クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

無利息が魅力!ノーローンはどんな消費者金融?借入残高の照会は簡単?

無利息が魅力!ノーローンはどんな消費者金融?借入残高の照会は簡単?

1.ノーローンの特徴は?
2.独自の無利息サービスが最大の魅力です!
3.レイクのATMがそのまま利用できます!
4.ノーローンならではの利用方法
5.5番目の消費者金融というポジションです!
6.まとめ

消費者金融と聞くと、アコム、プロミス、アイフルのような大手ばかりがクローズアップされがちです。

「ノーローン」も全国規模の業者の1つですが、「無利息サービス」などの大きな特徴があるので、利用のしやすさでも決して大手に引けをとっていません!

1.ノーローンの特徴は?

ノーローンは新生パーソナルローンが提供するキャッシングのブランド系ですが、この新生パーソナルローンはその名前の通り、新生銀行のグループ企業です。

新生銀行ではご存知のように、レイクという名前のカードローンを提供しています。このレイクは銀行カードローンですが、ノーローンは消費者金融としての展開です。

このような銀行と消費者金融の関係は特に珍しくなく、共にカードローン(キャッシング)を提供している三菱UFJ銀行と、同銀行のグループ企業のアコムもこの関係に当たります。

実はもう1社存在します!

新生銀行は更に、新生フィナンシャルという消費者金融もグループ企業として傘下に置いており、この会社では「レイクALSA」というブランド名のカードローンを扱っています。

つまり、新生銀行グループでは、その新生銀行自体がレイク(※2018年3月を以って新規の契約は終了しています)、新生パーソナルローンがノーローン、新生フィナンシャルがレイクALSA(※2018年4月からサービスを開始した、レイクの実質的な後継です)というブランドでキャッシング事業を行っているという訳です。

それほど有名ではありませんが…

ノーローンという名前は一般的にはあまり知られていませんが、前身のシンキ(※新生銀行グループになる前の社名です)の時代も合わせると、30年以上前から存在しています。

現在のように新生銀行グループに加わり、サービス面が格段に上がったことで、序々にその名前も浸透してきています。




2.独自の無利息サービスが最大の魅力です!

無利息サービスを提供している銀行カードローンや消費者金融は珍しくありませんが、このノーローンでは独自のルールでのサービスがとても魅力となっています。

他の多くの無利息サービスは、新規の契約時に30日間無利息になるという内容ですが、ノーローンの無利息サービスでは、この最初の無利息期間は7日間しかありません。

これだけを見ると、些か頼りのない無利息サービスにも思えてしまいますが、実は無利息期間がこの最初の一度だけではなく、何度でも提供されるのが他社との最大の違いです。

完済を行う度に利用できます!

ノーローンの無利息期間は契約日から7日間の他に、借入残高を完済すると、その翌月以降の最初の借入れ時にその日から再度7日間提供されます。

例えば7月中に完済すると、8月以降に最初の借入れを行った日から7日間が無利息期間になります。その8月中にまた完済すれば、9月以降の借入れ時にも同様に、その日から7日間が無利息期間になるのです。

一度の無利息期間こそ7日間ですが、このように何度でも無利息サービスを受けられるのがノーローンの最大の魅力です。




3.レイクのATMがそのまま利用できます!

ノーローンでは、同じく新生銀行グループのレイクのATMをそのまま利用することができます。このATMの利用すると、取引手数料も掛かりません。

そして、ATMだけでなく、自動契約機の利用も可能です。レイクの自動契約機は現在、レイクALSAとノーローンへの申込み専用となっています。(※レイク自体の新規受付が終了したためです。)

レイクのATMは、全国各地に約700箇所設置されています。このレイクのATMや自動契約機が利用できる点から、利便性は大手消費者金融並だと考えて構いません。

コンビニのATMも利用可能です!

ノーローンはレイクのATM以外にも、各コンビニ(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートを含むE-Net系列)のATM、イオン銀行のATM、そして、いくつかの地方銀行のATMが利用できます。

ただし、ゆうちょ銀行や大手都市銀行のATMを利用することはできないので注意してください。(※新生銀行自体にはATMは存在しません。)

ATMで取引残高の確認ができます!

利用可能なATMにノーローンのキャッシングカードを挿入すると、限度額と利用可能残高の確認が行えます。この残高照会は利用できるATMであれば、どのATMからでも可能です。

また、ATMによって、その場で利用明細書が発行される場合と、ATMでは発行が無く、後日郵送で送付される場合があるので注意が必要です。自宅にそのようなものが届くと困る場合には、会員サイトから利用明細書の送付の停止処理を行っておきましょう。

尚、限度額や利用可能残高は、この会員サイトからいつでも確認できます。




4.ノーローンならではの利用方法

ノーローンには前述の通り、独自の何度でも利用できる無利息サービスがあります。これをうまく使うと、毎月必ず7日間無利息サービスを受けることができるのです。

その使い方ですが、25日が給料日の場合、その7日前の18日にノーローンから借入れを行います。

そして、25日に完済すれば、一切利息が掛かることはありません。すると、翌月以降にまた無利息サービスが利用できるので、その翌月以降も18日に借入れ、25日に返済というローテーションを繰り返すことが可能なのです。

この方法で、全く利息を支払うことなく給料日前の1週間を凌げます。ノーローンはこのような使い方をしてこその消費者金融だと言ってもいいでしょう。

300万円までの融資ですが…

ノーローンから借りることができるのは、最高300万円までです。この金額は、レイクALSAの500万円や、大手の他社の800万円などと比較すると少額ですが、消費者金融には総量規制という規定が適用されるので、実際には多くても年収の1/3が上限です。

よって、融資の上限金額が300万円でも、この点での利用上の問題は特に無いと言っていいでしょう。ノーローンは上のように、完済を繰り返しながらうまく無利息サービスを使うのが一番です。

高額を利用してしまうと、なかなか完済することができず、最大の魅力である無利息サービスを何度も利用することが難しくなってしまうので、すぐに完済できるくらいの金額の利用にこそ向いている消費者金融です。




5.5番目の消費者金融というポジションです!

現在の消費者金融業界のトップはアコムで、2位がプロミス(社名としては、SMBCコンシューマーファイナンス)、3位がアイフル、そして、4位がSMBCモビットです。

ノーローンはこの次の5位という順位に当たり、名前こそあまり知られていませんが、業界の中でも決して無名という訳ではありません。むしろ、このノーローンまでは全国規模の消費者金融だと表現されることも多いです。

大手と呼んでもいいくらいです!

消費者金融と呼ばれる金融業者は、全国に2000社以上も存在します。そのほとんどが自動契約機やATMの設置の無い小規模の業者ですが、ノーローンはレイクとのサービスの連携から、大手と呼んでも差し支えのない規模だと考えていいでしょう。

何と言っても独自の無利息サービスが魅力なので、他社とは違うサービスを求める人は是非利用を考えてみてください。

6.まとめ

ノーローンは一般的な知名度こそ高いとは言えませんが、とても利便性の高い消費者金融だと言うことができます。レイクのATMや自動契約機がそのまま利用できるだけでなく、独自の無利息サービスがとても魅力です。

利用できる提携ATMも多く、残高照会もATMや会員サイトから簡単に行えるので、他の大手と比べて利用上で不便な点はまず無いと思っていいでしょう。