クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

プレスティア口座の使い方|元本保証って本当?プレスティアオンラインの使い方は?

プレスティア口座の使い方|元本保証って本当?プレスティアオンラインの使い方は?

1.プレスティアは投資用口座です!
2.円普通預金口座がないことには始まりません
3.元本保証があるのは円普通預金口座だけ!
4.プレスティアオンラインの利用方法は?
5.まとめ

プレスティア口座」とは、一体どんな口座なのでしょうか?

プレスティア」の使い方と特徴をチェックしましょう!

1.プレスティアは投資用口座です!

「プレスティア」は、SMBC信託銀行が提供する投資用口座の名称です。「プレスティア口座」は銀行口座とのセットで利用することができます!




①・「円普通預金口座」

一般的な銀行の普通口座とほぼ同様に利用できる口座です。キャッシュカードの発行があるので、それを利用していつでも預入れや引き出しが可能で、この口座からの自動引き落としでの支払いにも利用することができます。

「プレスティア口座」へそのまま日本円での振替、またはその逆、及び以下に説明する米ドル普通預金口座へ米ドルに両替をして振替、その逆の米ドルから日本円に両替しての預金が行えます。

②・「米ドル普通預金口座」

こちらは米ドルでの引出し専用の口座です。円普通預金口座から米ドルに両替をして預金することや、逆にこの口座から円普通預金口座に日本円へ両替をして振替が行えます。

プレスティア口座への米ドルのままでの振替、その逆も可能です。キャッシュカードの発行もありますが、引出し専用の口座なので、この口座に直接預入れをすることはできません。また、そのカードが利用できるのはアメリカ国内のみです。

「11種類の通貨」をそのまま保持できます!

プレスティア口座への入金は、上記の円普通預金口座、米ドル普通預金口座からの振替で行います。入金された円、米ドルはそのままの形での保持が可能な総合通貨運用口座です。

プレスティア口座内で保持できる通貨はその他に、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、香港ドル、スイスフラン、ノルウェークローネ、南アランドです。これらの通貨をそれぞれの通貨単位で1つの口座で管理できるのです。

円、米ドル以外はどうやって保持するの?

プレスティア口座への直接の入金は円か米ドルでしか行えませんが(それぞれその通貨のまま保時されます。)この口座で他の種類の通貨を保持するには、それらから投資によって両替された結果で入金されることになります。

つまり、プレスティア口座1つを持っておくと、その口座から円、または米ドルで各種の投資が行えるので、同口座で取扱いのある他の9種類の通貨での入金(投資の結果)が可能です。

そして、入金された各通貨はそのまま各種の投資に利用することができるという訳です。




2.円普通預金口座がないことには始まりません

「プレスティア口座」を利用するには、まずはSMBC信託銀行の円普通預金口座が必須だと言っていいでしょう。

プレスティア口座への最初の入金は原則的にこの口座から「円」で行い、投資の結果で他の通貨での保持になった場合でも、米ドル普通預金口座へ米ドルに両替して振替、元の円普通預金口座に両替をして日本円に戻しての振替で払い戻しを行います。

米ドル普通預金口座から直接払い戻しが行えるのはアメリカ国内だけなので、この点には注意してください。

キャッシュカードの発行はありません!

プレスティア口座としてのキャッシュカードの発行は行っていないので、この口座への入金や払い戻しは上記のように行ってください。

プレスティア口座は、投資用の資金を11通貨まとめて保持しておけるというのが一番の特徴です。SMBC信託銀行は証券会社ではありませんが、この口座を持っていれば、その利用に近い形で各通貨を運用できるということです。

使えるATMが限られています!

ただし、SMBC信託銀行は一般の銀行ではないので、円普通預金口座用はキャッシュカードの発行こそありますが、使えるATMが限られています。

SMBC信託銀行の円普通預金口座のキャッシュカードが利用できるATMは、以下の通りです。それぞれ行える操作が違うので注意が必要です。

1)「SMBC信託銀行店舗内のATM」

SMBC信託銀行の店舗内に設置されているATMです。「SMBC信託銀行のATM」と「三井住友銀行のATM」のみ、同口座からプレスティア口座への振替が可能です。

2)「三井住友銀行のATM」

三井住友銀行の支店内、及びATMだけのコーナーとして設置されているATMのどちらでも利用できます。

3)「ゆうちょ銀行のATM」

主に郵便局内に設置されているATMです。入出金が可能です。

4)「セブン銀行のATM」

セブンイレブンの店舗内やその他の場所に設置されています。「ゆうちょ銀行のATM」と同じく、入出金に対応しています。

5)「E-netマークのあるATM」

ファミリーマートを始めとしたコンビニや、商業施設内によく設置されているATMです。「E-netマークのあるATM」では出金のみ対応なので注意してください。このATMから入金や、プレスティア口座への振替は行えません。

プレスティア口座の残高照会は、これらの全てのATMから行うことができます。




3.元本保証があるのは円普通預金口座だけです!

プレスティア口座、及びそれを利用する為に必要な「円普通預金口座」や「米ドル普通預金口座」についてご説明をしてきましたが、この中でいわゆる「元本保証」があるのは円普通預金口座だけです。

プレスティア口座内に保持している各通貨、及び米ドル普通預金口座内の米ドルは、レートの変動によって、日本円に両替した場合の価値が下がってしまう危険性があるということを忘れないでください。

両替をした時点で「投資」です!

日本円から米ドルや他の通貨に両替をした時点で、もう投資は始まっていると言っていいでしょう。

1米ドルが110円の時に11万円を両替して(※ここでは両替手数料の発生は考えません)、1,000米ドルとして保持している間に米ドルのレートが109円に落ちてしまった場合、その1,000米ドルを日本円に両替し直した時には10万9千円になってしまいます。

このように、他の通貨に両替をした時点からレートの変動には常に気を配る必要があります。円普通預金口座以外には一切元本保証はないので、レートの変動によって損失が出た分の補填などは一切行われません。

4.「プレスティアオンライン」の利用方法は?

「プレスティア口座」は、「プレスティアオンライン」というSMBC信託銀行のオンラインバンキングに対応しています。

プレスティアオンラインを利用すると、その画面上から円普通預金口座や米ドル普通預金口座への(両替をしての)振替、また、各通貨の残高確認が簡単にできます。

24時間いつでも利用可能です!

日本円以外の外貨のレートは24時間常に変動しています。その為、「プレスティアオンライン」では24時間いつでもそのレートの確認や、保持している通貨の管理が行うことができます。

プレスティアオンラインの利用に費用は掛かりません!

「プレスティアオンライン」は「プレスティア口座」を所持していれば、申込みを行うだけで無料で利用できるオンラインサービスです!

プレスティア口座を利用するなら、このサービスを利用しない手はありません。むしろ、このサービスと連携させてこその口座だと言っていいでしょう。

プレスティア口座にキャッシュカードの発行はないので、プレスティアオンラインを利用しないと、どの通貨をどれだけ保持しているかという残高照会さえ簡単には行えないからです。

信託銀行ならではのサービスです!

プレスティア口座のような形の投資用口座は、一般の銀行では取扱いがありません。似たような外貨預金用の口座はありますが、複数の通貨をまとめてそのまま保持しておけるというメリットは信託銀行ならだと言うことができます。

ただし、これも信託銀行ならではと言えますが、円普通預金口座のキャッシュカードがあっても、その利便性は一般の銀行の普通預金口座より劣ると言わざるを得ません。

SMBC信託銀行の普通預金口座は、投資の為の入金元の口座という感覚での利用がいいでしょう。




5.まとめ

プレスティアはSMBC信託銀行が提供する投資用口座のことです。11種類もの通貨をそのまま保持しておくことができるのが特徴です。

プレスティアオンラインと連携した利用によって、とても便利にそれぞれのレートの確認や、各通貨の管理を行うことができます。

ぜひプレスティア口座を持って、プレスティアオンラインを利用してみましょう!

参照元:口座の仕組み | SMBC信託銀行プレスティア 外貨|公式サイト
参照元:プレスティア オンライン|SMBC信託銀行|公式サイト