約解除料」がかかってしまいます。こちらの金額は、概ね、9,500円となっています。(高いですよねー・・。)

ただし、この「2年縛り契約」が更新される前の決められた「2ヶ月間」だけは、契約解除料を払わずに解約することができます。

・・と言っても、更新月は2年間に「2ヶ月」だけしかありませんので、MNP転出をしたいと考えている人は、自分の「契約更新月」を意識しておきましょう!

契約更新月は各キャリアショップでも教えてくれますし、契約中のキャリアごとの「マイページ」などで確認できるので、一度確認しておくといいかもしれませんね。

「契約解除料」は、元々のキャリアを解約するためのお金なので、「MNP転出手数料」と同じく、元々のキャリアから最終月の使用料金と一緒に請求されます。その場でお金が必要だという費用ではありません。

「契約事務手数料」とは?

そして、最後の「MNP転出」に必要な費用が「契約事務手数料」です。

「契約事務手数料」は、新しく契約するキャリアから請求される費用です。

この費用は新規契約のために必要な費用なので、最初の請求の際に一緒に請求されます。一般的な金額は3,000円となっています。これは、携帯電話が普及し始めた頃からある事務手数料ですので、みなさんもご存知だと思います。

消費者側から思うと、どうして事務手数料に3,000円もかかるのか納得できない!という気持ちもないわけではありませんが、仕方ありませんよね・・。

一般的な「MNP転出」に必要な総額をまとめると・・。「3,000円+9,500円+3,000円=15,500円」の手数料がかかります。(キャリアによって若干の誤差はありますが約15,000円の費用が必要になります。)

しかし、今契約しているキャリアの「契約更新月」で「MNP転出」をすると、約6,000円ほどの費用で「MNP転出」が可能です!(約9,500円の「契約解除料」が必要ないからです!)

これらの費用は、どちらも契約した瞬間に支払うわけではなく、転出元、転出先のキャリアから携帯料金とともに請求されます。




5.「MNP転出」はキャンペーンを利用しよう!

費用が安くなるタイミングを考えない、通常の「MNP転出」は手数料だけで約15,500円もかかってしまいますので、ついつい迷ってしまいますよね・・。

ただ、新しいキャリアとしては、他のキャリアから移って来てくれるお客様なので、とても嬉しいお客様なのです。

そういった理由があるので、色々なキャンペーンをしているショップもたくさんあります!

普通に新規で契約するよりも、実はMNP転出で契約するほうがお得な場合も多いんです。

例えば、新機種を実質的に無料で購入できたり、事務手数料分をキャッシュバックしてもらえたりと、キャンペーン・サービスの種類も多いですし、金額も桁違いに高額な場合があります。

こうなってくると、できるだけお得なキャリアを選んで「MNP転出」することがポイントになってきますね!

お得なキャリアを選んで「MNP転出」するポイントは?

キャリアが公式で開催しているキャンペーンももちろんありますが、その他に「ショップ独自」で開催しているキャンペーンもあります。

キャリア公式のキャンペーンは、どのショップで契約しても同じなので、ショップ独自でどんなキャンペーンをしているかを調べてみましょう!

タイミングによって、キャンペーンをしているか、していないか。その金額も内容も細かく変わってきます。

そこで大体の傾向をチェックしてみると、キャリア公式ショップよりも「量販店系ショップ」の方が、キャンペーン時のキャッシュバック金額が多くなる傾向にあります。

大手家電ショップの中に入っているショップや、ショッピングモールなどで、ドコモ・au・ソフトバンクの全部の機種を扱っているようなショップが「量販店系ショップ」に該当します。

このようなショップがお得になる理由は、公式ショップよりも販売ノルマが厳しいので、キャンペーンにも力が入ることが理由です!

もちろん、契約後は公式ショップでの修理や契約の変更、料金の確認など、通常通りに対応してもらえますので安心です。

逆に量販店系のショップはあくまで携帯電話を買うだけのお店と考えて頂くと間違いありません。




6.まとめ

「MNP転出」ってめんどくさい!そう思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなに面倒な手続きは必要ありません。

普通に現在お使いのキャリアで機種変更をするのに、ちょっと手間を加えるくらいの感覚で、MNP転出の手続きは完了します。

「MNP転出」をご検討中の方は嫌がらずぜひトライしてみて下さい!

「MNP転出」の手続きは、「MNP予約番号」の取得という手間が増えるだけで、その他は通常の新規契約と変わりません。

また、「契約更新月」に「MNP転出」をしてしまえば、「MNP転出」に関する手数料も安く抑えられますし、さらにキャンペーンを利用することができれば、通常の機種変更よりも安く新機種に変更できることが多くあります。

次の契約更新月には「MNP転出」を検討してみてはいかがでしょうか?

参照元:ご解約の前に | お客様サポート | NTTドコモ|公式サイト
参照元:解約・他社へのMNP転出をご検討中のお客さまへ | au|公式サイト
参照元:解約する・MNP予約番号を取得する | モバイル | ソフトバンク – SoftBank|公式サイト