クレジットカードをつくる.jp

[お得な特典&クーポン情報をご紹介!]

北海道でSuicaを使う方法は?KitacaとSAPICAのエリア外でも使える?

北海道でSuicaを使う方法は?KitacaとSAPICAのエリア外でも使える?

北海道でSuicaを使う方法を教えます♪どのエリアで使えるのでしょうか?

1.Suicaは北海道でも使えるの?
2.北海道のどのエリアで使えるの?
3.北海道でSuicaを使う時の注意点は?
4.まとめ

北海道の交通機関で
JR東日本の交通系ICカード
Suica」は使えるのでしょうか?

使えるとしても
どこまでの範囲で使えるのでしょうか?
詳しくご紹介します♪

1.Suicaは北海道でも使えるの?

Suicaは北海道でも問題なく使えます!

「Suica」は、JR東日本が発行している交通系ICカードの名称です。(日本で1番利用者数が多いカードなのでお馴染みですね!)

Suicaは首都圏の鉄道、バス、ショッピングなど、運賃やショッピングの支払いに利用されています。

主に東京を中心とした関東近辺で使われている「Suica」ですが、実は北海道の一部の交通機関でも使うことができます!

北海道でSuicaを利用する時に特別な手続きは不要です。例えば北海道旅行に行った場合、いつも使っているSuicaを、そのまま利用することが可能です。

・・とはいっても、北海道の全ての乗り物やエリアで使えるわけではなく、利用可能な場所は限定されています。

Suicaが使える地域は主に札幌を中心としたエリアですが、旅行等に訪れることが多い駅(札幌、小樽、新千歳空港等)でも利用可能なので、札幌に行く際はSuicaも忘れずに持っていきましょう♪




2.北海道のどのエリアで使えるの?

Suicaは北海道のどのエリアで使えるのでしょうか?

具体的に北海道のどの場所でSuicaが使えるのでしょうか?

まず北海道には、首都圏のSuicaにあたるカードとして、JR北海道が発行している「Kitaca(キタカ)」という交通系ICカードがあります。

Kitacaが使えるエリアを「Kitacaエリア(利用可能エリア一覧)」と言うのですが、Kitacaエリア内での相互発着に限りSuicaを利用することができます。

Kitacaエリアとは、札幌近郊の函館本線、学園都市線、千歳線等の路線です。大まかにいうと小樽から札幌、新千歳空港、苫小牧などの駅までとなります。

一方、札幌には市営地下鉄や市電、バスなどの交通機関があり、Kitacaとは別の交通系ICカード「SAPICA」が発行されているのですが、この「SAPICAエリア(利用可能エリア一覧)」でもSuicaを利用することができます。




3.北海道でSuicaを使う時の注意点は?

北海道でSuicaを使う場合、ちょっとした注意点もあります。

北海道・札幌で、Suicaを利用する場合の注意点についてご説明します。

Suicaのチャージ残高が無くなった際は、たとえ北海道エリアであっても、Suicaエリアと同様に自動券売機や入金機でのチャージが可能です。ただし、オートチャージは出来ませんので注意しましょう。

さらに、「Kitacaエリア」や「SAPICAエリア」でSuicaは使えるのですが、駅の発着はそれぞれのエリアで完結する必要があります。KitacaとSAPICAのエリアをまたがって乗車することはできず、エリア外に出る時は一度精算が必要となります。

また、Kitacaを電子マネーとして使えるお店(コンビニや自動販売機、レストラン等)では、Suicaも使用することができます。

セイコーマート(北海道を拠点としたコンビニ店)ではSAPICAカードが使えますが、Suicaは利用できません。




4.まとめ

Suicaは北海道でも問題なく利用可能です♪

Suicaといえば、首都圏の交通機関で利用している方が多いと思います♪

Suicaは北海道(主に札幌近郊)の電車や一部のバスでも問題なく利用できます。是非、北海道でもSuicaを使ってみてください!

参照元:北海道エリア(SAPICAエリア、Kitacaエリア、ICAS nimocaエリア)|Suica
参照元:Kitaca|駅・鉄道・旅行|JR北海道- Hokkaido Railway Company
参照元:SAPICAとは? – 北海道中央バス