クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

違約金なしでauを解約するタイミングは? 〜更新日・端末購入日の確認方法〜

違約金なしでauを解約するタイミングは? 〜更新日・端末購入日の確認方法〜

1.違約金なしで解約したい場合
2.更新日の確認方法
3.格安スマホに乗り換える場合
4.日割り計算の撤廃
5.更新月と端末の購入日の違い
6.auポイントの移行も大切
7.まとめ

auから乗り換えを考えている方の中には、解約のタイミングに迷っている人も多いのではないでしょうか?

少しでも、費用を抑えて解約したいと思う事は当然の事ですよね。

auを解約する場合の「解約のタイミングと注意点」を詳しくご紹介します。

1.違約金なしで解約したい場合

多くの方がauの契約を行う際、少しでも月々の負担を軽減させるため、2年の継続利用契約をされているかと思います。

もちろん、中には契約の縛りを拒み、そう言った契約方法を取っていないと言う人もいるかも知れませんが、実際、我が家の場合、家族4人とも2年契約でauを使用していました。

その方が月々の支払いを抑える事ができ、これは、本当に大きなポイント。また、契約する際にわざわざ、解約する時の事までは、考えませんからね。

しかし、いざ、auを解約し乗り換えたいと思った時、気になってしまうのが違約金です。1人1万円ほどの違約金が発生するため、家族4人で解約しようと思うと4万円ほどの違約金が発生してしまうのです。これは、無視できるような金額ではありません。

その為、違約金が発生しない月を狙って解約する事がベストなタイミングとなるのです。

では、違約金が発生しない時は、いつなのでしょうか?

auでは、2年契約の更新月が2か月設けられています。以前は、1か月のみとなっていた為、それに比べると少し長い期間があると言えるかと思います。

その2年に一度訪れず、この2か月の更新日を逃しては、解約する際、違約金が発生してしまうのです。2年契約の更新は、2年おきに更新となります。

もちろん、その際に2年契約を外すといった事も可能ですが、多くの場合はそのまま契約を続けてしまい、結果として、解約するチャンスを逃してしまったと言うことにもなりかねません。

その為、解約を考えている場合は、この2か月を大切にする必要があると言えるのです。そうする事で違約金を発生させる事なく、解約手続きを行う事が可能です。




2.更新日の確認方法

実際に自分のauの更新日を覚えている人は、どれだけいるでしょうか?

多くの場合、いつ契約し、いつが更新日にあたるのかなどわからないと言った人も多いかと思います。そのような場合は、更新日の確認をお勧めします。

確認方法は、簡単で「My au」で確認する事ができます。まず「My au」にログインてし、「契約照会手続き」を選びます。

そうすると、「契約内容確認・変更」と言う表記があります。契約内容確認・変更を選択して、「契約内容(料金プラン・加入サービス等)」を選択すれば、「次回更新年月」が表記されます。

そこに表記された期間内に解約すれば、違約金は1円も発生せず、解約手続きを行う事が可能になります。

この期間より1日でも早い場合や1日でも遅い場合は、違約金が発生する事となります。その為、必ずこの期間内に解約手続きを済ませる必要があります。

3.格安スマホに乗り換える場合

例えば、auを解約する理由が格安スマホやその他、auよりも料金的にお得なスマホへの乗り換えだったとしましょう。

そのような場合でも、違約金の発生を考えて更新月まで待った方が良いのかと言うと、それは、一概にそうではないと言えるのです。

もし、あとひと月で更新日だった場合は、待った方が良いのかも知れませんが、それが半年後、1年後となれば、例え違約金が発生したとしても、auを解約した方が良いかと思われます。

その為、もし更新月ではない時にauを解約して、乗り換えを検討している場合は、新しいキャリアの料金と今のauの料金を比較して、そして、違約金を払った方が費用を抑える事が出来るのかと言う点で計算してから考える事をお勧めします。

必ずしも、更新月が解約するベストなタイミングだと言い切る事は出来ないと言うことなのです。




4.日割り計算の撤廃

以前は、月の途中で解約手続きを行うと日割り計算での料金の支払いとなっていました。

その為、基本的に月のどこで解約しても損をすると言うことはありませんでした。

しかし、2016年以降、auでは、日割り計算を撤廃しており、月のどこで解約するかと言うタイミングが大きくなってしまったのです。1日に解約しても、その月1か月分の料金が丸々、支払い対象となります。

・・と言うことは、出来るだけ利用し続けて月末に解約する方法がベストなタイミングだと言うことになります。

もしも、月の初めごろにauを解約し、そのまま、違うキャリアに乗り換えたとします。今までなら、日割り計算での利用が可能になっていた為、2重払いをいった感覚はなく乗り換える事ができていました。

しかし、日割り計算の撤廃により、月初めに契約を解除した場合は、その月は2重払いをしなければいけないと言う事になったのです。これは、意外と大きな負担です。

しかも、家族全員で乗り換えた場合は、驚くほどの費用負担になる事も考えられます。そう言った事から、出来るだけ解約手続きは月末に行うようにし、少しでも費用の負担を軽減させる事ができるように工夫する事が大切です。

5.更新月と端末の購入日の違い

新規でauの契約を行った際は、端末も一緒に購入している事が多く、更新月と端末の購入月が同じだと言う人も多いかと思います。

しかし、それが、2年後、4年後となれば、更新月に関係なく端末を購入している人も多く、その結果、更新月と端末の購入月が異なってくると事となります。

その事が解約する際にどのように影響するのかと言うと、auを解約する事で、端末代金を割引くサービスとなる毎月割が終了となります。

そのため、端末を分割で購入している場合は、残りの端末代金を全て支払う事になってしまうのです。

まだ、端末を1年しか使っていない場合などは、意外と大きな額の端末代金を支払う事になります。その為、更新月と同じく端末の購入月を確認しておくと安心です。




6.auポイントの移行も大切

auを利用している場合、支払い料金に応じてauポイントを貯める事ができるようになっています。

このauポイントですが、auを解約すると当時に失効されてしまいます。その事を知らずに先に解約してしまうと今まで貯めて来たauポイントをすべて失ってしまうのです。

その為、auを解約する際は、まず、auポイントをau WALLETにチャージしておく事をお勧めします。この順番は、絶対に間違ってはいけません。

解約する前に先に必ずauポイントをau WALLETにチャージしておいてください。その他、auショップで解約前に必要なものを購入すると言う方法もあります。

スマホケースや充電器などポイントで購入する事ができるようになっている為、au WALLETへの移行が面倒だと感じる場合は、買い物でポイントを消化してしまうと言う方法もあります。

どちらにせよ、ポイントは使い切ってから解約手続きです。

7.まとめ

いかがでしょうか?auを解約する際のタイミングはつかめたでしょうか?

人それぞれ、解約する意味は異なってくるかと思います。乗り換えを希望する人やスマホ自体、不要になった人などそれぞれです。その為、一概にどのタイミングがベストであるかと言うことは言いきれません。

そのような事から、以上のような点を考慮し、その上で自分にあったベストなタイミングを考えて頂ければと思います。

ただし、出来るだけ、月末に解約すると言うことは、多くの人に当てはまるベストなタイミングだと言えるかと思いますので、日割り計算が撤廃された事だけは、忘れないようにしてください。