クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

ゆうちょ銀行デビットカードの使い方は?特徴と注意点をチェック!

ゆうちょ銀行デビットカードの使い方は?特徴と注意点をチェック!

1.ゆうちょ銀行のデビットカードとは?
2.ゆうちょ銀行デビットカードのメリット
3.ゆうちょ銀行デビットカードの注意点
4.クレジットカードとの違いは?
5.「ゆうちょ」がメインバンクならおすすめ!
6.ゆうちょ銀行デビットカードの利用方法
7.ゆうちょ銀行デビットカードの体験談
8.まとめ

ゆうちょ銀行では、あまり知られていませんが「デビットカード」を発行しています。

ゆうちょ銀行のキャッシュカードとデビットカードが一体になっていれば便利ですよね!

そこで、ゆうちょ銀行デビットカードの使い方、特徴と注意点をご紹介します。

1.ゆうちょ銀行のデビットカードとは?

ゆうちょ銀行の「総合口座」のキャッシュカードを持っていると、日本デビットカード推進協議会の加盟店でデビットカードとして利用することが出来ます。

小売店や家電量販店などの買い物や飲食店で45万箇所以上で利用することが出来るのでとても便利です。

注意点としては、海外では使用することが出来ないので、コンビニであればローソン、ドンキホーテや大黒屋などのディスカウントショップ、小田急百貨店や大丸などの百貨店などで利用することが出来ます。

地域によっては使用することが出来ない場合もあるので理解しておく必要があります。私はローソンで利用していますが、とても便利に使っています。




2.ゆうちょ銀行デビットカードのメリット

ゆうちょ銀行のデビットカードのメリットとしては、財布にお金がなくても貯金を引き出さなくても済むというメリットがあります。

金額の高い買い物をする場合には、現金をそのまま持っていくのは危ないですが、大金を持ち歩く必要もなく、盗難なども安心して利用できることも大きなポイントです。

クレジットカードを持ちたくない人にはデビットカードを利用することで、現金の持ち運びの手間や危険性を減らすことが出来ると言えます。

私もゆうちょ銀行のデビットカードを利用して高額の買い物をするときには計画的に利用しています。

3.ゆうちょ銀行デビットカードの注意点

ゆうちょ銀行のデビットカードは海外での使用は出来ません。それ以外にも、利用するにあたっての注意点がいくつかあります。

ゆうちょ銀行のデビットカードは利用する時間が若干限られているんです。時間で言えば、23時55分から24時5分までの10分間は利用することが出来ません。

わずか10分なので、空いている店舗も少ないのでそこまで大きな注意点とは言えないですが、デメリットは理解しておく必要がありますね。

1日に利用することが出来るデビットカードの利用上限と言えば、ATMの利用額の合計で50万円となっています。ゆうちょ銀行の窓口などやゆうちょダイレクトで1回あたりの利用上限額を100万円まで変更することも出来ます。

ゆうちょ銀行のデビットカードの大きな注意点としては、現代のインターネットの時代においてオンライン決済が出来ないことが挙げられます。

私も自身のオンライン決済を振り返りましたが、オンライン決済を利用しない月はありませんでした。加えてゆうちょ銀行のデビットカードは、利用したとしても還元されることもないという事です。

他のカード会社であれば、利用すればポイントが還元されて利用するだけお得になるサービスがほとんどで、周囲を見渡せばポイント還元のあるカードはいくらでもあるという状況です。

クレジットカード並みの還元率を誇るデビットカードも多くあるので、ポイント還元がまったく得られないゆうちょ銀行のデビットカードと言えます。




4.クレジットカードとの違いは?

ゆうちょ銀行のデビットカードに限らず、クレジットカードとデビットカードの違いを理解していない人もいると思います。

ゆうちょ銀行のデビットカードは発行手数料や年会費が無料で利用することが出来て、ゆうちょ銀行のデビットカードはキャッシュカードと一体になっていて、口座開設時にデビットカードを選択して、すでにデビットカード機能が付帯している人は多いと言えます。

クレジットカードと何が違うのかという事は、明確に覚えておく必要があります。クレジットカードは、分割払いなどから後払いが出来るものですが、ゆうちょ銀行のデビットカードは一括払いとなるのです。

カード払い時に支払い方法を選択することが出来ず、カード利用時に支払いは即時引落しです。クレジットカードのように翌々月の支払いなど、支払いまでの猶予を持つことが出来ないという違いがあります。

メリハリをつけて返済する必要があるデビットカードと言えますね。

5.「ゆうちょ」がメインバンクならおすすめ!

口コミなどでは、ゆうちょ銀行デビットカードは、あまり評判が良くない場合が多くあるようです。

どんなデビットカードでも、メリットやデメリットはそれぞれあるので理解した上で利用することがおすすめです。

ちなみにゆうちょ銀行のデビットカードは、ゆうちょをメインバンクにしている人であれば、デビットカード機能を利用する機会は増えると思います。

他社の銀行をメインバンクにしていれば、ゆうちょ銀行デビットカードを使うことは殆どないと言えます。自身のライフスタイルに合わせて選択することが大事です。




6.ゆうちょ銀行デビットカードの利用方法

ゆうちょ銀行に限らず、デビットカードと聞くと作るのが大変というイメージがあるかと思います。

ゆうちょ銀行デビットカードの発行をする場合には、総合口座利用申込書を記載するときにデビット機能選択欄にマークを記入するだけで良いです。

すでに郵貯銀行に口座を持っている、デビット機能のないキャッシュカードを持っている場合には、ゆうちょ銀行の窓口やインターネットサービスのゆうちょダイレクトで手続きが出来るので、気軽に利用することが出来ます。

ゆうちょ銀行のデビットカードを利用する場合には、基本的な流れはクレジットカードと一緒です。J-Debit加盟店で会計をする場合に、ゆうちょ銀行デビットカードを提示することで利用できます。

加盟店の店舗にキーパッドが備え付けで用意されているので、キーパッドに暗証番号を入力して手続き完了になります。

暗証番号を忘れがちな人もいるかもしれませんが、暗証番号は、キャッシュカードの暗証番号と一緒なので忘れてしまうという心配もないと言えます。

7.ゆうちょ銀行デビットカードの体験談

ゆうちょ銀行のデビットカードは私も社会人になってから本格的に利用しました。

ゆうちょ銀行のデビットカードを作ったキッカケとしては、もともとゆうちょ銀行は持っていたので、インターネットから手続きをすることで気軽にデビットカードを利用することが出来ました。

口コミなどではあまりおすすめされていないですが、デビットカードの機能は問題なく利用で来ているので、特にストレスは感じることなく便利に使っています。

還元率などのサービスがない事は少し残念に感じていますが、大きな買い物をするときに現金を持ちたくない時などとても魅力的に感じています。

実際にゆうちょ銀行のデビットカードを利用してみて、安全な仕組みでクレジットカードのように後から支払いが大変で困る事はないので、私個人的にはとてもおすすめのカードと言えます。

ゆうちょ銀行という誰もが知っているブランド力も安心できますし魅力的に感じています。

8.まとめ

ゆうちょ銀行のデビットカードは、気軽に利用することが出来るので、持っていて損はないと思いますが、自身のライフスタイルに合わせて利用を検討することが大事と言えます。

メインバンクがゆうちょ銀行であれば持っていて損はないカードと言えますね!

ゆうちょ銀行のデビットカードの加盟店は少ない事やポイントの特典がない事、オンライン決済が出来ない事など作る上で理解するべきことも多いので、しっかりとゆうちょ銀行のデビットカードについて理解して利用、作成することが大事です!