クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

docomoを解約するポイント!〜通信料金を10,000円ほど安くした私の場合〜

docomoを解約するポイント!〜通信料金を10,000円ほど安くした私の場合〜

1.docomoを契約したきっかけ
2.解約の理由は請求額が高いこと
3.どうして高いと感じたか
4.こんな場合は解約しないほうがいい
5.楽天モバイルに乗り換えた方法
6.楽天モバイルに乗り換えた感想
7.さいごに

私は以前に2年間、docomoを契約していました。

その後docomoを解約しましたが、docomoを解約した時の手順、携帯料金を10,000円ほど安くできた経緯をご紹介します。

1.docomoを契約したきっかけ

docomoに乗り換える前、私はsoftbankを利用していました。

softbankを利用していた時に感じたのは、サポートが充実していないことです。

プランの変更をしたく、softbankのショップへ相談しに行ったところあまり対応が良いものではありませんでした。もしかすると、そこの店舗だけかもしれません。

ただ、1度残念なサービスを受けてしまうと他のsoftbankのショップも同じように悪く見えてしまいました。それに比べ、docomoではショップの対応が素晴らしく好感を持てました。

困ったことがあれば、docomoに行けば丁寧に説明をしてもらえます。ショップの店員数がsoftbankと比べて多く、待ち時間がないのも良かったです。

アフターサポートという点においては、docomoはとても素晴らしく魅力の1つにに感じました。

また、softbankからdocomoに切り替えたの理由の中には新しいiPhoneの機種が登場して、どうしても欲しくなったということもあります。

月々分割して本体代を支払えば、そこまで経済的にも苦しくないだろうと考え乗り換えることに決めました。




2.解約の理由は請求額が高いこと

先に話をしたようにアフターサポートが素晴らしいdocomoをなぜ、解約したくなったのかはいくつか理由があります。

その中でも1番の理由は料金が高いことです。docomoのプランは、複雑でまず誰しもが基本料金というものに契約しなくてはなりません。

基本料金だけでも、何種類かプランがありますがたいていのひとはかけ放題プランに入ってることが多いです。

私もかけ放題のプランに入っていました。かけ放題のプランは、電話をかける通話料が無料になるプランです。月々2700円支払えば、国内電話であればどこにかけても無料になります。

私はそこまで通話はしませんが、よく通話をされる方であればこのプランはお得なのかもしれません。docomoのプランには、この基本料金以外にかかるものがあります。

それがデータ通信料です。私は、データMパックという5GBまでインターネットが出来るプランを契約していました。料金については、5,000円です。

5GBの通信料ですと私の場合、月によっては足りないことがありました。Wi-Fiを自宅で使用していますが、それでもスマホゲームをやりますので通信料が多い月は足りなくなってしまいます。

そういう月は、追加で通信料を1GB購入していました。1GBが1000円程度しますのでそれを繰り返しているとけっこうな金額になってしまいます。

基本料金とデータ通信量、端末本体代とオプション料金を合わせたものが月々の請求料金でした。請求額は平均で12000円でした。最低で12000円でしたので、通信料を追加で購入すると15000円も請求額がいく月もありました。

3.どうして高いと感じたか

それでは、なぜ高いなと感じるようになったかは、格安SIMの存在を知ったからです。

格安SIMを最初に知ったのは会社の同僚が使っていて教えてくれました。格安SIMという言葉自体は、以前から知っていたのですが実際どの程度安くなるかは、同僚に話を聞くまで分かりませんでした。

実際に毎月の請求額を同僚から聞き、とても驚きました。私よりも通信料が多く使っているにも関わらず、月の請求額は3000円程度とのことでした。

私の請求額と比べると4分の1なわけですからとても破格の値段です。話を聞き、すぐに乗り換えようと決めました。私が乗り換えた格安SIMは、楽天モバイルです。

通信料は10GBのプランにしました。通話はあまりしないほうなので、通話した分だけ請求されるプランにしました。

また、私自身がもともと楽天会員だったので楽天モバイルを利用した分だけ楽天ポイントが加算されるのがとてもメリットに感じました。




4.こんな場合はdocomoを解約しないほうがいい

docomoから格安SIMに乗り換えるうえで注意しないといけないことがあります。

格安SIMはインターネットで手続きをしたり、自宅に届いたSIMなどを自分で設定したりします。言わば、今までショップ店員さんがしていた作業を自分自身でしなくてはならないのです。

ですから、安易に安いからと言って格安SIMに乗り換えるということをしてしまうと、困った時に誰かに助けてもらうことが出来ません。

格安SIM全般に言えることですが、ショップ数が少なくサポートセンターの受付時間も限られてしまいます。大手3社の電話会社であれば携帯電話を紛失した際も24時間すぐに携帯電話を停止することが出来ます。

それが格安SIMの場合ですと、一定の限られた時間にしか止めることが出来ません。ですから、事前に紛失した時のことを想定して、自分自身で設定などをしておかないといけません。

家族に詳しいひとがいるから大丈夫だと言うわけではなく、自分自身が知識を持っておかないとトラブルに巻き込まれてしまいます。

様々なトラブルが起きた際に、docomoですと手厚くサポートをしてくれていましたが、格安SIMの場合ですと全て自分自身で処理をしなくてはならないのです。ですから、最低限の知識を詰め込んでから格安SIMに乗り換えましょう。

5.楽天モバイルに乗り換えた方法

docomoを解約するのは、とても簡単でした。

私は楽天モバイルに乗り換える予定でしたので事前にdocomoショップでMNPの予約番号を発行しました。この予約番号というものが乗り換えるうえで重要になってきます。

予約番号は期限がありますので、その期限内に乗り換えをしなくてはなりません。予約番号を使って、楽天モバイルのホームページより手続きを済ませることで携帯の乗換えをすることが出来ます。

楽天モバイルに乗り換えた時点で、docomoショップとの契約は、解約となります。解約となる前に、ドコモでやっておかないといけないことがあれば事前に済ませておくほうがいいでしょう。




6.楽天モバイルに乗り換えた感想

最初に言えることは、変えて良かったです。どんなところが良かったかと言いますと料金です。

請求額が3000円で収まっていますから、かなり安くなりました。友人に通話する際は、LINEやskypeを利用しているのでそこまで心配することもありません。

インターネットで楽天モバイルはインターネットが繋がりにくい時間があると口コミを見かけたことがあったのですが、そのように感じることは今までにありませんでした。

私の地域は安定して使うことが出来ています。デメリットとしては、楽天モバイルが第4の携帯会社として新規参入することが要因になっているのか私が契約した際に使っていたプランが現在では無いことくらいでしょうか。

私の契約しているプランが今後、無くなってしまい勝手に変わってしまうことがあるのではないか少し不安です。

それ以外は、デメリットに感じることはありません。料金が安く、沢山データも使用することが出来ていますので満足です。

7.さいごに

最後になりますが、安さだけでdocomoを解約して格安SIMに変えることはおすすめしません。ひとによって携帯電話の知識はさまざまです。

格安SIMは、様々なことを自分自身でやらないといけないことが多いです。言わば、サポートにお金がかかっていない分だけ請求額を安くすることが出来ているのだと思います。

携帯電話に関して困ったことがあると知人やショップで聞くことがあるという方は、docomoを解約しないほうが良いと思います。